<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #168

PPPoEによる端末型インターネット接続 WAN回線バックアップ構成


PPPoEを使ってインターネットサービスプロバイダー(ISP)に接続します。WAN回線を2つ用意しインターフェーストリガー機能を利用してメイン回線に障害が発生したときにバックアップ回線に切り替えることができる構成です。


ISPからは次の情報を提供されているものとします。

表 1:ISPから提供された情報
 
ISP-A
ISP-B
PPPユーザー名 user@ispA user@ispB
PPPパスワード isppasswdA isppasswdB
PPPoEサービス名 指定なし 指定なし
IPアドレス グローバルアドレス1個(動的割り当て) グローバルアドレス1個(動的割り当て)
DNSサーバー 接続時に通知される 接続時に通知される


ルーターは接続時にアドレスを1つ割り当てられる端末型の基本設定です。ダイナミックENATで1個のアドレスを共用し、ファイアウォールで外部からの不正アクセスを防止します。また、LAN側クライアントの設定を簡単にするため、DNSリレーとDHCPサーバーも利用します。

以下、ルーターの基本設定とDHCPサーバーの設定についてまとめます。

表 2:ルーターの基本設定
WAN側物理インターフェース eth0 eth1
WAN側IPアドレス 接続時にISPから取得する(ppp0) 接続時にISPから取得する(ppp1)
LAN側IPアドレス 192.168.10.1/24(vlan1)
DHCPサーバー機能 有効


表 3:ルーターのDHCPサーバーの設定
DHCPポリシー名 BASE
使用期限 7200(秒)
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトルート 192.168.10.1
DNSサーバー 192.168.10.1
DHCPレンジ名 LOCAL
提供するIPアドレスの範囲 192.168.10.100〜192.168.10.131(32個)


WAN回線はISP-A(ppp0インターフェース)をメイン回線とします。このメイン回線に障害が発生しppp0インターフェースがダウンした場合、インターフェーストリガー機能でバックアップ用のISP-B(ppp1インターフェース)の回線に切り替えるスクリプトを実行します。メイン回線が復旧しppp0インターフェースがアップしたら、バックアップ回線を切断し元のメイン回線に戻します。

ここでは、次のようなネットワーク構成を例に解説します。


ルーターの設定

  1. メイン回線用のWAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェースを作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  2. ISP-Aから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  3. バックアップ回線用のWAN側Ethernetインターフェース(eth1)上にPPPインターフェースを作成します。「OVER=eth1-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  4. ISP-Bから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  5. バックアップ回線用のPPP1インターフェースを無効にします。


  6. IPモジュールを有効にします。


  7. IPCPネゴシエーションで与えられたIPアドレスをPPPインターフェースで使用するように設定します。


  8. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  9. メイン回線用のWAN側(ppp0)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。ISPとの接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  10. バックアップ回線用のWAN側(ppp1)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。ISPとの接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  11. デフォルトルートを設定します。


  12. DNSリレー機能を有効にします。


  13. DNSリレーの中継先を指定します。通常、中継先にはDNSサーバーのアドレスを指定しますが、IPCPによりアドレスを取得するまでは不明であるため、ここではインターフェース名を指定します。


  14. ファイアウォール機能を有効にします。


  15. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシー「net」を作成します。


  16. ICMPパケットはPing(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。


    Note - デフォルト設定では、ICMPはファイアウォールを通過できません。

  17. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、ただちにTCP RSTを返すよう設定します。


  18. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。

    LAN側(vlan1)インターフェースをPRIVATE(内部)に設定します。


    メイン回線用のWAN側(ppp0)インターフェースをPUBLIC(外部)に設定します。


    バックアップ回線用のWAN側(ppp1)インターフェースをPUBLIC(外部)に設定します。


  19. LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがENAT機能を使用できるよう設定します。グローバルアドレスには、メイン回線ではppp0、バックアップ回線ではppp1のIPアドレスを使用します。


  20. LAN側PCのためにDHCPサーバー機能を有効にします。


  21. DHCPポリシー「BASE」を作成します。IPアドレスの使用期限は7,200秒(2時間)とします。


  22. DHCPクライアントに提供する情報を設定します。ここでは、DNSサーバーアドレスとして、ルーターのLAN側インターフェースのIPアドレスを指定しています。


  23. DHCPクライアントに提供するIPアドレスの範囲を設定します。


  24. トリガースクリプトを作成します。


  25. トリガー機能を有効にします。


  26. ppp0インターフェースがダウンした場合に、WAN回線をバックアップ回線用のppp1インターフェースに切り替えるスクリプトppp0down.scpを実行するトリガーを作成します。


  27. ppp0インターフェースがアップした場合に、WAN回線をメイン回線用のppp0インターフェースに切り替えるスクリプトppp0up.scpを実行するトリガーを作成します。


  28. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=user@ispA PASSWORD=isppasswdA LQR=OFF ECHO=ON
CREATE PPP=1 OVER=eth1-ANY
SET PPP=1 OVER=eth1-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=user@ispB PASSWORD=isppasswdB LQR=OFF ECHO=ON
DISABLE PPP=1
ENABLE IP
ENABLE IP REMOTEASSIGN
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=0.0.0.0
ADD IP INT=ppp1 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXTHOP=0.0.0.0
ENABLE IP DNSRELAY
SET IP DNSRELAY INTERFACE=ppp0
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp1
ENABLE DHCP
CREATE DHCP POLICY=BASE LEASETIME=7200
ADD DHCP POLICY=BASE SUBNET=255.255.255.0 ROUTER=192.168.10.1 DNSSERVER=192.168.10.1
CREATE DHCP RANGE=LOCAL POLICY=BASE IP=192.168.10.100 NUMBER=32 PROBE=ARP
ENABLE TRIGGER
CREATE TRIGGER=1 INTERFACE=ppp0 CP=IPCP EVENT=DOWN SCRIPT=ppp0down.scp
CREATE TRIGGER=2 INTERFACE=ppp0 CP=IPCP EVENT=UP SCRIPT=ppp0up.scp


スクリプト「ppp0down.scp」 [テキスト版]
ENABLE PPP=1
DEL IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp0 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp1 NEXT=0.0.0.0
SET IP DNSRELAY INTERFACE=ppp1


スクリプト「ppp0up.scp」 [テキスト版]
DISABLE PPP=1
DEL IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp0 NEXT=0.0.0.0
SET IP DNSRELAY INTERFACE=ppp0





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #168

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)