set originator-id

モード: ルートマップモード
カテゴリー: IP / 経路制御(フィルタリング)


(config-route-map)# set originator-id A.B.C.D

(config-route-map)# no set originator-id


(BGP用)ルートマップエントリーにset originator-id節を追加する。
no形式で実行した場合はエントリーからset originator-id節を削除する。

set originator-id節は、ルートマップエントリーにマッチしたBGP経路エントリーに指定した内容のORIGINATOR_ID属性を付加する。

ORIGINATOR_ID属性は、該当経路を最初に学習したI-BGPピアのBGP識別子(ルーターID)を示す。ルートリフレクション使用時に経路情報のループを防ぐために使われる(RFC2796による拡張属性)。


パラメーター

A.B.C.D 経路を最初に学習したI-BGPスピーカーのルーターID


コマンドツリー

route-map (グローバルコンフィグモード)
    |
    +- set originator-id(ルートマップモード)

関連コマンド

show route-map(非特権EXECモード)



(C) 2015 - 2019 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-002107 Rev.AA