news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2016年9月15日

アライドテレシス、ディー・オー・エスのIT資産管理ソフト 「System Support best1(SS1)」と「Secure Enterprise SDN(SES) 」を連携

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、株式会社ディー・オー・エス(大阪府大阪市、代表取締役 追立富男 以下ディー・オー・エス)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、ディー・オー・エスの使いやすさを追求したIT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化を図るソリューションを提供することに合意したことを発表します。

SS1は、「IT資産管理」を中心に「セキュリティ管理」「ログ管理」、各種管理業務をサポートする「運用支援機能」を搭載した統合型ソフトウェアです。PCやサーバー、ソフトウェアライセンスなどの管理における業務効率化、外部攻撃・内部不正による情報漏洩対策を支援します。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN / OpenFlow技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数・コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでに企業向け人事システム、IT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携していますが、このたび、SS1との連携により、ネットワーク運用効率化を図るソリューションを提供いたします。

この度の両社の連携により、今後下記のソリューションを展開する予定です。

SS1との連携による不正端末接続防止とアクセス制御設定の自動化による運用効率の向上

SS1と連携し、SS1の管理下にあるIT資産管理情報をもとにネットワークアクセス制御情報を自動設定します。これにより、SS1管理下にある端末のみ業務ネットワークの利用を可能とし、管理対象外不正端末から業務ネットワークを守ります。また、SESではネットワーク利用時間や利用ロケーションを設定することも可能であり、業務ネットワークへのアクセス制御設定の自動化による運用効率の向上が図れます。

両社は今後、2016年10月のサービス提供を目指し、共同開発検証を行ってまいります。

【株式会社ディー・オー・エスについて】
株式会社ディー・オー・エスは、自社開発のIT資産管理ソフト「System Support best 1(SS1)」をはじめ、ソフトウェア資産管理(SAM)のコンサルティング「SAMサービス」など、幅広くIT事業を展開しております。

【アライドテレシス株式会社について】
アライドテレシス株式会社は、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼なネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。