<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #177

PPPoEによる端末型インターネット接続+IPv6ブリッジによるフレッツ・スクウェアv6(NTT東日本)接続


NTT東日本のフレッツ・スクウェアv6(http://flets.com/square/what.html)に接続するための設定例です。

インターネットおよびフレッツ・スクウェアへの接続はPPPoE(ppp0、ppp1)経由で行い、フレッツ・スクウェアv6への接続はIPv6ブリッジ機能を用いてLAN側のネットワークから直接通信します。

表 1:ISPから提供されたインターネット接続情報
接続方式 PPPoE
PPPユーザー名 user@isp
PPPパスワード isppasswd
PPPoEサービス名 指定なし
WAN側IPアドレス(ppp0) グローバルアドレス1個(動的割り当て)

フレッツ・スクウェア v6 で閲覧できるコンテンツの中には、実態がフレッツ・スクウェアのサイトに存在しているコンテンツもあります。すべてのコンテンツを閲覧できるようにするためには、フレッツ・スクウェア v6 用のIPv6ブリッジの設定のほかに、フレッツ・スクウェアに接続するためのPPPoEの設定も必要になります。

表 2:フレッツ・スクウェアならびにフレッツ・スクウェアv6接続情報
接続方式 IPv4:PPPoE、IPv6:ブリッジ
pppユーザ名 guest@flets
pppパスワード guest
PPPoEサービス名 指定なし
WAN側IPアドレス(ppp1) グローバルアドレス1個(動的割り当て)
DNSサーバーアドレス 自動取得
フレッツ・スクウェア専用URL http://www.flets/
フレッツ・スクウェアv6専用URL http://flets-v6.jp/

フレッツ・スクウェア、およびフレッツ・スクウェア v6のコンテンツを閲覧するためには、以下のアドレス宛のパケットをフレッツ・スクウェア用インターフェース(ppp1)へルーティングする必要があります。

表 3:フレッツ・スクウェア ルーティングアドレス情報
IPアドレス
サブネットマスク
220.210.194.0 255.255.255.128

Note - 上記のルーティングアドレス情報は、平成22年1月20日現在の内容です。ネットワークに接続後、最新のルーティングアドレス情報は、http://flets.com/square/routing.html にて確認してください。

通常のインターネット通信はppp0経由、フレッツ・スクウェアへの接続はppp1経由となるため、PPPoEの設定は計2セッション分必要になります。また、フレッツ・スクウェア v6宛のパケットはブリッジ対象となるため、ppp0ではなくeth0インターフェースを通ります。

Note - WAN回線がフレッツ光ネクスト(NTT東日本)の場合、FletsSquare(V4)のユーザーIDが「guest@flets」ではなく「guest@v4flets-east.jp」となります。

ルーターの設定

  1. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にインターネット(ISP)接続用のPPPインターフェース「0」を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  2. ISPから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。



  3. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にフレッツ・スクウェア用接続用のPPPインターフェース「1」を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  4. フレッツ・スクウェア接続用のPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  5. IPモジュールを有効にします。


  6. IPCPネゴシエーションで与えられたIPアドレスをPPPインターフェースで使用するように設定します。


  7. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  8. インターネット接続用のWAN側(ppp0)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。ISPとの接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  9. フレッツ・スクウェア接続用のWAN側(ppp1)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。ISPとの接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  10. デフォルトルートを設定します。


  11. フレッツ・スクウェア関連のアクセスがppp1へルーティングされるようにスタティックルーティングの設定をします。

    Note - 上記のルーティングアドレス情報は、平成21年3月13日現在の内容です。ネットワークに接続後、最新のルーティングアドレス情報は、http://flets.com/square/routing.html にて確認してください。

  12. DNSリレー機能を有効にします。


  13. DNSリレーの中継先を指定します。通常、中継先にはDNSサーバーのアドレスを指定しますが、IPCPによりアドレスを取得するまでは不明であるため、ここではインターフェース名を指定します。


  14. 名前に「flets」と付く、フレッツ・スクウェア関連のドメインと、「flets-v6.jp」 と付く、フレッツ・スクウェア v6関連のドメインの名前解決はppp1経由で行なわれるよう、ドメイン振り分けの設定をします。

    Note - フレッツ・スクウェア および フレッツ・スクウェア v6関連の名前解決はフレッツ・スクウェア内に存在するDNSサーバーを使って行なわれます。

  15. ファイアウォール機能を有効にします。


  16. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシーを作成します。


  17. ICMPパケットはPing(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。

    Note - デフォルト設定では、ICMPはファイアウォールを通過できません。

  18. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、ただちにTCP RSTを返すよう設定します。


  19. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。
    LAN側インターフェース(vlan1)をPRIVATE(内部)に設定します。


    インターネット側WANインターフェース(ppp0)およびフレッツ・スクウェア側WANインターフェース(ppp1)をPUBLIC(外部)に設定します。


  20. LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがppp0およびppp1を通って送出される際、ENAT機能を使用できるよう設定します。グローバルアドレスには、ppp0およびppp1で動的に取得したIPアドレスを使用します。


  21. ブリッジモジュールを有効にします。


  22. WAN側(eth0)インターフェースにブリッジポートを作成します。

    Note - フレッツ・スクウェア v6宛のパケット(ブリッジ対象のパケット)はppp0ではなくeth0インターフェースを通るため、ブリッジ対象のインターフェースとしてはeth0を指定します。

  23. LAN側(vlan1)インターフェースにブリッジポートを作成します。


  24. ブリッジ対象のプロトコルを指定します。IPv6をブリッジする場合はtypeパラメータに「86dd」を指定します。


  25. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。

まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=user@isp PASSWORD=isppasswd LQR=OFF ECHO=ON
CREATE PPP=1 OVER=eth0-ANY
SET PPP=1 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=guest@flets PASSWORD=guest LQR=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ENABLE IP REMOTEASSIGN
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.1.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=0.0.0.0
ADD IP INT=ppp1 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INT=ppp0 next=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.194.0 MASK=255.255.255.128 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.199.160 MASK=255.255.255.224 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.199.192 MASK=255.255.255.224 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.196.0 MASK=255.255.255.128 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.196.128 MASK=255.255.255.192 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.198.0 MASK=255.255.255.192 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.199.144 MASK=255.255.255.240 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ENABLE IP DNSRELAY
ADD IP DNS INT=ppp0
ADD IP DNS domain=flets-v6.jp INT=ppp1
ADD IP DNS domain=flets INT=ppp1
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp1
ENABLE BRIDGE
ADD BRIDGE PORT=1 INT=eth0
ADD BRIDGE PORT=2 INT=vlan1
ADD BRIDGE PROTOCOL TYPE=86dd





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #177

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)