ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
Xシリーズイントロダクション
LD-VCSテクノロジー
資産の有効活用
EPSRなどのリング制御プロトコルにより構築していたリングトポロジーを、LD-VCSでは資産を有効活用できるリングトポロジーを構築できます。
資産の有効活用
リングプロトコル LD-VCS
高速切り替え
設計の簡素化
耐障害性
継承 高速切り替え
設計の簡素化
耐障害性
VLAN単位での負荷分散
ループを考慮
拡張 経路のフル活用
ループの考慮が不要
設定、管理、運用の簡素化
LD-VCSは、VCSの利点である仮想化による設定・管理・運用の“一元化”、機器冗長及び、ネットワーク経路・回線冗長化や端末のデフォルトゲートウェイ冗長化など、“冗長化の容易性”を継承し、シンプルかつ、安定したネットワークの構築が可能となり保守・運用コストを削減可能です。
VCSネットワーク
専用のスタックケーブルを用いてスイッチ間でコンフィグ・ファームウェア・FDB・L2/L3テーブル情報などを同期し、複数台のスイッチが仮想的に一台のスイッチとして動作します。

VCSにより仮想化されたスイッチはバーチャルIP/MACを共有し、シングルIP/MACで動作するため、機器冗長・ネットワーク経路・回線冗長化や、端末のデフォルトゲートウェイ冗長などをL2/L3制御プロトコル無しで提供が可能です。
VCSの拡張
LD-VCSネットワーク
イーサネットケーブル(光ファイバー)を用いて、VCSと同様のスイッチ仮想化を実現します。

さらにLD-VCSでは、VCSとリングEPSRの特性を併せ持つ仮想コアシステムが実現可能です。これにより、仮想化思想をエンタープライズのコアネットワークへも展開でき、エンタープライズプライベート・クラウドを推進し、シンプル、かつ効率的な運用が可能なコストパフォーマンスに優れたネットワークを実現します。
Top
拡張性
LD-VCSでは、VCSの特長である高い運用性、メンテナンス性により、シャーシスイッチのラインカードを交換するイメージでポートや規模の拡張、PoE化が可能です。2台のLD-VCSから開始するスモールスタートから機器の入れ替えや機器増設によるネットワーク拡張、さらにLD-VCSグループ同士の接続による規模拡張まで、高い拡張性を備えています。
拡張性
Top
従来VCSとLD-VCSの比較
LD-VCSとVCSを比較すると下表のような差分があります。
VCSの基本機能は踏襲しているため、お客様ネットワークにおける機器の使用用途に応じてVCSまたはLD-VCSを選択いただくことが可能です。
項目 Virtual Chassis Stacking
(VCS)
ロングディスタンスVCS
(LD-VCS)
ファームウェア/コンフィグ自動同期
管理IPアドレス/コンソール一元化
各テーブル同期
機器冗長化/デフォルトGW冗長化
アクティブ/アクティブシステム
接続方法 専用ケーブル SFP+モジュール
接続距離 0.5m〜1.0m 最大10km※1
Master Fail-Over Time 約0.5sec※2 約0.5sec※2
※1 x610シリーズの値を記載しております。
※2 実際の通信停止時間はネットワークの構成や規模、コンフィグのサイズ、使用しているプロトコルなどによって変動します。ここに示した時間はあくまでも目安です。


PAGE TOP