2018.06.19 投稿者: ブログチーム

スマート家電へのサイバー攻撃をどう防ぐか(1)

スマート家電へのサイバー攻撃をどう防ぐか(1)

“ネットにつなげて利用するスマート家電は、パソコンやスマホ同様にサイバー攻撃に注意が必要です。スマート家電には、一体どんなサイバー攻撃が起こり得るのでしょうか?スマートスピーカーを使って実際に行われた調査をもとに、予想される攻撃と安全に利用するための5つのポイントを紹介します。”

(「スマート家電が受けるサイバー攻撃と5つの対策ポイント」 2018年4月26日 Trendmicro is702)

トレンドマイクロのセキュリティブログに、現在、急激に増えているスマート家電において予想されるサイバー攻撃などセキュリティリスクについて言及されています。

例として、個人宅への普及が広がりつつあるスマートスピーカーが取りあげられています。スマートスピーカーは、米国家庭の20%になる1870万世帯ですでに利用されている状況です(2018年4月15日Forbes記事より)。日本国内でも徐々に普及してきており、米国に続き今後ますます広がることが予想されます。

スマートスピーカーは、単なる音の再生機能だけでなく、通信機能を備え、マイクと人工知能(AI)を活用した音声アシスタント機能をもつスマート家電です。一般にGoogle HomeやAmazon Echoが有名で国内でも広く知られるようになっています。
Wifi接続を通じて他のデバイスやスマート家電との連携も可能です。

スマートホームでは主にスマートスピーカーがコントローラーとなり、話しかけるだけで、カーテンが開き照明が点く、お風呂を沸かしたりテレビ録画を予約したり、ドアをロックしたりという、物理的な操作も可能になっています。

一見、問題が発生しても大きなリスクはなさそうに思えるスマートスピーカーですが、記事中では、市販のスマートスピーカーの脆弱性調査の結果、「再生履歴を参考にした巧妙なフィッシングメール」「利用状況や位置情報から所有者の行動や住所情報の漏洩」「遠隔から攻撃者の望む行動の誘発」といったサイバー攻撃の可能性が考えられることが紹介されています。

(2)へつづく

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top