ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
Xシリーズイントロダクション
VCS plusイントロダクション|バーチャルシンタックプラス
バーチャルシャーシスタック プラス(VCS plus)とは?
VCS plusの特徴/特性
VCS plusと従来VCS との比較
VCS plusソリューションイメージ
VCS映像ライブラリー
 
バーチャルシャーシスタック(VCS)とは?
シャーシ単体でCPU、電源、ラインカードの2重化を実現しているシャーシ・スイッチを専用スタックケーブルで接続し2台のシャーシ・スイッチを仮想的な1台の大型シャーシ・スイッチ化することで、2重化を越えた4重化冗長システムを実現します。
さらに 従来のバーチャルシャーシスタック(VCS)の特徴であったアクティブ/アクティブシステムをVCS plusにおいても踏襲し、3.84Tbps システム・スイッチング・ファブリックによる次世代コア・バックバーンを提供します。
VCS plus では 4重化冗長システム、3.84Tbps システム・スイッチング・ファブリックにより様々な業界/業種のネットワークに対して優れた投資効果を発揮します。
従来のネットワーク VCS plusネットワーク
従来のネットワーク VCS plusネットワーク
 
バーチャルシャーシスタック(VCS)活用
SBx8100シリーズ(AT-SBx8112/AT-SBx8106)にAT-SBx81CFC960を搭載し、かつスタック専用モジュールとなるAT-StackXS/1.0、 AT-StackOP/9.0、もしくは AT-SP10シリーズ(AT-SP10SR、AT-SP10LR、AT-SP10ER40/I) を用いることで、2台のSBx8100シリーズを仮想的に1台の大型シャーシ化します。
VCS plus化されたSBx8100シリーズは、4重化 CPU/電源、アクティブ/アクティブ冗長化シャーシ、経路/回線/デフォルトゲートウェイ冗長などのハイグレードの可用性/信頼性、3.84Tbps システム・スイッチング・ファブリック、160G広帯域スタックなどの次世代の拡張性/将来性をご提供します。
階層別にVCSを活用
階層別にVCSを活用
 
VCS plusと従来VCSとの比較
VCS plusと従来VCSとの比較
VCS plusでは、スタック帯域幅やスタック距離が従来VCSよりも拡張され、よりスケーラブルなスタック仕様となっています。また、シャーシ型スイッチの特性により、筐体内冗長化されたCPU/電源の内の1つが故障してもVCS plus マスター/スレーブの状態遷移が発生せず、かつ ISSU (In Service Software Upgrading)にも対応しており、よりネットワークダウンにシビアな環境にも耐えうるスタック仕様となっています。
スペック SBx8100シリーズ SBx908シリーズ
スタック帯域 160Gbps (Stack cable *8ports) 110Gbps (Stack cable *2ports)
スタックモジュール AT-StackXS/1.0 AT-SP10SR
AT-StackOP/9.0 or AT-SP10LR
AT-SP10ER40/I
AT-HS-STK-CBL650
スタック距離 1m or 300m or 9km or 40Km 0.65m
スタック可能台数 2台 2台
システム・スイッチング・ファブリック 3.84Tbps (1.92Tbps *2 chassis) 1.28Tbps (640Gbps * 2 chassis)
冗長化 Chassis 2重化、 CPU 4重化、 PSU 4重化 Chassis 2重化、 CPU 2重化、 PSU 4重化
ISSU対応 YES
マスターフェイルオーバータイム 約0.5sec 約0.5sec
障害時動作
(切り替わり契機)
SBx8100シリーズ
CPU#1orCPU#2 単体故障時 :状態遷移なし
CPU#1& CPU#2 同時故障時 :SLAVE→MASTER
PSU#1orPSU#2 単体故障時 :状態遷移なし
PSU#1& PSU#2 同時故障時 :SLAVE→MASTER
L/C#1 単体故障時 :状態遷移なし
STK#1 単体故障時 :状態遷移なし
SBx908シリーズ
CPU#1 単体故障時 :SLAVE→MASTER
PSU#1orPSU#2 単体故障時 :状態遷移なし
PSU#1& PSU#2 同時故障時 :SLAVE→MASTER
XEM#1 単体故障時 :状態遷移なし
STK#1 単体故障時 :状態遷移なし
ISSU (In Service Software Upgrading)とは
AT-SBx81CFC960 (Control Fabric Card) を用いることで VCS plus 構成時、 もしくは、AT-SBx8112/AT-SBx8106へAT-SBx81CFC960を2台実装時において、 ダウンタイムを抑制したソフトウェアバージョンアップが可能となります
VCS plusと従来との比較
AT-SBx8112/AT-SBx8106へAT-SBx81CFC960を各々 AT-SBx81CFC960を1枚ずつ搭載した際の動作になります。
ISSU はバージョン5.4.4-1.1 以降の同一メンテナンスバージョン間(5.4.4-1.1から5.4.4-1.2など)でのみ使用可能です。
マイナーバージョンアップ(5.4.4-1.1から5.4.4-2.xなど)やメジャーバージョンアップ(5.4.4-1.1から5.4.5-x.xなど)、および、旧バージョンから本バージョンへのバージョンアップ時には使用できません。
 
VCS plusソリューションイメージ
VCS plusソリューションイメージ


PAGE TOP