Event・Training イベント・トレーニング

出展のご案内

国際モダンホスピタルショウ2019

アライドテレシスは、2019年7月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2019へ出展いたします。

本展示会では、増え続ける医療情報端末と複雑化する院内ネットワークについて、24時間365日止められない医療情報ネットワークの運用管理ソリューションやサービス、セキュリティ対策を紹介いたします。
その中でも見どころとして、昨年リリースしたセル方式とチャンネルブランケット方式の同時利用を実現する世界初ハイブリッド無線LANシステム「AWC+AWC-CB」や、今春発表された”設置するだけでつながる”低コストかつ簡単に無線LANエリアの拡大を実現するスマートコネクト無線LANシステム「AWC Smart Connect(AWC-SC)」について、実際の端末との接続によるデモンストレーションを交え、途切れない、つながる無線LANソリューションを紹介いたします。
また、猛威を振るう外部からのサイバー攻撃や内部からの情報漏洩における、ネットワークから見た医療システムへのセキュリティ対策について、新たなソリューションやサービスをご紹介いたします。

ご来場の際には、ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

開催概要

名称 国際モダンホスピタルショウ2019
会期 2019年7月17日(水)~19日(金)
テーマ 健康・医療・福祉の未来をひらく
~世代と国境を越えた豊かな共生を目指して~
主催 一般社団法人 日本病院会 / 一般社団法人 日本経営協会
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
南展示棟 南1・南2・南3・南4ホール/会議棟
展示ブース 南4ホール ブース番号 F-46
URL https://noma-hs.jp/hs/2019/

出展内容

展示ブース

・無線LANソリューション
 -院内の快適な無線LAN環境を創る(AWC、AWC-CB、AWC-SC)
  ハイブリッド無線LAN、スマートコネクト無線LANデモンストレーション
 -医療IoT機器と無線LAN接続連携
  医療現場で使用される端末との無線LAN接続連携を紹介

・統合管理ソリューション
 ・ネットワークの見える化・分かる化、院内の有線・無線ネットワーク運用管理
 (AMF、VISTA MANAGERシリーズ、製品ラインナップ紹介)

・セキュリティ
 ・ネットワークから見た医療システムにおけるサイバー攻撃・情報漏洩対策
  -ネットワークから安全・安心に(AMF-SEC)
  -事前にまもる!脆弱性診断サービス紹介(Net.CyberSecurity)

・サービス
 ・安心・安全に必要な病院IT監視サービスのデモをご紹介いたします。
  -安心のワンストップITサービス(Net.Service)
  -24 時間365 日常時監視で安心サポート(Net.Monitor)

・事例
 ・院内ネットワークを支える豊富な実績をご紹介(医療導入事例紹介)

オープンステージセミナー

講演 「必見!柔軟に安全に効果をあげる院内無線LAN
~どうすればよいの?院内端末、IP電話、患者向けWi-Fiなど~」
アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
広域プロジェクトマネージメント部 技術支援グループ 次長
福田香奈絵 
日時 7月17日(水)14:50~15:20
会場 南展示棟2ホール オープンステージセミナー②

出展者プレゼンテーションセミナー

講演1 「医療介護現場でのIoT活用と無線ネットワーク構築」
福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長 准教授
総合情報基盤センター 副センター長、情報セキュリティ部門長
山下芳範 氏 
講演2 「医療のIoT化を促進するラスト0.1マイルワイヤレスソリューションの実現」
アライドテレシス株式会社 マーケティング統括本部 Global Product Marketing部 部長
松口幸弘
日時 7月19日(金)14:00~14:45
定員 120名
会場 会議棟6階