<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #67

IPフィルター


IPフィルターは、IP、TCP、UDP、ICMPなどのヘッダー情報をもとに、パケットの通過・拒否を制御する機能です。この例では、IPフィルターの基本的な設定方法を、PPPoEインターネット接続環境におけるL2TP LAN間接続の構成例をもとに解説します。


各拠点は、ISPから次の情報を提供されているものとします。

表 1:ISPから提供された情報
PPPユーザー名 AAA BBB
PPPパスワード PasswordA PasswordB
PPPoEサービス名 指定なし 指定なし
IPアドレス 4.4.4.1/32 12.34.56.78/32


ルーターA、Bは共にダイナミックENATを使用した通常の端末型設定(アドレス1個固定)です。
以下、ルーターA、Bの基本設定についてまとめます。

表 2
 
ルーターA
ルーターB
WAN側物理インターフェース eth0 eth0
WAN側IPアドレス 4.4.4.1/32(ppp0) 12.34.56.78/32(ppp0)
LAN側IPアドレス 192.168.10.1/24(vlan1) 192.168.20.1/24(vlan1)


IPフィルターは、原則としてすべての通信を拒否する「デフォルト拒否」の設定とし、以下の通信だけを許可するよう設定します。



ルーターAの設定

  1. PPPoEおよびIPの設定を行います。



  2. L2TPの設定を行います。



  3. ファイアウォールの設定をします。



  4. ppp1インターフェースに適用するIPフィルター「1」の設定を行います。
    なお、IPフィルターの設定ではコマンドラインが長くなりがちなので、適宜省略形を用いてください。この例でも省略形を用いています。
    また、トラフィックフィルターとして動作させるために、TYPEパラメーターに TRAFFIC を指定します。


    Note - IPフィルターのデフォルト動作は「すべて拒否(EXCLUDE)」です。すなわち、明示的に指定した条件にマッチしなかったパケットはすべて破棄されます。この例では、上で設定したホストA、B、CからUNIXサーバーのTELNET、FTPポートへの通信以外はすべて拒否されます。


  5. IPフィルター「1」をppp1インターフェースに適用します。


    Note - 上記のIPフィルターはL2TPでカプセル化されたパケットをカプセル化を解除した後に適用する必要があるため、ppp1インターフェースに設定します。


  6. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。



ルーターBの設定

  1. PPPoEおよびIPの設定を行います。



  2. L2TPの設定を行います。



  3. ファイアウォールの設定を行います。



  4. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。




メモ

■ IPフィルターはパラメーターが多いため、コマンドラインが長くなりがちです。コマンドラインの入力文字数制限によりコマンドを入力できない場合は、省略形を使ったり、コマンドを複数行に分けるなどして対処してください。

また、コマンドパラメーターの詳細についてはコマンドリファレンスをご覧ください。

■ IPフィルターの設定状況を確認するには次のコマンドを使います。


■ どのIPインターフェースにどのIPフィルターが適用されているかを確認するには、次のコマンドを使います。


■ IPインターフェースからIPフィルターを削除するには、SET IP INTERFACEコマンドのFILTERパラメーターにNONEを指定します。IPインターフェースppp1からIPフィルターの適用を取り消すには、次のようにします。


■ 現在の設定内容を表示するには、次のコマンドを使います。

まとめ

ルーターAのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=OFF USER=user@ispA PASSWORD=isppasswdA LQR=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ADD IP INT=ppp0 IP=4.4.4.1 MASK=255.255.255.255
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXTHOP=0.0.0.0
ENABLE L2TP
ENABLE L2TP SERVER=BOTH
SET L2TP PASSWORD=l2tpA
ADD L2TP CALL=remote IP=12.34.56.78 TYPE=VIRTUAL REMOTE=remote PRECEDENCE=IN PASSWORD=l2tpB
CREATE PPP=1 OVER=TNL-remote IDLE=ON BAP=OFF LQR=ON
ADD IP INT=ppp1 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=192.168.20.0 MASK=255.255.255.0 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0 GBLIP=4.4.4.1
ADD FIREWALL POLICY=net RULE=1 AC=ALLOW INT=ppp0 PROTO=UDP GBLPO=1701 GBLIP=4.4.4.1 PO=1701 IP=4.4.4.1
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.4 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=TELNET PROT=TCP SESS=ANY
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.5 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=FTPDATA PROT=TCP SESS=ESTABLISHED
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.5 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=FTP PROT=TCP SESS=ANY
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.5 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=TELNET PROT=TCP SESS=ANY
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.6 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=FTPDATA PROT=TCP SESS=ESTABLISHED
ADD IP FILT=1 TYPE=TRAFFIC SO=192.168.20.6 SM=255.255.255.255 DEST=192.168.10.2 DM=255.255.255.255 AC=INCLUDE DPORT=FTP PROT=TCP SESS=ANY
SET IP INT=ppp1 FILT=1


ルーターBのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=OFF USER=user@ispB PASSWORD=isppasswdB LQR=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ADD IP INT=ppp0 IP=12.34.56.78 MASK=255.255.255.255
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.20.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXTHOP=0.0.0.0
ENABLE L2TP
ENABLE L2TP SERVER=BOTH
SET L2TP PASSWORD=l2tpB
ADD L2TP CALL=remote IP=4.4.4.1 TYPE=VIRTUAL REMOTE=remote PRECEDENCE=OUT PASSWORD=l2tpA
CREATE PPP=1 OVER=TNL-remote IDLE=ON BAP=OFF LQR=ON
ADD IP INT=ppp1 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=192.168.10.0 MASK=255.255.255.0 INT=ppp1 NEXT=0.0.0.0
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0 GBLIP=12.34.56.78
ADD FIREWALL POLICY=net RULE=1 AC=ALLOW INT=ppp0 PROTO=UDP GBLPO=1701 GBLIP=12.34.56.78 PO=1701 IP=12.34.56.78





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #67

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)