2018.05.15 投稿者: ブログチーム

世界の「スマートシティ」ランキング、東京が6位に(1)

世界の「スマートシティ」ランキング、東京が6位に(1)

“アジア各国のスマートシティ化への取り組みが高い評価を獲得している。スマート駐車場を運営する企業「EasyPark Group」がまとめたレポート“The 2017 Smart Cities Index”でシンガポールが第2位に輝いた。

ランキングの1位はデンマークのコペンハーゲン。東京は6位。”
(2017年11月13日 ForbesJapan)

スマートシティの取り組みついて、スマートパーキングを運営する企業「EasyPark Group」がまとめた2017年のレポート結果です。世界の500都市を19項目からスコアリング・評価しています。

スマートシティとは、IoT技術を活用し、私たちの生活を支えているインフラを効率的に管理運営して、エネルギー消費を抑え、人の生活の利便性を高める都市のことです。

環境への配慮と人の生活の進化をともに目指しています。

このスマートシティへの取り組みについて、本レポートによると東京は総合6位となっています。しかし、スマートパーキングの導入レベルを見ると、1位がモントリオール(カナダ)、2位がコペンハーゲン(デンマーク)、3位がバンクーバー(カナダ)となっており、4位、5位に日本の大阪、東京がそれぞれ続いており、日本がスマートパーキング先進国であることがわかります。

*スマートパーキングとは、
スマホなどを利用して利用客が空き状況の確認や予約、決済などができるようになっている無人パーキングのこと。この仕組みには、IoT技術が利用されている。

このレポートにおいて、スマートシティの評価指標とされている項目は、次の通り。
●スマートパーキングの数
●交通状況
●クリーンエネルギー
●環境保護
●ゴミ箱の数
●4GやWiFiなどの通信インフラ
●政府のデジタル化の進行度
●スマホの浸透度

自然環境への配慮、インフラ整備、国民が利用できる環境にあるかどうかなどが評価されています。

(2)へつづく

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top