Solution - ソリューション -

x930シリーズイントロダクション
AMFマスター機能とワイヤレスマネージャー機能でネットワークの統合管理を促進

CentreCOM x930シリーズは、アドバンスト・レイヤー3スイッチの機能に加え、ネットワークの統合管理を実現するAMFマスター機能と無線LAN APの管理を 行うワイヤレスマネージャー機能がオールインワンで使用可能なユニファイドマネージメント・スタッカブルスイッチです。

全モデルで筐体の信頼性を向上するモジュール式電源による電源冗長、ネットワークの信頼性を向上するVCS/LD-VCSやEPSRに対応しており、 全世界で多数の導入実績を誇るAllied Ware Plus OSによる充実したソフトウェア機能と、コンボポートモデルおよび大容量のPoE給電対応モデルを含む幅広いラインアップにより、 ネットワークコアからエッジまで、全レイヤーに対応する性能を提供します。

Overview

製品概要
ユニファイドマネージメント・スタッカブルスイッチ
AlliedWare plus搭載(既存x900シリーズと同等な機能実装)
  • AMFマスター機能(20/40/80/120台管理)に対応 ※1
  • Static,RIP,OSPF(64ルート)サポート
  • QSFP+スロットまたは10GBASE-Tポートを搭載可能※2
  • ダイナミックルーティングに対応※1
    OSFPv2/v3,PIM,BGP,VRF-Lite,etc
  • Secure Entreprise SDN Solutionに対応※1
最大8台のVCS&LD-VCSをサポート
  • 最大40kmの40Gbpsスタック(前面スタックポート)
  • 最大10kmの160Gbpsスタック※2
    (背面スタック拡張スロット)
PoE+(IEEE 802.3at)/PoE(IEEE 802.3af)に対応
  • x930-28GPX
    AT-PWR800-70 2個搭載時 720Wの給電能力
  • x930-52GPX
    AT-PWR1200-70 2個搭載時 1440Wの給電能力
  • 機器のリブート時もPoE給電を止めない
    「Non-Stop PoE」機能対応※1
高温対応ハードウェア
  • 50℃対応(x930-GTXシリーズ/x930-28GSTX)
  • 45℃対応(x930-GPXシリーズ)
冗長化電源対応(ホットスワップ対応電源モジュール)
  • AC 150W(AT-PWR150-70)
  • AC 250W(AT-PWR250-70)
  • AC 800W(AT-PWR800-70)
  • AC 1200W(AT-PWR1200-70)
  • DC 250W(AT-PWR250-80)

※1 別途、フィーチャーライセンスが必要となります。

※2 別途、拡張モジュールが必要となります。(AT-StackQSは、スタックポートとスイッチポートの兼用)

※3 搭載可能な本体のH/W Revが限定されます。詳細は弊社Webサイト掲載のデータシートをご参照ください。

関連ページ
x930シリーズ

(上から)
x930-28GTX、x930-28GPX、x930-28GSTX、
x930-52GTX、x930-52GPX


AT-StackQS

拡張モジュール AT-StackQS

AT-x9EM/XT4

10GBASE-T拡張モジュール AT-x9EM/XT4 ※3

統合管理によるコスト最適化
個別に専用アプライアンスを準備していた機能を1台で実現
個別に専用アプライアンスを準備していた機能を1台で実現
機器を統合することでコストを最適化
機器を統合することでコストを最適化
充実したレイヤー3スイッチ機能
最大8台のVCS & LD-VCSをサポート

VCS(Virtual Chassis Stacking)に対応。前面スタックポート(最大40kmの40Gbpsスタック)、またはオプションの背面スタック拡張スロット(10kmの160Gbpsスタック※1)上のポート間を接続する事により、 最大8台のx930を仮想的な1台のスイッチとして運用可能。複雑な構成やプロトコルを使用せず、ネットワークの可用性と運用性、両方の向上を実現。

※1 別途、拡張モジュールが必要となります。(AT-StackQSは、スタックポートとスイッチポートの兼用)

PoE+(IEEE 802.3at)/PoE(IEEE 802.3af)に対応
  • x930-28GPX
     AT-PWR800-70 2個搭載時720Wの給電能力
  • x930-52GPX
     AT-PWR1200-70 2個搭載時 1440Wの給電能力
関連ページ
x930は前面のSFP+/スタック兼用ポートによるVCS/LD-VCSに加え、オプションモジュールの追加により最大160Gbpsの広帯域VCSに対応。 環境やニーズに合わせ、柔軟にスタッキングを構成。

VCS (10G) LD-VCS(10G) VCS(40G) LD-VCS(40G)
構成可能な台数 8台
帯域幅(双方向) 最大40Gbps
(リンク1本あたり10Gbps)
最大160Gbps
(リンク1本あたり40Gbps)
拡張モジュール - AT-StackQS
対応スタックモジュール(距離) AT-StackXS(1m) AT-StackOP/9.0 (9km)
AT-SP10SR (300m)   
AT-SP10LR (10km)   
AT-SP10ER40/I (40km)
AT-QSFP1CU AT-QSFPSR
AT-QSFPSR4
AT-QSFPLR4
特長 最大1mの標準的な スタッキング機能 最大40kmの長距離
スタッキング機能
最大160Gbpsの充実した帯域幅を提供 最大10kmの広帯域スタックを実現
最大同時使用可能
ポート数
1000BASE-T x 384ポート
SFP+スロット x 16スロット
1000BASE-T x 384ポート
SFP+スロット x 32スロット

 52GTX/52GPXは1000BASE-Tが48ポート、SFP+スロットが4スロット(うち2スロットはスタック接続で使用)使用可能、それら8台を
  スタック構成とした場合の値

