ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
xシリーズネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス コアスイッチ AT-x900 シリーズと
ディストリビューションスイッチ AT-x600 シリーズで実現する
ビル管理ソリューション
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
冗長性が確保されたビル管理ネットワークを導入したい
既設オフィス用ネットワークと統合したい
概要
近年では、オフィスのIT対応はもちろん、セキュリティや省エネルギーにも対応するためにビル全体を一括で管理できるソリューションが注目されています。
そのようなソリューションの中でも、ベンダーによらない標準的なビル管理のためのプロトコルとしてBACnetがあります。

BACnetは元々一つの通信媒体を共有する形を想定してつくられているため、IPネットワーク上においてもブロードキャストを多用します。
但しこのままではVLANで区切られた管理システム間でBACnetパケットが送出されず、例えば入室と同時に照明・空調機器の電源を入れるなどの協調動作が出来ません。
そのため、複数のVLANに分割されたネットワーク上で使用される場合には、BACnetのパケットを仲介し、別VLANへ転送する必要があります。

アライドテレシスのx900/x600シリーズでは、UDPブロードキャストヘルパー機能に対応しており、 BACnetが使用するUDPのブロードキャストパケットを任意のVLANに転送することができます。さらに、VCS(スタック)による機器冗長化とEPSR(リング)によるビル全体の経路冗長化も実現致します。
概要
構築のポイント
構築のポイント


PAGE TOP