AMF-SEC Contents

AMF-SEC (旧SES) コンテンツ

2016.02.08 投稿者: 土部 直樹

2つのSDN 〜より簡単な理解に向けて〜

2つのSDN 〜より簡単な理解に向けて〜

今回は弊社が掲げる2つのSDNに関してお話しします。
まずは2つのSDNという前に、よくあるご質問について考えてみたいと思います。
SDN=OpenFlow?
OpenFlow=なんでも出来る?

どちらもちょっと前までよく議論されていたかもしれません。

OpenFlowの話として、当たり前ですが、OFS(OpenFlow Switch)としても自分誰、コントローラー誰というのは最低限必要な設定ですね。
ONF(Open Networking Foundation)で策定が進んでいるOF-Configも含め、Configuration Pointと呼ばれる事柄が、それらを(出来れば自動に近く)設定したいですね、と。

そこで、Flow Switchingの設定というか、フローはOpenFlow側でやりましょう、 という大きな考え方が出てきました。

OpenFlow自体は標準化、コントローラーもOFSでも各社実装が進んでいます。 他方、Configuration Point側は各社各様であることが分かります。 分かり易いのは各社でCLI(Command Line Interface)文法が違います、というあたりかもしれないですね。

OF-ConfigやOpenConfigのような世界まで(広く実用としてエンタープライズ領域まで)行き着ければ、このあたりは解決に近づけるのかもしれません。

以下は弊社の2つのSDNを示す図です。
(会社案内資料より抜粋:
https://www.allied-telesis.co.jp/company/pdf/AlliedTelesis.pdf )

allied telesis dwg

OF-Configの図に似ていると思う方はいらっしゃいますか?

似ていないと思う方は、お手数ですがよーく見てください。
そうです。実は標準団体の資料(特に下記の図))を見て頂けると、弊社の案内する2つのSDNを理解いただく一助になると考えています。

Combined Drawing
出典:
 左図:Open Networking Foundation (2014), “OF-CONFIG 1.2 Open Flow Management and Configuration Protocol ONF TS-016”
 右図:Ben Pfatt & Bruce Davie (editor) (2012), “The Open vSwitch Database Management Protocol”

「Software-Definedされたネットワークになる、その前の段階」
つまり、設計構築や障害対応時はConfiguration Pointでの作業が必ず必要になるのです。これを解決するのが、AMFです。

AMFとOpenFlow、即ち2つのSDNなのです。

最後にもう一つ。

OpenFlow=メッシュ必須or推奨?
誰かが明示的にそのような事を言われたのでしょうか。
OpenFlowのメリットを享受するための策として、物理結線状態の一つがメッシュである。と、自分もそのようには思います。

皆さんはどう思われますか?
OpenFlowはメッシュ必須でしょうか?

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top