Event・Training イベント・トレーニング

レポート

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー -新型コロナ感染拡大が問い直す 医療情報ネットワークの重要性- 「コロナ禍を乗り越える!院内における新たな無線LAN活用事例」

新型コロナウイルスの感染拡大は、医療機関におけるネットワーク状況の再確認など、情報インフラや設備のあり方を改めて問い直す機会となりました。

「NETREND医療ネットワークオンラインセミナー コロナ禍を乗り越える!院内における新たな無線LAN活用事例」では、パラマウントベッド株式会社様を特別講演にお迎えし、医療現場から耳にする問題や課題をもとに、このコロナ禍から見えた無線LANの新たな活用事例や解決策について、当社との共同検証の結果なども交えて、お伝えいたしました。

見逃した方必見!アーカイブ配信中

会場風景

会場風景1 会場風景2
会場風景3 会場風景4

開催概要

名称 NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー
-新型コロナ感染拡大が問い直す 医療情報ネットワークの重要性-
「コロナ禍を乗り越える!院内における新たな無線LAN活用事例」
主催 アライドテレシス株式会社
協力 株式会社日本医療企画
開催日時 2020年8月5日(水)
14:00~15:00
形式 Webセミナー(YouTube)
対象 医療関係者の方、関連企業の方
費用 無料
定員 100名

セミナー内容

プログラム

①特別講演(25分程度)
 「コロナ影響をふまえた医療・介護現場における新たなテクノロジーを活用した働き方に向けて」

パラマウントベッド株式会社 経営企画本部
デジタル事業開発部 部長 伊藤 秀明 氏

COVID-19の影響で医療・介護の現場から多くのご要望が当社へ寄せられました。
それを受けての当社の対応、また安全性確保のために動き出した今後の「非接触・遠隔」デジタル事業の方向性についてお話させて頂きます。

②プレゼンテーション(25分程度)
「コロナ禍を乗り越える!院内における新たな無線LAN活用事例」
-アフターコロナに向けて病院が求められる医療情報ネットワークとは-

アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
 東京プロジェクトマネージメント部
次長 佐々木 達也

感染症対策として、院内無線LANの利用がこれまで以上に求められています。
発熱外来などの診療用や患者さま面会用をはじめ、様々な医療デバイスの接続など遠隔からの診療・見守りを実現するための、 無線LANの構築ポイントについて実際の検証結果も交えてご紹介します。