Event・Training - イベント・トレーニング -

出展レポート

SECURITY SHOW

アライドテレシス株式会社は、3月6日(火)から9日(金)まで東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される、「SECURITY SHOW2018(第26回セキュリティ・安全管理総合展)」に出展いたしました。

当社ブースでは、日々、悪質巧妙化し猛威を振るうサイバー攻撃に対して、"もっと便利と安心を。「つなぐ・まもる・つかう+まなぶ」情報インフラを支えるアライドテレシス"をテーマに、ネットワークからのサイバー攻撃対策をはじめ、安心・安全・万一への備えを視野に入れた各ソリューションをご紹介する他、IoTセンサーとの連携による脅威の可視化ソリューションをご紹介いたしました。
また、新たな取り組みとして、ネットワークの観点から最新のサイバーセキュリティ対策を研究する"Allied Telesis Cyber Security Lab(ACSL)"のご紹介や、サイバーセキュリティ人材を育成する"アライドテレシスアカデミー"のご紹介と、サイバー攻撃に向け重点化を図るべき分野をご紹介いたしました。

開催期間中、多数の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

開催概要

展示会名 SECURITY SHOW 2018
会期 2018年3月6日(火)〜9日(金)10時00分〜17時00分
(最終日 9日(金)のみ16時30分終了)
会場 東京ビッグサイト 東7・8ホール
アライドテレシスブース ブース番号:SS7401(ITセキュリティゾーン)

会場風景

会場風景1
会場風景2
会場風景3
会場風景4
会場風景5
会場風景6

展示ブース

もっと便利と安心を。
「つなぐ・まもる・つかう+まなぶ」情報インフラを支えるアライドテレシス
つなぐ
・本社・拠点をまとめて安心統合管理
 −コストと負荷を抑えた安心・安全ネットワーク−
・安心・快適な無線LANを自動構築
 −高い利便性と低コストからはじめる新しい無線LAN−
まもる
・あらゆるサイバー攻撃や内部犯行への強固対策
 −ニーズに応じたアプリとネットワーク連携−
・アプリ連携で悪質なサイバー攻撃に打ち勝つ
 −さまざまなお客様環境を"まもる"SES導入事例−
・最新のサイバーセキュリティ対策を研究する
 −Allied Telesis Cyber Security Lab(ACSL)−
・IoTを踏み台にしたサイバー攻撃からの防御
 −セキュアなIoTインフラを実現するSES−
・止められないネットワーク!万一への備え
 −設計・運用・構築・保守から24時間365日常時監視まで−
つかう
・IoTセンサーと連携して、脅威を可視化
 −IoTセンサー連携ソリューション−
まなぶ
・悪質巧妙化する脅威への対策を"まなぶ"
 −サイバーセキュリティ人材を育成するアライドテレシスアカデミー−
展示パネル一覧

下記の図をクリックすることにより、当日の展示パネルをご覧いただくことができます。

展示パネルは、資料として、PDFにてダウンロードいただけます。

 ダウンロードいただく際には、お客様情報をご記入いただく必要がございます。

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

PAGE TOP