news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年6月19日

第22回日本医療情報学会春季学術大会に出展 -世界初のハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」自律型無線LANソリューション「AWC」による会場無線LANの構築・運用で大会運営に協力-

アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、6月21日(木)から 6月23日(土)まで新潟市で開催される「第22回日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2018 in 新潟」へ出展します。また、会場内で来場者がインターネットアクセスをご利用いただける無線LAN環境を世界初のハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」自律型無線LANソリューション「AWC(Autonomous Wave Control)」で構築・運用し、大会運営にも協力します。

日本医療情報学会が主催する医療情報学会春季学術大会は、医療情報に関心を持つ情報技術系の研究者や病院で実務に従事している医師、看護師、医療情報技師及び病院IT担当者が全国から3日間で延べ約1,200人が集う学会で、シンポジウムやワークショップ、一般口演等、多数のセッションで構成されます。

弊社は、6月22日(金)に開催される、スイーツセミナー(協賛:アライドテレシス株式会社福井大学、演者:福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長・准教授 山下芳範氏)に協賛協力いたします。また、会場内の企業展示コーナーにおいて、先進的医療ネットワークソリューションの展示・デモンストレーションとして、世界初のハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」のご紹介をはじめ、最新のネットワーク技術“SDN(Software-Defined Networking)”を使用したセキュリティ強化と院内LANLANのの統合管理ソリューション、「SES(Secure Enterprise SDN)」、「AMF(Allied Telesis Management Framework)」、医療向けITサービス等をご紹介します。

弊社は、第22回日本医療情報学会春季学術大会への協力を通じて当社の医療ネットワークソリューションを訴求するとともに、今後も先進的でより安全・安心な医療ネットワークソリューションをご提供してまいります。

第22回日本医療情報学会春季学術大会

会期 2018年6月21日(木)~6月23日(土)
会場 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)
新潟県新潟市中央区万代島6-1
主催者 一般社団法人 日本医療情報学会
大会テーマ 医療情報学の再発見
〜研究の多様化の中で今なすべきことは?〜
大会ホームページ http://www.jami2018symp.org/index.html
アライドテレシス
企業展示
朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)2Fホワイエ

 

共催 スイーツセミナー

日時 6月22日(金)15:00~16:00
会場 第2会場(2階・中会議室201)
演題 医療でのIoT活用と院内電波管理
(演者)
福井大学 医学部附属病院 医療情報部 副部長 /
准教授 総合情報基盤センター副センター長 情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
演題 医療IoT化を支えるネットワークインフラの実現
(演者)
アライドテレシス株式会社
マーケティング統括本部 Global Product Marketing部 部長 盛永 亮

詳細はこちらをご覧ください。