Solutions ソリューション

EPSR

リング構成冗長化ソリューション
Ethernet Protected Switched Ring

障害の検出と経路の切り替えをより高速に実現します

EPSRとは

  • イーサネットリングプロテクション機能である“EPSR”(Ethernet Protected Switched Ring)は、リング構成のネットワークに特化した、レイヤー2のループ防止・冗長化機能(RFC3619)です。トポロジーをリング構成に限定し、各スイッチの役割をあらかじめ固定することにより、障害の検出と経路の切り替えをより高速に行います。

  •  
    EPSR利用のリング型ネットワーク構成図

EPSRのメリット

  • ポイント1
  • 高速な切り替え

トポロジーをリング構成に限定し、各スイッチの役割をあらかじめ固定することにより、障害検出と経路切替えをより高速に行います。最短で50ms以内の高速な切替えを提供します。

経路切替前→↓経路切替後
  • ポイント2
  • 拡張性

スパニングツリープロトコル(STP)のような明示的な段数制限はないため、リングに所属するスイッチが10台、場合によっては100台単位になる大規模なネットワークにも適用することが可能です。

スパニングツリー利用時→↓EPSR利用時

EPSRの仕組み

構成要素
EPSRの構成要素
EPSRドメイン
リングの管理を行う単位で、制御用のVLANとデータ用のVLANで構成されます。
マスターノード
リングの制御を行うスイッチで、EPSRドメイン内に1台だけ設定可能です。
プライマリーポートとセカンダリーポートを設定します。
トランジットノード
EPSRドメイン内のマスターノード以外のスイッチをすべて「トランジットノード」と呼びます。
リングの状態監視、障害検出、通知、高速な切り替えを提供します。
コントロールVLAN
EPSRドメインを制御するためのVLANで、制御メッセージだけがやりとりされます。EPSRドメインに1つだけ設定します。
データVLAN
通常のトラフィックが運ばれるVLANで、EPSRドメイン内に複数設定可能です。
プライマリーポート
コントロールVLAN、データVLANの両方で、常に送受信が行えるポートです。
セカンダリーポート
コントロールVLANでは常に送受信が行えますが、データVLANでは通常はブロッキング状態です。リングに障害が発生するとデータVLANのブロック状態が解除され送受信が行えるようになります。
基本動作
通常時
マスターノードはプライマリーポートから“ヘルスチェック”メッセージを定期的に送信します。セカンダリーポートにて定期的に”ヘルスチェック”メッセージを受信できればリングの状態が正常であると判断します。
ネットワーク運用状態の確認
障害検出時
以下いずれかが発生した場合にリングに障害が発生したと判断し、経路の切り替えを行います。
・“ヘルスチェック”メッセージをマスターノードのセカンダリーリポートで一定回数受信できない場合
・リング内のいずれかのノードより、リンクダウン検出を通知された場合
切り替わり時の動作の詳細は下記「詳細機能説明資料」をご参照ください。

ソリューション
EPSRソリューションで、簡単設定 ・シンプル配線

  • 課題
  • スタートポロジだとフロアスイッチの配線が複雑でコストも高くなってしまう

  • 解決策
  • EPSRなら配線をシンプル化、線材コストも大幅に圧縮

一般的な縦長のビルや、建物の間が離れている工場、鉄道の各駅を結ぶネットワークなどの構築に階層型(スター型)構成のネットワークを利用すると、ケーブルの費用が増えたり、物理的に敷設が不可能な場合があります。
リング型トポロジーを使用することでネットワーク機器への投資とケーブルなどの敷設コストを抑えることができます。

スター型トポロジー
→↓リング型トポロジー

スター型構造では、長さでリング型の5.5倍、本数で1.8倍のケーブルが必要となります。スター型とリング型では建屋が高層になるほどケーブルと工事にかかるコスト差が広がります。

リング型接続にすれば、何十階建てのビルでもUTPだけで構成することも可能です。光ケーブル敷設や機器へのSFPモジュール増設等のコストがかかりません。

  • ポイント
  • 低コスト

■EPSRのマスターノード以外のスイッチは安価なL2スイッチから選定が可能なため、ネットワーク機器にかかる費用の総計を最小限に抑えることが可能

■リング内の全スイッチをL3スイッチで構成することで、リング内に流れるトラフィックを抑制し、回線コストを削減するといった効率重視のネットワーク設計を選択することも可能

  • 課題
  • ブロッキングポートやルートブリッジの選出などSTPは思い通りに動かすための設計が難しい

  • 解決策
  • EPSRなら簡単に設定

マスターノードに1つのブロックポート(セカンダリーポート)を設定するだけで済み、STPの設計で困難な“どのスイッチのどのポートをブロックにするか”という構築・運用上の障壁はありません。そのため、設計者・運用管理者双方にとって、リング構成の設計・導入に対する敷居が低くなります

ラインナップ
すべてのインテリジェントスイッチでEPSRをサポートし、産業用スイッチではERPS対応した充実したラインナップ

EPSRとERPS(G.8032)

アライドテレシスではすべてのインテリジェントスイッチでEPSRをサポートします。さらに産業用ネットワークで採用の多いERPS(ITU-T G.8032)も一部製品でサポートしています。
それぞれの特長から、適切な方式をお選びいただけます。

  EPSR ERPS
準拠標準 RFC3619 ITU-T G.8032
特長 ・最短50ms未満での高速フェールーオーバー
・全インテリジェントスイッチで標準サポート
・鉄道、学校など多くの導入・稼働実績
・最短50ms未満での高速フェールーオーバー
・産業用ネットワークで多く採用されているため、マルチベンダーのリングを構成可能
対応機器 全インテリジェントスイッチ※ 一部インテリジェントスイッチ※
ライセンス 不要※ 必要(FL10)※

※EPSRトランジットにはすべてのAW+搭載スイッチが対応しています。EPSRマスターおよびERPSに対応する機種および必要なライセンスはライセンスページのライセンス一覧表をご覧ください。

設定例集

導入事例