Event・Training イベント・トレーニング

レポート

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー 「院内における

ニューノーマル時代を迎えた今、医療業界におけるデジタル化はますます推進されています。オンライン/遠隔診療の提供をはじめ、感染症対策やスタッフの業務効率化など、医療現場におけるIoTの利活用は、さまざまなシーンで期待されています。

本セミナーでは、特別講演に神奈川工科大学 健康医療科学部 臨床工学科 川﨑氏をお迎えし、 「医療機器と医療情報ネットワーク」について、臨床工学技士の視点からお話いただいたほか、 弊社プレゼンテーションでは、医療機器と連携した、無線LANによるヒトやモノの位置情報検知の活用について、 無線LANの基礎や構築ポイント、事例を交えご紹介いたしました。

多数の方々にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

見逃した方必見!アーカイブ配信中

会場風景

会場風景1 会場風景2
会場風景3 会場風景4

開催概要

名称 NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー
「院内における"ヒト"や"モノ"の動きを見える化!-無線LANによる医療機器と連携した位置情報検知の活用-」
主催 アライドテレシス株式会社
協力 株式会社日本医療企画
開催日時 2021年3月18日(木)
16:00~17:00
形式 オンライン(ライブ配信/Zoom)
対象 医療従事者の方、関連企業の方
費用 無料(事前登録制)
定員 100名

セミナー内容

プログラム

①特別講演(25分程度)
「医療機器と医療情報ネットワーク ~臨床工学技士の立場から~」

神奈川工科大学 健康医療科学部 臨床工学科 兼
地域災害ケア研究センター 研究員 川﨑 路浩 氏

本講演では、医療機器から得られる情報の集約や活用、位置情報を利用した機器の可視化、医療機器管理システムの活用についてお話いたします。

川﨑 路浩 氏 プロフィール
獨協医科大学 越谷病院、独立行政法人国立病院機構 災害医療センターを経て現職。
公益社団法人 日本臨床工学技士会 代議員、サイバーセキュリティ対策委員会委員長、災害対策委員
一般社団法人 東京都臨床工学技士会 理事、広報委員長、災害対策副委員長を務める。

②プレゼンテーション(25分程度)
「”ヒト”や”モノ”の動きを見える化 医療機器と連携した位置情報検知の活用」

アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
 東京プロジェクトマネージメント部 次長 佐々木 達也

IoTがつながる安定した無線LAN整備・活用について、無線LANの基礎や課題、構築のポイントのほか、医療機器の資産管理としても有効な医療機器と連携した位置情報の検出など、医療現場における活用例も合わせてご紹介いたします。

③質疑応答・お知らせ(10分程度)

関連リンク