ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
xシリーズネットワークソリューション
xシリーズポータルページ
アライドテレシス コアスイッチ AT-x900シリーズで実現する
QoS帯域保証トラフィックコントロール
本資料の設定例付PDFファイルをご提供しております。
設定例サンプル付資料
主な目的
リアルタイム性が求められる音声パケットと、通常の情報系通信が混在したネットワークを最適化
リアルタイム性が求められる音声パケットには優先制御を設け遅延を抑制
特定の通信について、使用できる帯域の確保を実現するギャランティー・トラフィックネットワーク構築
概要
本社と各拠点を広域イーサネット網で接続しているネットワークです。VoIPのようにリアルタイム性が要求されるアプリケーションではパケットロスやパケット送信遅延が発生すると、音声が途切れる、雑音が混じる、といった障害になり易く、注意する必要があります。そのため、一般的にこのようなアプリケーションを情報系通信と混在させる場合、音声に影響がでないようにネットワーク機器側で音声系のパケットを優先的に送信する「優先制御」を行います。

本例では、音声系パケットの優先制御、さらに特定の端末がネットワーク帯域を占有してしまわないように使用可能な帯域を確保する「帯域保証」を併用し、限りあるネットワーク帯域を有効活用しています。
概要
構築のポイント
設計/構築のポイント


PAGE TOP