<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #121

トンネリングによるIPv6インターネット接続(PPPoEアドレス1個固定環境)


IPv6 over IPv4トンネリングによってIPv6インターネットに接続します。この例では、インターネットサービスプロバイダー(ISP)とPPPoEで接続(IPv4グローバルアドレス1個固定)していることを前提に、ISPが提供するIPv6トンネル接続サービスを利用してグローバルIPv6ネットワークに接続します。IPv4では、ダイナミックENATで1個のアドレスを共用し、ファイアウォールで外部からの不正アクセスを防止します。一方、IPv6では、IPv6フィルターを使って外部からの不正アクセスを防止しつつ、内部からは自由にIPv6インターネットにアクセスできるようにします。

IPv6 over IPv4トンネリングではIPv4を利用してIPv6の接続性を得るため、最初にIPv4の設定が必要になります。本例では、PPPoEを使ってISPと接続します。

IPv4は、次のような方針で設定を行います。


IPv4までの基本設定を次にまとめます。

表 2:ルーターの基本設定
WAN側物理インターフェース eth0
WAN側(ppp0)IPアドレス 12.34.56.78/32(固定)
LAN側(vlan1)IPアドレス 192.168.10.1/24
DHCPサーバー機能 無効


次にIPv6の設定を行います。


IPv6の基本設定を次にまとめます。

表 4:ルーターのIPv6基本設定
WAN側インターフェース virt0(トンネル)
WAN側(virt0)IPv6アドレス リンクローカルアドレスのみ
LAN側(vlan1)IPv6アドレス 3ffe:1:1:1::1/64



ルーターの設定

  1. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェースを作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  2. ISPから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。






  3. IPモジュールを有効にします。


  4. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  5. WAN側(ppp0)インターフェースにISPから割り当てられたIPアドレスを設定します。


  6. デフォルトルートを設定します。


  7. ファイアウォール機能を有効にします。


  8. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシー「net」を作成します。


  9. ICMPパケットはPing(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。


    Note - デフォルト設定では、ICMPはファイアウォールを通過できません。

  10. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、ただちにTCP RSTを返すよう設定します。


  11. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。


  12. LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがENAT機能を使用できるよう設定します。グローバルアドレスには、ppp0のIPアドレスを使用します。


  13. ここからがIPv6の設定です。最初に、ISP側終端点(1.2.3.4)からルーター(12.34.56.78)に宛たIPv6トンネリングパケット(IPプロトコル番号41)を通過させるファイアウォールルールを追加します。


  14. IPv6モジュールを有効にします。


  15. LAN側(vlan1)インターフェースにIPv6アドレス3ffe:1:1:1::1/64を設定します。「PUBLISH=YES」は、LAN上にプレフィックスなどを通知するよう指示するものです。IPv6対応クライアントホストは、ルーターから通知を受けることにより、自身のアドレスとデフォルトゲートウェイを自動設定できます。


  16. ルーター通知(RA)を有効にします。これにより、「PUBLISH=YES」と指定されたインターフェースでプレフィックスなどの通知を行うようになります。


  17. ISPとの間にIPv6 over IPv4トンネルを作成します。LOCALにはルーター側終端IPv4アドレス、TARGETにはISP側の終端IPv4アドレスを指定します。本コマンドを実行することにより、仮想的なIPv6インターフェース(virt0)が作成され、リンクローカルアドレスが自動設定されます。IPv6的にはvirt0が外部(WAN側)インターフェースとなります。


  18. IPv6のデフォルトルートをトンネルインターフェース(virt0)側に向けて設定します。


  19. 外部からのIPv6トラフィックを制限するため、IPv6フィルターの設定を行います。最初に、トンネルインターフェース(virt0)に適用するIPv6フィルター「1」を作成します。


  20. IPv6フィルター「1」をトンネルインターフェース(virt0)に適用します。


  21. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


メモ

■ IPv6インターフェースの情報はSHOW IPV6 INTERFACEコマンドで確認できます。


■ IPv6トンネルの情報はSHOW IPV6 TUNNELコマンドで確認できます。


■ IPv6フィルターには、条件を指定するさまざまなパラメーターがあります。詳しくはコマンドリファレンスをご覧ください。

■ IPv6フィルターはパラメーターが多いため、コマンドラインが長くなりがちです。コマンドラインの入力文字数制限によりコマンドを入力できない場合は、省略形を使ったり、コマンドを複数行に分けるなどして対処してください。

■ IPv6フィルターの設定状況を確認するには次のコマンドを使います。


■ どのIPv6インターフェースにどのソフトウェアIPフィルターが適用されているかを確認するには、次のコマンドを使います。


■ IPv6インターフェースからIPv6フィルターを削除するには、SET IPV6 INTERFACEコマンドのFILTERパラメーターにNONEを指定します。IPv6インターフェースvirt0からIPv6フィルターの適用を取り消すには、次のようにします。


■ 本設定では、ルーター起動直後にPPPoEセッションが確立され、以後常時接続された状態となります。したがって、PPPoEセッションの切断、再接続は手動で行う必要があります。


■ ファイアウォールで遮断されたパケットのログをとるには、次のコマンドを実行します。


記録されたログを見るには、次のコマンドを実行します。ここでは、「TYPE=FIRE」により、ファイアウォールが出力したログメッセージだけを表示させています。

まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY USER=user@isp PASSWORD=isppasswd LQR=OFF BAP=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=12.34.56.78 MASK=255.255.255.255
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXTHOP=0.0.0.0
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net RULE=1 AC=ALLOW INT=ppp0 PROTO=41 IP=12.34.56.78 GBLIP=12.34.56.78 REMOTEIP=1.2.3.4
ENABLE IPV6
ADD IPV6 INT=vlan1 IP=3ffe:1:1:1::1/64 PUBLISH=YES
ENABLE IPV6 ADVERTISE
ADD IPV6 TUNNEL LOCAL=12.34.56.78 TARGET=1.2.3.4
ADD IPV6 ROUTE=::/0 INT=virt0 NEXT=::
ADD IPV6 FILTER=1 SOURCE=:: ACTION=INCLUDE
SET IPV6 FILTER=1 ENTRY=1 DEST=3ffe:1:1::/48 PROTO=TCP SESS=ESTABLISHED
ADD IPV6 FILTER=1 SOURCE=:: ACTION=INCLUDE
SET IPV6 FILTER=1 ENTRY=2 DEST=3ffe:1:1::/48 PROTO=UDP SPORT=53
ADD IPV6 FILTER=1 SOURCE=:: ACTION=INCLUDE
SET IPV6 FILTER=1 ENTRY=3 DEST=:: PROTO=ICMP ICMPTYPE=ANY ICMPCODE=ANY
SET IPV6 INT=virt0 FILTER=1





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #121

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)