news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2016年4月25日

スイッチ/ルーター製品、ファームウェアバージョンアップで、 IoTインフラのセキュリティー、統合管理機能を強化 – 新製品「AT-x230-18GT」、「AT-AR2010V」、「AR4050S用AMFマスターライセンス」等を リリース –

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、AlliedWare Plus(AW+)をバージョンアップし、 新ファームウェア AlliedWare Plus(AW+)「Ver.5.4.6-0.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを4月25日より開始します。 また、新製品「AT-x230-18GT」、「AT-x230-18GT-T5アカデミック」、「AT-AR2010V」、「AT-DRMT-J02」、AT-x930シリーズ用電源ユニット「AT-PWR150-70-T5アカデミック」の出荷を5月6日から開始し、 あわせて同日、「AR4050S用AMFマスターライセンス」をリリースします。

AT-x230-18GT/AT-x230シリーズの主な特長

「AT-x230-18GT」は、10/100/1000BASE-Tポートを16ポートとSFPスロットを2スロット搭載したレイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチです。 SFPスロットにオプション(別売)のSFPモジュールを追加することによりギガビット光ポートの実装が可能です。
AT-x230シリーズは、ループガードや多彩なセキュリティー機能を搭載するほか、SDカードトリガー機能によりファームウェアのバージョンアップや設定の 反映をSDカードの装着をトリガーとして自動的に行えます。また、SDカードオートリブートをサポート。機器設定やファームウェアを保存したSDカードから起動することでPCレスでの作業が 可能です。さらに、AMF(Allied Telesis Management Framework)メンバー機能に対応し、ゼロタッチ・インストレーションやオートリカバリー機能により、事前設定や専門知識を必要と しない正確で迅速な構築/運用を支援します。また、AW+「Ver.5.4.6-0.1」より、Secure Enterprise SDN(SES)に対応(※1)するなど、IoTネットワークの運用管理の効率化とセキュリ ティー強化に最適な製品です。

※1別売の新製品OpenFlowライセンス「AT-x230-FL15」が必要です。

AT-AR2010V の主な特長

「AT-AR2010V」は、オールギガ・マルチインターフェースのVPNルーターです。
小型筐体(140mm×105mm×42.5mm)で、 スペースの少ない機器内 への組み込みや管理ボックスへの収容が可能です。WAN/LAN用10/100/1000BASE-T×2ポートを搭載し、 IPsec VPNでの拠点間接続にIKEv2の安 全性、L2TPv3の柔軟性を強化することで、安全で快適なネットワークを構築できます。USB型データ通信端末を接続することでモバイルネットワークにも活用できます(2)。 また、AMFメンバー機能に対応し、ネットワーク運用管理の効率化を実現します。ファンレスで最高50℃までの環境温度と、 AC/DC両方式 の電源供給に対応し、あわせてリリースする新製品、DINレールマウントキット「AT-DRMT-J02」を使用することで、ラック内にコンパクトに収納することが可能です。

※2サポートするUSB型データ通信端末は、こちらをご覧ください。

AR4050S用AMFマスターライセンス

「AMFアニュアルライセンス」は、現行のフィーチャーライセンスに代わる使用期限付のライセンスです。UTM&VPNルーターAR4050S(AR4000シリーズ)用の、 AMFマスターライセンス「AT-AR4-AM40L-1Y-2016」(20メンバー(40リンク)、1年)、「AT-AR4-AM40L-6Y-2016」(20メンバー(40リンク)、6年)、「AT-AR4-AM40L-6Y-2016-T6アカデミック」 (文教ユーザー向けアカデミック製品/20メンバー(40リンク)、6年)をリリースします。

ファームウェアAW+「Ver.5.4.6-0.1」で強化した主な機能

  • ゲストノード対応
  • AMF非対応機器がAMFネットワークに参加可能となる、AMFゲストノード機能に対応します。本機能では、 AMFメンバーにゲストノードが接続されると、 AMFメンバーで事前に保持、またはAMFメンバーがDHCPスヌーピングと LLDPにて取得した当該ノードの機器情報をAMFマスターに通知します。この仕組みにより、AMFマスター または Vista Managerからのゲストノードの状態管理が可能となります。
  • L2TPv2 LACモード(ルーター製品)
  • 本拡張により、PPPoE ACとしてクライアントからのPPP接続を受け入れながら、自身がLNSとL2TPトンネルを張り、当該トンネル経由でクライアントからの PPPトラフィックをLNSに転送する、LACとして動作することが可能になります。

バージョンアップ対象製品

製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-x230-10GP 126,000円 販売中
AT-x230-18GP 199,500円 販売中
AT-x230-28GP 240,000円 販売中
AT-AR4050S 198,000円 販売中
AT-AR3050S 99,800円 販売中
AT-AR2050V 79,800円 販売中

アカデミック製品、保守バンドル製品については弊社ホームページをご覧ください。

新製品

製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-x230-18GT 140,000円 5月6日
AT-x230-18GT-T5アカデミック 126,000円 5月6日
AT-x230-FL15 55,000円 5月6日
AT-AR2010V 82,000円 5月6日
AT-DRMT-J02 7,500円 5月6日
AT-AR4-AM40L-1Y-2016
(AR4000用AMFマスターライセンス
(20メンバー(40リンク)、1年)
250,000円 5月6日
AT-AR4-AM40L-6Y-2016
(AR4000用AMFマスターライセンス
(20メンバー(40リンク)、6年)
750,000円 5月6日
AT-AR4-AM40L-6Y-2016-T6アカデミック
(AR4000用AMFマスターライセンス
(20メンバー(40リンク)、6年)
675,000円 5月6日
AT-PWR150-70-T5アカデミック 59,400円 5月6日