ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
xシリーズネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス コア・スイッチAT-x900シリーズと
ディストリビューションスイッチAT-x600シリーズで実現する
エンタープライズ・スター型ネットワーク
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
信頼性・可用性の高いネットワークを構築したい
スパニングツリーを使わずにLayer2の冗長をしたい
クライアント認証を行いたい
概要
この構成例では、コアスイッチに AT-x900-24XT 2台をVCS化して採用し、拡張性と信頼性を確保しています。さらに、各フロアの規模に応じて、ディストリビューションスイッチとしてx600-24Ts 2台のVCSをLayer2モードで設置、またはインテリジェントエッジスイッチを設置するなど、必要な箇所に適切な機 器を採用しています。

クライアント認証には、x900またはx600のそれぞれのVCSグループ上でTri-Auth(トライ-オウス)を使用し、単一のポート上で802.1X/Web/MACアドレスベース認証の3方式を同時に利用できるようにし、様々なクライアントに対して認証を提供しています。

また、x600-VCSでは、ループガード機能も併用し、ネットワークループ発生時の影響を最小限に留めるように対策することで、ネットワーク全体の安定性を高めています。
概要
構築のポイント
設計/構築のポイント


PAGE TOP