ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
法人向け無線LANソリューション
Managed Wi-Fi Network 分野別適用例
Managed Wi-Fi Network 分野別適用例
企業
病院
文教
小売店/倉庫

企業
企業のお客様には、必要な場所に必要な数だけ無線LANを導入し、徐々にAPを増設する「スモールスタート」型の導入例をご紹介します。UWCおよび対応無線LAN APである AT-TQ2450は無線LANの拡張を考慮した機能を実装したスケーラブルな無線LANソリューションであり、計画的な拡張を検討されているお客様に最適です。
Phase1.
ネットワークの一部を無線化
ネットワークの一部を無線化
はじめから全フロアに無線LANを導入せず、会議室やホットスポットなどに限定して、少ない台数の導入でスモールスタートする際には、アクセスポイントはスタンドアローンで動作、お互いのアクセスポイントは連携しません。
Phase2.
APを増設し同期
APを増設し同期
アクセスポイントが増えると、チャンネル干渉を防ぐためにアクセスポイントごとのチャンネル管理やセキュリティー設定を行う必要があります。このような場合、AT-TQ2450に実装されているAPクラスター機能で管理工数を削減。スムーズにアクセスポイントを増設することができます。
Phase3.
無線LAN APコントローラー追加
無線LAN APコントローラー追加
APクラスター機能は同一セグメント内のAPで情報を同期できますが、AT-TQ2450では最大16台が上限になります。これ以上の台数に増設する場合、UWCの導入が便利です。
UWCは最大210台までのAT-TQ2450を集中管理する無線管理ツールであり、APの自動検出と設定の導入はもちろん、チャンネルや出力強度の調整も自動的に行い、ネットワーク管理者の負荷を軽減します。
病院
病院のお客様は、HISやPACSなどのシステムを導入し、院内のどこでも利用できるようにするために無線LANを構築されています。院内のどこでも無線LANを利用できるようにするためには多数の無線LAN APが必要になり、管理も煩雑になります。このようなケースでは、容易な構築が可能な「Plug and Play」と、電波の自動調整による管理工数の削減が期待できるUWCの導入をお勧めします。
病院
文教
総務省のフューチャースクール推進事業のように、ICTを活用した教育環境が各方面で進められていますが、生徒1人1台のタブレット端末を使用するような環境では、無線LANの導入が最も重要になります。無線ネットワークが安定的に使用できないようでは授業が成り立たなくなるからです。
UWCは離れた拠点間でのAP管理も可能ですので、市役所や教育委員会で管内の学校全体の無線LAN APを集中管理し、安全で安定した無線LAN環境を実現できます。
文教 文教
小売店/倉庫
ハンディターミナルを使用した在庫管理や、オーダー端末によるスピーディーで正確な接客など、小売店や倉庫業のような業種でも無線LANは広く使用されています。
本社やデータセンターのようなセンター拠点にUWCを配置すれば、新しい店舗の開設時や倉庫拡張時など、無線LAN APの増設時でも容易に対応が可能です。また、運用面でも、ネットワーク管理者が本社にいながら各店舗/リモート拠点の無線LAN状況をリアルタイムに把握するための監視機能にも対応しており、故障など障害の早期発見と対応にもお役に立ちます。
店舗 -  AT-TQ2401適用例 小売店/倉庫 小売店/倉庫


PAGE TOP