Solutions ソリューション

ユニファイド・ネットワーク・マネージメントソリューション

Solutions TOPへ

概要

Vista Manager EXとは

AT-Vista Manager EX はAMFに対応したスイッチやルーター/UTM と 無線LANアクセスポイント両方の一括管理機能を提供するネットワーク管理ソフトウェアです。
拡張ライセンスにより無線LANコントローラーやSNMPマネージャーといった機能を利用することもできます。

ランサムウェア対策

ネットワーク管理ソフトウェアの課題を克服

AT-Vista Manager EX はプラグインシステムと呼ばれる機能拡張機構を備え、従来の管理ソフトウェア運用管理の課題となっていたサーバーやソフトウェアが乱立する課題を克服します。
プラグインシステムは各種拡張機能とVista Manager との” 繋ぎ” を担い、拡張機能を実装時に専用の作り込みが省略でき、お客様への早期の提供を可能にします。 必要機能のみを追加する形態を採用しており柔軟な価格体系をを実現します。

テクノロジー

機能概要

Vista Manager EXでは、AMFやSNMPによるネットワークトポロジーの可視化だけではなく、AMFゲストノードや無線APなど有線、無線問わず、ネットワーク上のあらゆるデバイスを統合管理を実現します。

AMFネットワーク

■AMFで構成されたネットワークのマップを自動生成
■AMFメンバーのバックアップやSSH接続等の操作も可能

AMFゲストノード

■接続先のAMFメンバーに紐づいて接続先ポート情報も含めて一覧形式で管理

無線AP

■設定の共通化や電波の自動調整機能AWCにより、メンテナンス工数を削減

SNMPノード(2018年1月で対応予定)

■AMFメンバーと同一のマップに表示させ一元管理が可能

新しくなったVista Manager

Vista Manager 1.xから進化したVista Manager EX 2.xの違いは下記の通りです。

シンプルなGUIによるAMFネットワーク管理

AMFで管理されるネットワークをトポロジーマップと呼ばれるマップ形式で管理できます。

トポロジーマップは自動で生成され、デバイスに異常があった場合等にはマップ上のアイコンが変更されるなど視覚的に通知します。

AMF(AlliedTelesis Management Framework)対応製品

AMFは、標準規格での対応が難しい自動構築や自動復旧、一斉変更など、エンタープライズネットワークに高い利便性をもたらす仕組みを独自規格です。

AMF対応製品のラインナップは、下記をご覧ください。


AWC(Autonomous Wave Control)

AWCは、無線の利用状態を収集して各端末が隣接のAPへ接続できるように電波出力とチャネルを分析してAPへ適用します。
この動作を継続的に運用することで、利用環境に最適な自律型無線LANを実現します。

無線LANコントローラーのGUI

シンプルなGUIによる無線APの設定・管理に対応しており、効率的な一元管理が可能です。

AWC(Autonomous Wave Control)対応製品

AWC対応製品のラインナップは、下記をご覧ください。


お問い合わせ