Event・Training イベント・トレーニング

セミナー

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー  「働き方を変えるスマート医療機器の活用とネットワーク
        -最適なネットワーク構築と最新の運用管理とは-」

医療のIT化の促進により、医療現場においてもネットワークに繋がりさまざまなデータを取得・管理できる医療IoT機器の利用が広がりつつあります。
より良い医療の提供はもちろん、感染症対策や人手不足の問題など、さまざまな課題を解決するものとして今後さらなる活用が期待されます。
本セミナーでは、基調講演に福井大学医学部附属病院山下様、特別講演にテルモ株式会社様をお迎えし、スマート医療機器とも呼ばれる医療IoT機器の活用方法と、その活用に欠かせない院内ネットワーク、特に無線LANとの連携について、弊社の取り組みやソリューションを交えご紹介いたします。

さらに、今回は特別企画として、「アライドテレシス医療ユーザー会」の定例会と合同開催いたします。
「アライドテレシス医療ユーザー会」は、弊社ユーザー病院様が中心となって、情報交換を通じ共にノウハウや知識の向上を目指す場として設立されたコミュニティです。
本定例会では、基調講演として地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館長友様をはじめとする弊社ユーザー病院様をお迎えし、事例や取り組みをご紹介いただきます。
会員でないお客様もオンラインセミナーと同一のアカウントにてご視聴いただけますので、この機会にぜひご参加ください。
皆様のお申込をお待ちしております。

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー

開催概要

名称 NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー
「働き方を変えるスマート医療機器の活用とネットワーク
-最適なネットワーク構築と最新の運用管理とは-」
主催 アライドテレシス株式会社
協力 株式会社日本医療企画
開催日時 2021年7月28日(水)
14:00~15:50
形式 オンライン(ライブ配信/Zoom)
対象 医療従事者の方限定
費用 無料(事前登録制)
定員 100名

プログラム

14:00~ 基調講演
「スマート医療機器・IoT機器の運用方法と院内電波管理の必要性」

福井大学 医学部附属病院
医療情報部 副部長/准教授 山下 芳範 氏

14:30~ 特別講演
「病院内ITを活用した医療機器連携の紹介」

テルモ株式会社 ホスピタルカンパニー ホスピタルシステム事業
医療器グループ 輸液システム部 部長 村瀬 聡孝 氏

テルモは、医療現場が抱える課題解決の為に、多岐にわたる製品開発をしてまいりました。
現在ではラインアップをさらに強化し、「治療の安全性向上」「業務の効率化」「早期退院」に貢献する製品とサービスを提供することで、医療にかかわるすべての人に「やさしい医療」を実現することを目指しています。
弊社は薬剤投与の為のポンプのラインナップを強化し、双方向通信機能を搭載したスマートポンプシステムは、手術室やICUの部門システム等との接続だけでなく、この度はアライドテレシス社と資産の生産性向上を目的とした病院内ITと医療機器連携に関わる最近の取組みについてご紹介致します。

14:55~ プレゼンテーション①
「働き方を変えるスマート医療機器の活用とネットワーク ー最適なネットワーク構築と最新の運用管理とはー」


アライドテレシス株式会社 ソリューションエンジニアリング本部
 東日本プロジェクトマネージメント部 技術支援グループ 次長 福田 香奈絵

院内のネットワークは様々な医療情報システム連携において必要不可欠です。
昨今では、多種多様なスマート医療機器がリアルタイムなデータ通信を行うことでスタッフの業務効率化、働き方改革にも貢献できると期待され、無線LANの活用も広がっております。
管理すべきネットワークの拡大や機器の増加に伴い、いかにシンプルに構築、また管理者の負担をどう軽減できるか考えていかなければなりません。
今回は、院内に最適な統合ネットワークの構築や、スマート医療機器がつながる無線LANの最適な設計、さらには様々な機器の位置情報検出による資産管理についても病院内での活用例を交えご紹介いたします。

15:20~ プレゼンテーション②
「医療に向けた無線LANへの新たな取り組み」


アライドテレシス株式会社 Global Product Marketing部 部長 松口 幸弘

院内LANの無線化による柔軟な職場環境の構築、さらにスマート医療機器の安定的な運用にも欠かすことができない無線LAN接続の持続性と安全性を確立すべく、アライドテレシスが取り組む新たなソリューションについて解説いたします。

15:30~ 質疑応答

15:40~ モダンホスピタルショウ2021会場中継

モダンホスピタルショウ2021
 出展の詳細はこちら

15:50 終了

※セミナー内容は予告なく変更になる場合がございます

アライドテレシス医療ユーザー会

開催概要

名称 アライドテレシス医療ユーザー会 第22回定例会
~ユーザー会でつながる情報の輪~
主催 アライドテレシス医療ユーザー会
https://www.allied-telesis.co.jp/solution/medical/hcuser/
開催日時 2021年7月28日(水)
16:00~17:15
形式 オンライン(ライブ配信/Zoom)
※セミナーと同一のアカウントにてご視聴いただけます
対象 アライドテレシス医療ユーザー会会員の方、医療従事者の方

プログラム

16:00~ 開会挨拶

福井大学 医学部附属病院
医療情報部 副部長/准教授
アライドテレシス医療ユーザー会 会長 山下 芳範 氏

16:10~ 基調講演①
「病院情報システムを取り巻く諸課題の克服に取り組んだ2020年更新プロジェクト」

地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館
医療情報部 課長補佐 長友 篤志 氏

佐賀県医療センター好生館では、2020年の病院情報システム更新に当たり、アライドテレシスのネットワークソリューションを採用し、可用性、運用管理性、拡張性の高い統合ネットワークを構築した。
本セッションでは、旧ネットワークが抱えていた課題を踏まえて取り組んだ新ネットワーク構築のコンセプトや運用状況について紹介する。
また、仮想化技術の積極的な導入や業務用デバイスとしての「iPod touch」の採用、スタッフ間コミュニケーションツール「LINE WORKS」の運用など、ネットワーク以外の取組も紹介する。

※都合によりタイトル及び内容を一部変更させて頂いております。

16:40~ 基調講演②
「新型コロナウイルスCOVID-19で何が変わったのか」

旭川医科大学 旭川医科大学病院
経営企画部 准教授/副部長 谷 祐児 氏

2020年初頭から拡がりはじめた新型コロナウイルスCOVID-19の影響はとどまることを知らず、いまだに我々の生活に大きな影響を与えている。
その影響は、病院に勤務する我々にとっても業務面においても影響が大きい。
当院では、このような状況下において2020年11月に病院情報システムの更新を行った。
本講演では、コロナ禍での病院情報システムの更新の経験を中心に業務面での影響を振り返りつつ本学における対応などを紹介する。

17:10~ 閉会挨拶

アライドテレシスホールディングス株式会社
代表取締役会長 大嶋 章禎

17:15 終了予定

※プログラム・内容については予告なく変更になる場合がございます