ソリューション
業種別
用途別
u-VCFネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス コア・スイッチSBx8100 シリーズで実現する
スター型u-VCFソリューション
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
コアスイッチを冗長化し、信頼性を高めたい
容易なネットワーク管理・運用を実現したい
ネットワークの管理・運用に掛かるコストを削減したい
概要
現在、ネットワーク上で扱う情報は、ネットワークの利便性の高さから非常に重要なものが多くなっており、それに伴いネットワークには高い可用性が求められます。可用性の高いネットワークを構築した場合、ネットワーク構成の複雑化やネットワークを構成するスイッチの台数も多くなります。そのことに比例して、複雑なネットワークの管理手順が必要となったり、運用していくにあたりネットワークの高い技術スキルを持つ人員が多く必要となったりと、ネットワークの管理・運用に掛かるコストが増加してしまい、結果として、可用性は高いが管理・運用が複雑でコストの掛かるネットワークとなってしまいます。これを避ける為には、多種多様な構成が存在するネットワークを容易に管理・運用する方法が求められます。

本資料は、スケーラブル・シャーシスイッチであるSwitchBlade x8100 2台をコアスイッチとした可用性の高いスター型の冗長化構成に、容易なネットワークの管理・運用を実現するu-VCFを利用したスター型u-VCFソリューションをご紹介致します。
概要
制限事項・仕様
1. AMFを利用する際には、AMFマスターとなるSBx8100にUSBメモリが必要となります。
2. AMFマスターを複数設置する場合は、マスター同士をAMFクロスリンクで接続する必要があります。間にAMFメンバーノードが入る構成も可能ですが、その場合もマスター間のリンクはすべてクロスリンクに設定する必要があります。
3. 一度AMFのネットワークを構成した後に、ノードが消失すると、ノードが消えた旨を表す以下のログが15分おきに出力されます。

2013 Feb 14 12:56:31 daemon.err x8100_1 ntpd_intres[26444]: host name not found:host_xxxx_xxxx_xxxx.atmf
4. atmf reboot -rollingコマンド を使用してのF/W アップグレードの際、USBメモリの一つのフォルダ内に保存するF/Wのファイル数は20個以内にしてください。
5. AMFとxSTPの同一ポートでの併用はできません。
6. 共有リンクを持つEPSRノードでは、Priorityが高いEPSRドメインのみEPSR Masterを配置可能となります。
7. 共有リンクをEPSRドメインのブロックポートにすることは出来ません。
8. EPSR-SLPを使用するにあたり、Common-linkを共有する全てのドメインは、データVLANが同一である必要があります。従って、EPSRドメイン間で異なるVLANを使用している場合、一致するVLANについてはEPSR-SLPでまとめることが可能ですが、一致しないVLANについては、別途EPSRドメインを作成する必要があります。
(例) フロア1で使用しているVLANが1〜10、フロア2で使用しているVLANが2〜11、フロア3で使用しているVLANが3〜12の場合
フロア1: ドメイン1(EPSR-SLP) − VLAN3〜10
ドメイン2(EPSR) − VLAN1〜2
フロア2: ドメイン3(EPSR-SLP) − VLAN3〜10
ドメイン4(EPSR) − VLAN2,11
フロア3: ドメイン5(EPSR-SLP)− VLAN3〜10
ドメイン6(EPSR) − VLAN11,12
9. SBx8100にて作成可能なEPSRドメイン数は16となります。その為、EPSRを利用してSBx8100と接続するディストリビューションスイッチで構成するリング数としては16リングまでとなります。
10. SBx8100のMACアドレス登録数、IPv4ホスト登録数、IPv4ルート登録数は実装するインターフェースモジュールの組み合わせや拡張コマンド(platform routingratio)により異なります。(詳細等につきましては、コマンドリファレンス等のマニュアルを参照願います)
構築のポイント
概要図
概要図
ポイント
ポイント


PAGE TOP