<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #41

PPPoEマルチセッションによる端末型インターネット接続(IPプロトコルに基づくポリシールーティング)


PPPoEマルチセッション接続環境において、IPポリシーフィルターを使用し、特定のプロトコルのトラフィックを所望の経路を経由するように設定します。この例は、ダイナミックENATで1個のグローバルアドレスを共用し、ファイアウォールで外部からの不正アクセスを防止します。


各ISPからは次の情報を提供されているものとします。

表 1:各ISPから提供された情報
 
ISP-A
ISP-B
PPPユーザー名 user@ispA user@ispB
PPPパスワード isppasswdA isppasswdB
PPPoEサービス名 指定なし 指定なし
IPアドレス 12.34.56.78/32(固定) 23.45.67.89/32(固定)


ルーターには、次のような方針で設定を行います。


以下、ルーターの基本設定についてまとめます。

表 2:ルーターの基本設定
WAN側物理インターフェース eth0
WAN側(ppp0)IPアドレス1 12.34.56.78/32(固定)
WAN側(ppp1)IPアドレス2 23.45.67.89/32(固定)
LAN側(vlan1)IPアドレス 192.168.10.1/24


IPポリシーフィルターは次のように設定します。




ルーターの設定

  1. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェース(ppp0)を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。


  2. ISP-Aから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  3. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェース(ppp1)を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。


  4. ISP-Bから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  5. IPモジュールを有効にします。


  6. ポリシーフィルターを作成します。ネットワーク「192.168.10.0/24」からのHTTPパケット(TCP80番)にはポリシー1を割り当てます。


  7. その他のトラフィックにはポリシー2を割り当てます。


  8. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。また、同インターフェースにポリシーフィルターを適用します。


  9. WAN側(ppp0)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  10. WAN側(ppp1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  11. 経路情報を設定します。ネットワーク「192.168.10.0/24」からのHTTPパケット(ポリシー1)はppp0を、その他のトラフィック(ポリシー2)はppp1を経由するよう設定します。


  12. ファイアウォール機能を有効にします。


  13. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシー「net」を作成します。


  14. ICMPパケットはPing(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。


    Note - デフォルト設定では、ICMPはファイアウォールを通過できません。

  15. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、ただちにTCP RSTを返すよう設定します。


  16. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。


  17. LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがENAT機能を使用できるよう設定します。グローバルアドレスには、ppp0およびppp1のIPアドレスを使用します。


  18. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。

まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ispA
SET PPP=0 OVER=eth0-ispA USER=user@ispA PASSWORD=isppasswdA LQR=OFF BAP=OFF ECHO=ON
CREATE PPP=1 OVER=eth0-ispB
SET PPP=1 OVER=eth0-ispB USER=user@ispB PASSWORD=isppasswdB LQR=OFF BAP=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ADD IP FILTER=1 TYPE=POLICY SO=192.168.10.0 SM=255.255.255.0 PROTOCOL=TCP DPORT=80 POLICY=1
ADD IP FILTER=1 TYPE=POLICY SO=0.0.0.0 POLICY=2
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0 POLICYFILTER=1
ADD IP INT=ppp0 IP=12.34.56.78 MASK=255.255.255.255
ADD IP INT=ppp1 IP=23.45.67.89 MASK=255.255.255.255
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp1 NEXT=0.0.0.0 POLICY=1
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INTERFACE=ppp0 NEXT=0.0.0.0 POLICY=2
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACHABLE
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp1





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #41

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)