Enterprise

企業

2019.02.21 投稿者: ブログチーム

「中小規模向けIoT品質確認チェックリスト」を公開(1)

「中小規模向けIoT品質確認チェックリスト」を公開(1)

“IPAは、2018年3月22日に、IoT機器・システムの品質確保を目的に、検証・評価の立場における考慮事項を示した「つながる世界の品質確保に向けた手引き」と、この手引きの内容が開発・運用の現場で考慮されているかを確認するための「つながる世界の品質確保チェックリスト」を公開しました。

このたび、上記のチェックリストから中小規模のIoT製品・システムにおける品質確認のポイントを分かりやすくまとめた、「中小規模向けIoT品質確認チェックリスト」を公開しました。”

(『中小規模向けIoT品質確認チェックリスト』を公開』 2018年11月13日 情報処理推進機構)

2018年11月13日、情報処理推進機構(IPA)は、「つながる世界の品質確保チェックリスト」を公開しました。

同年3月に公開された「つながる世界の品質確保に向けた手引き」「つながる世界の品質確保チェックリスト」に準ずる内容から絞り込んだもので、中小企業や中小のユーザー企業、これらの企業にコンサルティングを行う人向けに適用しやすくなっています。

IoTに触れる機会は年々増え続ける中、まだまだ活用領域は一部に限られていると感じます。中小規模の企業の参入は、今後ますますIoTの裾野を広げ、産業の活性化につながると期待されています。

しかし、IoTはハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど、さまざまな要素で成り立っており、セキュリティ面の確保や問題の切り分けが難しいという問題も持っています。

IPAの一連の資料では、IoTについて品質確認のポイントが整理・紹介されています。「IoTではさまざまなベンダーやシステム構築業者が関わるため、構築時は関係者間の責任範囲の確認なども必要」と、開発部門や自組織だけでなく、関係者に広く協力・確認を求め、その特性に配慮した対応が求められるなど、示唆に飛んだ内容となっており、開発を検討している企業の品質安定・向上に有益な内容となっています。

(2)へつづく

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top