Event・Training イベント・トレーニング

レポート

第24回 日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2020 Web

アライドテレシスは、2020年6月5日(金)~6日(土)に開催されました「第24回 日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2020 Web」に参加いたしました。

本学会では、共催セミナーとチュートリアルセミナーに参加し、6/5(金)開催の共催セミナーでは、新型コロナウイルスの影響により、情報インフラ・ネットワークの重要性がますます高まる状況下において、
・「患者さま向けWi-Fiなどの安定した無線LAN環境」
・「低コスト・短期間で実現できる安全なテレワーク環境の構築」
・「様々なネットワークの管理・見える化を実現するネットワークの統合管理」
上記のポイントにスポットを当て、ご紹介いたしました。

当日は、共催セミナーでは約400名、チュートリアルセミナーでは1,000名超にのぼる多くの方々にご聴講いただきまして、誠にありがとうございました。

▼共催セミナー映像は下記よりご視聴いただけます

開催概要

名称 第24回 日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2020 Web
会期 2020年6月5日(金)~6日(土)
テーマ 「医療情報、何を伝える、どのように伝える?~至適健康管理のための情報シェアリング~」
大会長 渡邉 直 (一般財団法人 医療情報システム開発センター)
会場 Web開催

セミナー

共催セミナー

日時 6月5日(金)15:45~16:35
講演名 「仮想化・IoT活用時代における医療系ネットワークとは」
講演者 福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長・准教授
総合情報基盤センター 副センター長 情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
講演名 「医療機関におけるネットワークの重要性
~これからの院内ネットワークに求められることとは?~」
講演者 アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
東日本プロジェクトマネージメント部 技術支援グループ 次長 福田 香奈絵

チュートリアルセミナー

日時 6月6日(土)12:30~13:20
講演名 「IoT時代の医療情報活用に向けた無線通信と医療機関における電波管理」
講演者 福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長・准教授
総合情報基盤センター 副センター長 情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
BBバックボーン株式会社 本田 秀幸 氏
アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
東日本プロジェクトマネージメント部 技術支援グループ 次長 福田 香奈絵