ip pim ssm

モード: グローバルコンフィグモード
カテゴリー: IPマルチキャスト / PIM


(config)# ip pim ssm {default|range {LISTNUM|LISTNAME}}

(config)# no ip pim ssm


(PIM-SM)PIM-SSMを有効にし、SSM(Source Specific Multicast)で使用するマルチキャストグループアドレスの範囲(SSMレンジ)を変更する。
no形式で実行した場合はPIM-SSMを無効にし、SSMレンジの設定を削除する。
初期設定は無効。

PIM-SSM有効時、SSMレンジ内のマルチキャストグループに対しては、PIM-SMの(*,G)状態や(S,G,rpt)状態が生成されない。これらのグループに対して、マルチキャスト受信者はIGMPバージョン3で(S,G)指定のJoinを行う必要がある。(S,G) Joinを受けたPIM-SSM対応のラストホップルーター(受信者の接続されているPIMルーター)は、最初から該当グループ(G)のマルチキャスト送信者(S)に向けて(S,G) Joinを送信し、最短ツリー(SPT)経由でトラフィック配送を受ける。また、ファーストホップルーターは通常のRegister動作を行わずに、明示的に(S,G) Joinを受けたときだけトラフィックを転送する。

なお、マルチキャスト受信者がIGMPバージョン3に対応していない場合は、SSMマッピング機能(ip igmp ssm-map enableコマンド、ip igmp ssm-map staticコマンド)を利用して、IGMPバージョン1/2の(*.G) JoinをIGMPバージョン3の(S,G) Join相当に変換することができる。


パラメーター

default 標準のSSMレンジ232.0.0.0/8を使用する場合に指定する
range {LISTNUM|LISTNAME} 標準IPアクセスリスト。任意のSSMレンジを使用する場合に指定する。SSMレンジ内のグループアドレスをpermitするよう設定しておくこと
LISTNUM := <1-99>
  標準IPアクセスリスト番号
LISTNAME 標準IPアクセスリスト名


使用例

■ PIM-SSMを有効にする。SSMレンジは標準で規定されているもの(232.0.0.0/8)を使う。

awplus(config)# ip pim ssm default


注意・補足事項

■ PIM-SSMはPIM-SMを拡張したプロトコルであるため、PIM-SSMを使用する場合はマルチキャストルーティングを行う各インターフェースにおいてPIM-SM(ip pim sparse-modeコマンド)とIGMP(ip igmpコマンド)の設定も必要。なお、PIM-SSMの動作ではランデブーポイント(RP)を使わないため、SSMレンジ内のマルチキャストグループだけを使用する場合はRPやBSRの設定は不要。一方、SSMレンジ外のマルチキャストグループに対しては通常のPIM-SM動作を行うため、SSMレンジ外のマルチキャストグループも使用する場合はRPやBSRの設定も必要となる。

■ 本コマンドで標準外のSSMレンジを指定した場合、ip igmp ssmコマンドでIGMPが認識するSSMレンジも変更する必要がある。


コマンドツリー

configure terminal (特権EXECモード)
    |
    +- ip pim ssm(グローバルコンフィグモード)

関連コマンド

access-list standard(グローバルコンフィグモード)
access-list(standard)(グローバルコンフィグモード)
ip igmp(インターフェースモード)
ip igmp ssm(グローバルコンフィグモード)
ip igmp ssm-map enable(グローバルコンフィグモード)
ip igmp ssm-map static(グローバルコンフィグモード)
ip pim sparse-mode(インターフェースモード)
show ip igmp groups(非特権EXECモード)



(C) 2015 - 2017 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-002105 Rev.L