AMF-SEC Contents

AMF-SEC (旧SES) コンテンツ

2016.06.30 投稿者: 土部 直樹

個人情報と社会インフラとネットワークと(3)

個人情報と社会インフラとネットワークと(3)

MAC Addressランダム化-AndroidOS

前回から時間が開きました。

Androidで明確に示している記事は無いなと、Google検索を繰り返して思っていたのですが、ふと Android Marshmallowの変更履歴を直に探せば?と、思い。。。
ありました。

http://developer.android.com/about/versions/marshmallow/android-6.0-changes.html
以下にWEBページを抜粋します。

Dobe san AndroidOS“Android 6.0 Changes/Android 6.0 Marshmallow in developer.android.com”

灯台下暗し、とはこのことか。
と膝を打つも、時すでにiOSとWindowsへの調査は上げているのでした。

実は前回の後、Windows10 Home Editionを触る機会がありました。
が、しかし、以前お知らせしたようなドライバパラメータは見つけられませんでした。機会をみて量販店で他のWindow10を触って無線ドライバを確認してみたいと思います。

どうにかメジャーなクライアントOSのMACアドレスランダム化を、ソース付きで紹介できたのではないかと、少し安堵しています。

さて世の中がこうなると、前回紹介したような、サーチしているソースMACアドレスを元にしたソリューションは、遅くともOSのアップデートサイクルが2周する2、3年のうちになんらかの対策が必要となりそうです。そういう指摘も幾つか上がっています。

少し古いですが、次のJohn Zorabedianさんの記事が的確な指摘を出しているように思われます。

“Has apple Killed off location analytics with this simple privacy enhancement?”; John Zorabedian, June12, 2014 in Naked Security by Sophos

ここ二年を振り返ると、その頃はiOS8が噂になっていました。
結局、iOS8ではMACアドレスのランダム化は制約の多い条件下での挙動でしたが、9になるとこれが前回紹介の通り、より広範に用いられることになりました。
どの指標が行く末を示しているでしょうか?
やはり株価でみるのかな?と個人的に思ったりします。

MACアドレスに限らずユニークIDを利用するメディアでは、何らかのそれらのIDを利活用する副次的なソリューションが生まれています。
そして、なにかしら問題や指摘がある状況が続いています。
比較的、話が大きくなったのはSuicaのデータ利用ですね。

思い返すとMACアドレスのランダム化もSuicaも最初に話題になったのは2014年でした。2014年に何かがあったのでしょうか。ご存知の方は教えてください。

当の土部はこうした事は気にせず、技術を生かしたソリューションのメリットを如何に享受するかを考えます!!

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top