ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
Xシリーズイントロダクション
VCSの基本構造
管理性の向上
単一のIPにてVCSを構成しているスイッチを管理することが可能となるため、個々のスイッチを個別に管理するのに比べ、格段に管理性が向上します。
マスタースイッチにてVCS全体のコンフィグ管理
マスタースイッチからVCS全体のログ、デバッグ情報の取得
マスタースイッチにてVCS全体の監視(SNMPなど)
バーチャルシャーシスタック(VCS)とは
ネットワーク設計の簡素化
VRRPとxSTPの組み合わせに比べ、設計面から見て非常に簡素化することが可能となります。さらに、設計面の簡素化は障害時のネットワーク収束を予測しやすくなるという利点も生まれます。
ネットワーク設計の簡素化
Top
可用性・障害復旧力
VCSグループの各スイッチはすべてアクティブ状態で動作します。ポートトランキングと組み合わせることで、回線の冗長化を提供するとともに、通常時は予備回線の帯域もフルに活用することが可能です。
1本の回線の障害時には残りの回線を使用するため、ネットワークの運用を継続することができます。
ネットワーク設計の簡素化
Top
拡張性・柔軟性
VCSは、特長である高い運用性とメンテナンス性により、IPアドレス体系や既存配線を変更することなくシャーシスイッチのラインカードを交換するイメージでポートやネットワークの増改築が可能です。
Edgeスイッチを拡張
Distributionスイッチを拡張
Top
最適なコストの実現
各階層にVCSを活用頂くことで、導入の容易性、構築コストや管理対象デバイス削減を実現致します。
最適なコストの実現
SBx908 VCS時の最小コスト
製品名 個数 標準価格(単価) 標準価格(合計)
AT-SBx908(本体) 2 \1,053,400 \2,106,800
AT-XEM-12Tv2
(インターフェースモジュール)
2 \393,400 \786,800
AT-PWR05-70(電源) 2 \198,000 \396,000
AT-HS-STK-CBL650
(背面スタックケーブル)
2 \171,600 \343,200
      \3,632,800
x610 VCS時の最小コスト
製品名 個数 標準価格(単価) 標準価格(合計)
AT-x610-24Ts/X (本体) 2 \916,100 \1,832,200
AT-StackXG(スタックモジュール) 2 \122,800 \245,600
AT-StackXG/0.5(スタックケーブル) 2 \55,500 \111,000
      \2,188,800
x510 VCS時の最小コスト
製品名 個数 標準価格(単価) 標準価格(合計)
AT-x510-28GTX(本体) 2 ¥360,600 ¥721,200
AT-StackXS/1.0(スタックモジュール) 2 \60,500 \121,000
      \842,200


PAGE TOP