AMF-SEC Contents

AMF-SEC (旧SES) コンテンツ

2016.04.07 投稿者: 土部 直樹

個人情報と、社会インフラと、ネットワークと (1)

個人情報と、社会インフラと、ネットワークと (1)

MAC Addressランダム化-iOS

マイナンバー通知書は、紆余曲折あって皆さんの手元に届いているかと思います。
ご存知のように政府では社会保障と税番号として導入を進めています。
これにポイントカードのように店舗や地域でも利用できる仕組みについて議論が始まっている事もご存知の通りです。私自身は、良い仕組みの上で有効活用されるように期待しています。

さて話は変わって、ある日、通勤の際に監視カメラの台数を数えてみました。

自宅玄関を出てからイチ、ニイ、サン……最寄駅のプラットフォームにたどり着くまでに目に入るだけで10台を超え、電車を降りてから会社までは途中で数えるのを止めました。兎に角、沢山あることは分かりました!!
何か(ここではカメラですが。。。)に見られている事は守られている、と思う事にしました。

またある日、通勤に際してWiFi SSIDを、(正確ではないにせよ)立ち止まる際に見てみました。(歩きスマホはダメですよ)

自宅玄関を出てからパッと増え、すぐにiPhoneの画面に収まらなくなりました。

バスや電車の中では、どなたかのモバイルルータらしきSSIDが見えてきます。

公衆無線LANも街中に結構広く導入されていますね。SSIDが見えているという事は、APからも私の持っているiPhoneは見えている、という事ですね。

コンビニではPOSレジが使われています。系列店での顧客購買情報を集めて売れ行きを見る等は周知されている通りです。

はてこのポイントカードがマイナンバーになるとどうなるのかな?

思いを巡らせると、マイナンバーと連携して、もしかしたら生活習慣を指摘してくれるようなサービスが網羅的に提供され、結果として、医療費が国全体で下がる、健康社会になる、と良いなーと考えています。

脱線が過ぎました。
思い出したことが少し。ここからネットワーク的な話です。

少し前、iOS8リリース前近辺で、iPhone/iPadのMAC Addressがランダム化される?と話題になったことがありました。

スマートデバイスの普及がこれだけ進むと、MAC Addressがプライバシー情報に直結する、という事や、またやGoogle CARが街中のSSIDを収集しながら走っている、という記事が出ていたことも考えると、「あ、確かに」と思う所があります。

WiFiモデルのiPadを自宅で利用していて(古くてセルラー無しなのでGPSはありません)、Google MAP上に自分の位置が映し出されるのが“?”だったのですが、そうした話題で背景のつながりを理解出来ました。

iOS8での実装は、MAC Addressがランダム化されるのは限定的な条件が幾つもあって、その後(正直だいぶ)忘れられていた気がします。改めてiOS9まで見てみると、以下のような状況にあって、より活用される方向に向かっているようです。

土部さん4挿入図1出所:Presentation slides used in WWDC2015_Session 703-iOS, OSX, watchOS, “Privacy and Your App”

次回もMAC Addressのランダム化についてもう少し話しながら、個人情報、社会インフラそしてネットワークについて話したいと思います。

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top