製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
Axis Communications
Panasonic
F5 Networks
Riverbed
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
Lenovo(旧IBMブランド)
NetApp
アイビーソリューション
StratusAvance
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
スイッチ

ギガビットイーサネット・PoE+スイッチ

A T - G S 9 0 0 / 8 P S

AT-GS900/8PSは、10/100/1000BASE-Tポートを8ポートとSFPスロットを1ポート装備し、10/100/1000BASE-Tの4ポートがIEEE 802.3at(Power over Ethernet Plus)に準拠した、ギガビットイーサネット・PoE+スイッチです。
SFPスロットは、オプション(別売)のSFPモジュールを追加することで、ギガビット光ポートの実装が可能です。

*「省エネルギー法」に基づく表示についてはPDF版データシートでご確認ください。

アカデミック製品

 省エネ基準達成“エコ・フレンドリー製品”
AT-GS900/8PS (RoHS)
AT-GS900/8PS-Z1 (RoHS)
コード:0799RZ1 価格:¥102,300
(税込¥110,484)
AT-GS900/8PS-Z5 (RoHS)
コード:0799RZ5 価格:¥113,700
(税込¥122,796)
AT-GS900/8PS (RoHS)
コード:0799R 価格:¥98,800
(税込¥106,704)
マニュアル
特長仕様外観図構成図データシートPDF

特長
IEEE 802.3at PoE+
IEEE 802.3at準拠のPoE+機能を搭載しており、1本のイーサネットケーブルで通信データと高出力な電力を供給することが可能です。
10/100/1000BASE-Tポートのうち4ポートが対応しており、ポートあたり最大30W、装置あたり最大75Wの電源供給が可能です。
EAP/BPDU透過機能
EAPパケットを透過しますので、802.1X認証を行っているレイヤー2/3スイッチと端末の間に本製品を設置することが可能です。また、BPDUを透過しますので、スパニングツリーの段数制限の対象になることなく、スパニングツリー構成を拡張することが可能です。
フローコントロール機能
(IEEE 802.3x PAUSE/バックプレッシャー)
ジャム信号(バックプレッシャー)またはPAUSEフレーム(IEEE 802.3x)を使用して、接続機器との間でトラフィックの輻そうに関する相互制御を行います。これにより、通信中に過度なトラフィックが発生した場合、パケットの損失を防ぎ、正常な通信を維持することができます。
拡張性
オプション(別売)のSFPモジュールを使用することで、さまざまなメディアに対応し、柔軟なネットワークが構築できます。
省エネ機能
通常運用時の消費電力を抑える省エネ機能をサポートしています。
省電力モード
リンクダウン中のポートの電力消費を自動的に抑制します。
ケーブル長省電力
接続されたUTPケーブルの長さを自動的に検出し、消費電力を抑制します。
省エネ機能
*図中の消費電力は一般的に使用されるAC100V入力時の実測値です。仕様欄に記載されている平均・最大消費電力値とは異なります。

ファンレス設計
ファンレス設計で、動作音がしないため、設置場所を選びません。

仕様
準拠規格
IEEE 802.3 10BASE-T
IEEE 802.3u 100BASE-TX
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.3z 1000BASE-SX/LX※1
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3ah 1000BASE-BX10※1
IEEE 802.3af Power over Ethernet
IEEE 802.3at Power over Ethernet+
適合規格
安全規格UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EMI規格VCCIクラスA
EU RoHS 指令
通信速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps
ポート
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T(PoE-OUT、RJ-45コネクター)×4
 オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×4
 オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
SFPスロット×1
使用ケーブル
  非PoE PoE PoE+※5
10BASE-T UTPカテゴリー3以上 UTPカテゴリー5以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
100BASE-TX UTPカテゴリー5以上 UTPカテゴリー5以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
パフォーマンス
スイッチング方式ストア&フォワード方式
最大パケット転送能力(装置全体/64Byte)13.39Mpps
スイッチング遅延1000M ⇔ 1000M3.5μsec(64Byte)
100M ⇔ 100M3.6μsec(64Byte)
10M ⇔ 10M21.1μsec(64Byte)
スイッチング・ファブリック18Gbps
メモリー容量パケットバッファー256KByte
MACアドレス登録数8K(最大)
MACアドレス保持時間200〜400秒
サポート機能 HOLブロッキング防止、BPDU/EAP透過、フローコントロール、Jumboフレーム、省エネ機能(省電力モード、ケーブル長省電力)
LED
POWER (緑) 電源供給時に点灯
PoE LIMIT (緑) PoE 電源の電力使用量が70W 以上の場合に点灯75W以上の場合に点滅
L/A (緑) リンク確立時に点灯
パケット送受信時に点滅
PoE (緑) 受電機器に正常に電力を供給している時に点灯
受電機器への電力供給が停止した時に点滅
SFP (緑) SFP経由でリンク確立時に点灯
パケット送受信時に点滅
SPEED (緑) 1000Mbpsでリンク確立時に点灯
リンク未確立または10/100Mbpsでリンク確立時に消灯
電源部
定格入力電圧AC100-240V※2
入力電圧範囲AC90-264V※2
定格周波数50/60Hz
定格入力電流1.7A
最大入力電流(実測値)1.2A
平均消費電力49W(最大100W)
平均発熱量170kJ/h(最大380kJ/h)
ファンの有無
PoE
給電方式 オルタナティブA
最大供給電力 1ポートあたり 30W
装置全体 75W
環境条件
動作時温度0 〜 40℃
動作時湿度80%以下(ただし、結露なきこと)
保管時温度-20 〜 60℃
保管時湿度95% 以下(ただし、結露なきこと)
外形寸法
280(W)× 180(D)× 44(H)mm (突起部含まず)
質量
1.8 kg
パッケージ内容 本体、電源ケーブル※2、電源ケーブル抜け防止フック、19インチラックマウ ントキット(1式)、ゴム足(4個)、ユーザーマニュアル、英文製品情報※4、製品保証書、シリアル番号シール(2枚)
オプション
(別売り)

AT-PWRCBL-J01L・J01R

L字型コネクター電源ケーブル(左/右)※3
マグネットシートL 壁設置用磁石
AT-BRKT-J22 壁設置ブラケット
SFP モジュール

 AT-SPTXa

1000BASE-T(RJ-45コネクター)
 AT-SPSX 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
 AT-SPLX10 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
 AT-SPLX40 1000M SMF(40km)(2連LCコネクター)
 AT-SPZX80 1000M SMF(80km)(2連LCコネクター)
 AT-SPBDM-A・B 1000M MMF(550m)(LCコネクター)
 AT-SPBD10-13・14 1000BASE-BX10(LCコネクター)
 AT-SPBD40-13・14/I 1000M SMF(40km)(LC コネクター)
製品の設置方向について: AT-GS900/8PS
※1 SFPモジュール装着時。
※2 同梱の電源ケーブルはAC100V用です。
AC200V でご使用の場合は、設置業者にご相談ください。
※3 電源ケーブル抜け防止フックとの併用はできません。
※4 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※5 8線結線のストレートタイプのUTPケーブルをお勧めします。

外観図
 
AT-GS900/8PS (RoHS)




構成図
AT-GS900/8PS (RoHS)



2015年5月 現在


PAGE TOP