Enterprise

企業

2017.12.26 投稿者: ブログチーム

「あなたの携帯にウイルス」不安あおりアプリへ誘導(1)

「あなたの携帯にウイルス」不安あおりアプリへ誘導(1)

“「あなたの携帯電話は危険なウイルスに感染」--。他人のスマートフォンに突然こんなうその警告画面を表示させ、特定のアプリをインストールするよう誘導する新手の商法が横行している。”

(『「あなたの携帯にウイルス」 不安あおる アプリへ誘導、広告です』2017年11月17日 毎日新聞 )


スマホ使用中に不安を煽る広告や警告が突然表示されるタイプの広告が増えています。独立行政法人「情報処理推進機構」によると、昨年6月ごろから、このような相談が目立ち始め、現在は月に数十件の報告があるようです。

不安感を煽るタイプのフィッシング詐欺もかねてから多く、Amazon、Yahoo、DMM.comなど利用者の多い企業やサービス名でSMSから架空請求をするタイプのメッセージなども増加しています。

こうしたトラブルへの対策としては、

  1. 無視する。不特定多数にアプローチをして、反応した人に対してのみ次の手を打ってくるケースがほとんどのため、無視しても基本的に実害はない。
  2. 強制的に別のサイトへ遷移させられたり、誘導されたサイトにアクセスしてしまうことがあっても個人情報の入力などは行わない。冷静に観察してみると、個人情報保護方針などもなく、怪しいサイトが多いと気付ける。
  3. 万が一を避けるためにもセキュリティソフトは確実に最新版を利用する。マルウェアの感染が、セキュリティソフト以外で検知できることはほぼなく、検知する手段として最も有効。
  4. 悪質な広告は無料アプリの中に混入される傾向があるため、無料アプリはよく吟味する。レビューなどを見ると悪質広告への情報がある場合もある。また、公開開始からの期間が短いものは特に慎重に検討する。

などがあります。

「あなたの携帯にウイルス」不安あおりアプリへ誘導(2)につづく

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top