ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
xシリーズネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス・コアスイッチ AT-x900 シリーズで実現する
エンタープライズ・VRRPネットワーク
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
コアスイッチのリプレイスのみで、既存機器を流用しつつ、1,000クライアント以上が利用可能な大規模ネットワークへ柔軟に拡張
標準技術を使って冗長化を実現
他社製品が混在するマルチベンダーネットワークを構築
概要
一般的なスター型ネットワークを標準技術を使用して構築する構成例です。

スター型のネットワークは、オフィスビルの既存フロア間配線を流用することで、機器のリプレースだけでネットワークをアップグレードできるメリットがあり、現在主流のネットワークトポロジの一つです。

この構成例では、コアスイッチにSBx908 2台を採用し、Layer2の冗長にはRapid Spanning Tree Protocol (RSTP)、Layer3の冗長にはVirtual Router Redundancy Protocol (VRRP)及びOSPFを使用しています。

標準技術を使用することで、他社製品と混在するマルチベンダーネットワークでも、コアスイッチだけリプレイスすることが可能となり、ネットワークの拡張や増設を柔軟に行うことができます。
概要
構築のポイント
設計/構築のポイント


PAGE TOP