AMF-SEC Contents

AMF-SEC (旧SES) コンテンツ

2015.11.02 投稿者: ブログチーム

エンタープライズ市場向けOpenFlowhttps://www.allied-telesis.co.jp/blog新製品をリリース

エンタープライズ市場向けOpenFlowhttps://www.allied-telesis.co.jp/blog新製品をリリース

「AT-Secure Enterprise SDN Controller 」、「無線LAN AP/スイッチ用OpenFlowライセンス」をリリース!

 エンタープライズ市場向けのOpenFlowhttps://www.allied-telesis.co.jp/blog新製品をリリースいたしましたのでここで紹介させて頂きます。「AT-SecureEnterpriseSDN Controller」、および「OpenFlowライセンス」の出荷を10月21日より開始しました。

 セキュリティーシステムなど企業向けの各種アプリケーションと連動し、ユーザー端末への仮想ネットワークの自動形成など、ネットワークの制御設定の自動化を実現するSES(Secure Enterprise SDN)対応製品として、SDNコントローラー、および無線LAN AP/スイッチ用OpenFlow対応ライセンス製品の提供を開始しました。SESは、ユーザーが無線・有線LANを意識せずにネットワークを利用できるとともに、既存のネットワークとSDNのハイブリッド型ネットワークを提供できるため、小規模からの導入が可能です。

 「AT-SecureEnterpriseSDN Controller(AT-SESC)」は、利用者端末のアクセス認証、およびアクセス制御を管理し、あわせてリリースする「OpenFlowライセンス」を適用した当社製ネットワーク装置へのアクセス制御を行うコントローラーです。AT-SESC自体の設定による端末の通信制御機能(スタンドアローン動作)のほか、Northbound Interface/APIによるアプリケーション連携の端末の通信制御機能もサポートしています。

 「AT-SecureEnterpriseSDN Controller(AT-SESC)」は、SDNコントローラー基本ライセンス(10IP)と追加ライセンス(10IP)からなり、それぞれ1年/5年間いずれかのソフトウェアダウンロードサービス行使権利をバンドルした製品ラインナップです。「OpenFlowライセンス」は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN AP「AT-TQ4600 / AT-TQ4400」、ならびに、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN AP「AT-TQ3600」用と、ユニファイドマネージメント・スタッカブルスイッチ「AT-x930シリーズ」、ギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチ 「AT-x510 / AT-x510Lシリーズ」用のライセンス製品で、保守行使権利バンドル製品をラインナップしています。

■AT-SecureEnterpriseSDN Controller(AT-SESC)の主な機能 について簡単に説明します。

(1) 端末認証アクセス制御 AT-SESCは、MAC認証によるダイナミックVLAN仮想化ネットワークソリューションを提供します。また、単なる認証だけではなくアクセス制御も同時に行います。 認証、およびアクセス許可条件として、ロケーション条件、およびスケジュール条件を組み合わせ、利用者環境に合わせたアクセス制御が実現可能です。

(2) ダブル認証によるセキュリティー強化(*1) アライドテレシス社製OpenFlow対応無線LAN APとは、業界標準であるIEEE802.1X認証との併用が可能であり、ダブル認証によるセキュリティー強化を実現します。
(*1) IEEE802.1X認証との併用時、ダイナミックVLAN制御はAT-SESC側が有効となります。

(3) Application Interface ネットワーク運用の効率化とセキュリティーの強化をお客様のニーズに合わせ容易に実現できるよう、Application Interface(API)をご用意しました。

(4) App連動プロビジョニング ラクラス社のクラウド型人事システムLIPとAPI連携し、利用者端末のアクセス制御の自動設定を提供します。

(5) セキュリティー統制 クオリティソフト社のIT資産管理システムISM CloudOneとAPI連携し、脆弱性が内在する被疑端末を検疫隔離ネットワークへ隔離するよう OpenFlowネットワーク装置を制御します。

(6) ふるまい検知 トレンドマイクロ社の脅威検知システムDeep DiscoveryTM Inspectorとシステム連携し、被疑端末の通信をIPアドレス、MACアドレスをベースに通信遮断するようOpenFlowネットワーク装置を制御します。

■2015年10月21日リリースの新製品は以下となります。

AT-SESC-BaseST (AT-SecureEnterpriseSDN Controller 基本ライセンス(10IP))
AT-SESC-10-Lic (AT-SecureEnterpriseSDN Controller 10IP追加ライセンス)
AT-TQ4000-FL15(AT-TQ4400/TQ4600用OpenFlowライセンス)
AT-TQ3600-FL15(AT-TQ3600用OpenFlowライセンス)
AT-x930-FL15(AT-x930シリーズ用OpenFlowライセンス)
AT-x510-FL15(AT-x510/AT-x510Lシリーズ用OpenFlowライセンス)

製品の詳細情報は弊社ホームページをご覧ください。
https://www.allied-telesis.co.jp/products/index.html

 

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top