Event・Training イベント・トレーニング

レポート

第38回医療情報学連合大会(第19回医療情報学会学術大会)

アライドテレシスは、2018年11月22日より福岡で開催されました第38回医療情報学連合大会(第19回医療情報学会学術大会)へ参加いたしました。

本学会の企業展示では、増え続ける医療情報端末と複雑化する院内ネットワークについて、24時間365日止められない医療情報ネットワークの統合運用管理ソリューションやサービス、セキュリティ対策を紹介するほか、今春発表された世界初のハイブリッド無線LAN「AWC Channel Blanket」について、医療現場における利用シーンを想定しご紹介いたしました。

そのほか、共催セミナー(ランチョンセミナー)やチュートリアルへの参加のほか、会場ネットワークを提供いたしました。

開催概要

名称 第38回医療情報学連合大会(第19回医療情報学会学術大会)
会期 2018年11月22日(木)~25日(日)(22日はチュートリアルのみ)
会場 福岡サンパレス・福岡国際会議場
大会テーマ 「ユビキタス時代の医療ICTへの挑戦」-医療保健チームの広がりと新たな機能分化-

出展内容

展示/デモンストレーション(企業展示)

展示ブース1 展示ブース2
展示ブース3 展示ブース4

○医療情報システムを支えるアライドテレシス
 24時間365日止められない高い信頼性と万一に備えた運用管理
○世界初!ハイブリッド無線LANシステム
 高い利便性と低コストからはじめる新しい無線LAN
○あらゆるサイバー攻撃や内部犯行への強固対策
 ニーズに応じたアプリとネットワーク連携
○24時間365日常時監視で安心サポート
 万一の障害に備えた24時間365日体制での監視・運用
○信頼の証!導入事例紹介

セミナーのご案内

共催セミナー(ランチョンセミナー)

ランチョンセミナー1 ランチョンセミナー2
ランチョンセミナー3 ランチョンセミナー4
日時 2018年11月24日(土)12:25~13:25
会場 C会場(福岡サンパレス 4F・会議室411+412)
演題名 クラウド・IoT時代の医療系ネットワークと院内電波管理
演者 福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長/准教授
総合情報基盤センター 副センター長、情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
演題名 安定した院内無線LANの構築ポイントと今後の取り組みについて
-世界初!ハイブリッド無線LANソリューション-
演者 ビジネスエンジニアリング本部 広域システムエンジニアリング部
技術支援グループ 課長 福田 香奈絵

チュートリアル

チュートリアル1 チュートリアル2
日時 11月22日(木)15:15~17:15 チュートリアル7(D)
演題名 医療でのIoT活用と院内電波管理
演者 福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長/准教授
総合情報基盤センター 副センター長、情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部 部長 盛永 亮

第38回医療情報学連合大会への協力

会場ネットワークの提供

会場LAN1 会場LAN2

会場内の主要エリアに無線LAN APを設置し、ご来場者様へPCやスマートフォン、タブレットPCから快適にインターネットをご利用いただける無線LAN環境をご提供いたしました。
なお、本学会では、Vista Manager EXに搭載しているネットワーク統合管理ソリューション(AMF)と自律型無線LANソリューション(AWC)、セルとチャンネルブランケット方式の同時利用を可能とする世界初!ハイブリッド無線LAN(AWC-CB)で構築・運用を行いました。