冗長化電源対応(ホットスワップ対応電源モジュール)

全モデルで共通の冗長化可能なホットスワップ対応電源モジュールを採用しており、複数モデルの混在環境においても使用する電源モジュールを統一できるため、効率的な予備機運用が可能。

PoE対応モデルにおいては、搭載する電源モジュールにより、全ポートにPoE+最大30Wを給電可能。


PSU Slot1 PSU Slot2 AT-x930
-28GTX
AT-x930
-52GTX
AT-x930
-28GSTX
AT-x930
-28GPX
AT-x930
-52GPX
AC 150W
(AT-PWR150-70)
- YES YES YES YES
(No PoE)
YES
(No PoE)
AC 150W
(AT-PWR150-70)
AC 150W
(AT-PWR150-70)
YES YES YES YES
(No PoE)
YES
(No PoE)
AC 250W
(AT-PWR250-70)
- YES YES YES YES
(No PoE)
YES
(No PoE)
AC 250W
(AT-PWR250-70)
AC 250W
(AT-PWR250-70)
YES YES YES YES
(No PoE)
YES
(No PoE)
DC 250W
(AT-PWR250-80)
- YES YES YES - -
DC 250W
(AT-PWR250-80)
DC 250W
(AT-PWR250-80)
YES YES YES - -
AC 800W
(AT-PWR800-70)
- YES YES YES YES
(380Wの給電能力)
YES
(380Wの給電能力)
AC 800W
(AT-PWR800-70)
AC 800W
(AT-PWR800-70)
YES YES YES YES
(720Wの給電能力)
YES
(740Wの給電能力)
AC 1200W
(AT-PWR1200-70)
- YES YES YES YES
(720Wの給電能力)
YES
(740Wの給電能力)
AC 1200W
(AT-PWR1200-70)
AC 1200W
(AT-PWR1200-70)
YES YES YES YES
(720Wの給電能力)
YES
(1440Wの給電能力)

  
  AC 150W(AT-PWR150-70):150W対応AC電源、AC 250W(AT-PWR250-70):250W対応AC電源
  DC 250W(AT-PWR250-80):250W対応DC電源、AC 800W(AT-PWR800-70):800W対応AC電源
  AC 1200W(AT-PWR1200-70):1200W対応AC電源

ソリューションイメージ

AMFによるネットワークの統合管理

AMFによる一元管理に対応、コアスイッチからネットワーク全体をシームレスに管理

AMFによるネットワークの統合管理
コストを抑えながらネットワークの統合管理を実現
階層型ネットワークの管理
AMFコントローラーによる大規模ネットワークの仮想化

x930をブランチに、AMFコントローラーとなるSBx8100シリーズをセンターサイトに導入、複数拠点にまたがる大規模ネットワークも効率的に管理

AMFコントローラによる大規模ネットワークの仮想
大規模ネットワークの階層的な管理を実現
コアネットワークでの利用

最大8台まで構成可能なVCS/LD-VCSによりシンプルかつネットワーク帯域を有効的に利用可能な冗長ネットワークを実現

コアネットワークでの利用
シンプルで冗長性に優れたコアネットワークを実現!
PoE集約スイッチとしての利用

最大1440Wの高給電能力を活かし、多数のPTZ HDネットワークカメラや11ac対応無線LAN APを直収

PoE集約スイッチとしての利用
スイッチ台数を削減し管理性を向上!
1G/10Gデバイス集約スイッチとしての利用(1)

x9EM/XT4を装着し10GBASE-Tポートを4ポート増設する事で、10Gデバイスの収容密度が向上するだけでなく、UTPケーブル※で1G/10G両方の接続が可能となるため、1Gから10Gのスムーズな移行が可能

1G/10Gデバイス集約スイッチとしての利用(1)

     ※カテゴリ6以上のUTPケーブルが必要

1G/10G混在環境の構築・管理コストを最適化!!
1G/10Gデバイス集約スイッチとしての利用(2)

最大8台のスイッチでVCS(Virtual Chassis Stacking)を構成する事で、
1つのVCSグループに最大32SFP+スロット3841000BASE-Tポートを同時使用可能 ※3

 

  一般的なシャーシ型スイッチの特徴
一般的なシャーシ型スイッチの特徴
x930の特徴
一般的なシャーシ型スイッチの特徴
大容量・高密度 高ポート密度 最大384の1000BASE-Tポート※1に加え、
   32のSFP+ポート※2 or 16のSFP+スロット&16の
  QSFP+スロット※3 or 16の SFP+スロット&32
の10GBASE-Tポートを同時使用可能※4  
大容量のPoE給電能力 各筐体に最大1440WのPoE給電が可能※5
高い耐障害性 ホットスワップ可能な冗長型電源 各筐体でホットスワップ可能な電源を冗長化
筐体内で冗長化されたCPU 1つのVCSグループで冗長化されたCPU
モジュラー化されたインターフェース 1つのVCSグループにx930の異なるモデルを混在可能なため、
ポート数やCopper/Fiberポートなど柔軟に構成
高い管理性 複数のモジュールを集中管理 1つのVCSグループを仮想的な1台のスイッチとして管理

※1 StackQSでVCSを8台で構成した場合、52GTX/52GPXは1000BASE-Tが384ポートが使用可能

※2 StackQSを搭載し、SFP+スロットでVCSを8台で構成した場合

※3 StackQSを搭載し、QSFP+スロットでVCSを8台で構成した場合

※4 x9EM-XT4を搭載し、SFP+スロットでVCSを8台で構成した場合

※5 52GPXにAT-PWR1200-70を2台搭載時

シャーシ型スイッチに匹敵する拡張性・柔軟性を提供!

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

PAGE TOP