ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
xシリーズネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス コア・スイッチ SBx900シリーズで実現する
エンタープライズ・検疫ネットワーク
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
検疫ネットワークを構築したい
802.1Xなどのユーザー認証はしたくない
概要
Microsoft®のNAPは様々なセキュリティー方式を提供しています。NAP DHCP エンフォースメントはその中の1つで、とてもシンプルな方式です。クライアントがDHCPサーバーからIPを取得するときにDHCP Packetに検疫情報を付与し、それを受信したNAPサーバーは検疫情報に基づいてIPを貸し出します。

しかしながら、このNAP DHCP方式だけではセキュリティーが十分ではありません。何故ならIPアドレスが固定設定されたクライアントが接続された場合、NAPの検疫をすり抜けることが可能です。

この問題を回避するためにはDHCP Snoopingの併用が効果的です。NAPによる検疫とDHCP SnoopingによるIPソースフィルタリングで違法なクライアントからの接続を排除し、正当なDHCPクライアントにだけ通信を許可することができます。
概要
構築のポイント
構築のポイント


PAGE TOP