<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #105

L2TP+IPsecによるリモートアクセス型VPN(LNS/LAC)


L2TP + IPsec によるリモートアクセス型 VPN 接続(L2TP LAC および L2TP LNS)の設定です。ここでは、L2TP LNS リモートユーザーからの PPP 接続を PPPoE AC 機能を使用して受け入れた後、LAC・LNS 間の L2TP トンネルを IPsec (ESP) で暗号化し、リモートユーザーからの 通信を LNS へ転送するための設定を示します。


ルーターA は ISP から次の情報を提供されているものとします。

表 1:ルーターA に対してISPから提供された情報
PPPユーザー名 user@ispA
PPPパスワード isppasswdA
PPPoEサービス名 指定なし
IPアドレス 192.168.100.100/32(固定)


表 2:ルーターB に対してISPから提供された情報
PPPユーザー名 user@ispB
PPPパスワード isppasswdB
PPPoEサービス名 指定なし
IPアドレス 200.100.11.10/32(固定)


表 3:ルーターAの基本設定
WAN側物理インターフェース(ISP接続インターフェース) eth0
AC インターフェース(PPPoE クライアント接続インターフェース) vlan1
WAN側(ppp0)IPアドレス(ISP接続インターフェース) 192.168.100.100/32(固定)


表 4:ルーターBの基本設定
WAN側物理インターフェース eth0
WAN側(ppp0)IPアドレス 200.100.11.10/32(固定)
LAN側(vlan1)IPアドレス 192.168.5.1/24



L2TP関連の設定項目は次のとおりです。ルーターAはLACとして動作し、リモートユーザー(PC-1 または PC-2)からの認証パケットを受信すると、ルーターB(LNS) との間で L2TP接続を開始します。
L2TP確立後、再度、リモートユーザーとルーターB間でPPPネゴシエーションが開始されます。
この時、ルーターA(LAC)はリモートユーザーからのPPPパケットをルーターB(LNS)へ転送します。
同様に、ルーターB(LNS) からのPPPパケットはリモートユーザーへ転送します。

表 5:ルーターA(LAC)のL2TP設定
L2TPサーバーモード LAC
L2TPサーバーパスワード Password!
L2TPユーザー名 remote
L2TPアクション DATABASE


表 6:ルーターB(LNS)のL2TP設定
L2TPサーバーモード LNS
L2TPサーバーパスワード Password!
LAC(ルーターB)のアドレス 200.100.11.10
登録ユーザー名 test@example.com
登録パスワード router-b!
IPアドレスプール 100.100.10.10〜100.100.10.127


本設定例ではさらに、L2TP LAC・LNS 間のL2TPパケットをIPsecで暗号化します。IPsec関連の設定は次のとおりです。トランスポートモードを使用し、LAC・LNS 間の L2TPパケットのみを暗号化します。

表 7:IKEフェーズ1(ISAKMP SAのネゴシエーション)
ルーター間の認証方式 事前共有鍵(pre-shared key)
IKE交換モード Mainモード
事前共有鍵 secret(文字列)
Oakleyグループ 1(デフォルト)
ISAKMPメッセージの暗号化方式 DES(デフォルト)
ISAKMPメッセージの認証方式 SHA1(デフォルト)
ISAKMP SAの有効期限(時間) 86400秒(24時間)(デフォルト)
ISAKMP SAの有効期限(KByte数) なし(デフォルト)
起動時のISAKMPネゴシエーション 行わない


表 8:IKEフェーズ2(IPsec SAのネゴシエーション)
SAモード トランスポートモード
セキュリティープロトコル ESP(暗号+認証)
暗号化方式 DES
認証方式 SHA1
IPsec SAの有効期限(時間) 28800秒(8時間)(デフォルト)
IPsec SAの有効期限(KByte数) なし(デフォルト)
IPsecの適用対象IPアドレス 200.100.11.10:1701/udp ←→ 192.168.100.100:1701/udp
インターネットとの平文通信 行わない




ルーターA(LAC)の設定


  1. セキュリティーモードで各種設定を行うことのできるSecurity Officerレベルのユーザー「secoff」を作成します。パスワードは「secoff」とします。


  2. L2TPモジュールを有効にします。


  3. L2TPサーバーをLACモードで起動します。


  4. ACTIONパラメーターでDATABASEを指定することで、IPパラメーターで指定したLNSとの間にL2TPトンネルを張ります。また、LNSへのトンネル接続要求時にLNSが認証するためのパスワード「Password!」を設定します。


  5. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェースを作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  6. ISPから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。


  7. PPP テンプレートを作成します。本設定はPPP認証パケットを処理するために必要です。


  8. リモートユーザー側に対する設定を行います。
    AC サービス名、PPP 受信インターフェース、PPP 最大接続数を登録します。また、動的に作成された PPPインターフェースに対しては、PPP テンプレート「1」を適用します。また、リモートユーザー最大接続数を2台とします。


  9. Access Concentrator モジュールを有効にします。


  10. IPモジュールを有効にします。


  11. WAN側(ppp0)インターフェースにISPから割り当てられるIPアドレスを設定します。


  12. デフォルトルートをインターネット(ISP)側に向けます。


  13. 最初にISAKMP用の事前共有鍵(pre-shared key)を作成します。ここでは鍵番号を「1」番とし、鍵の値は「secret」という文字列で指定します(ルーターBと同じに設定)。


    Note - CREATE ENCO KEYコマンドは、コンソール上でログインしている場合のみ有効なコマンドです。そのため、EDITコマンド(内蔵スクリーンエディター)などで設定スクリプトファイル(.CFG)にこのコマンドを記述しても無効になりますのでご注意ください。

    Note - CREATE ENCO KEYコマンドで作成された鍵は、ノーマルモードでは、ルーターの再起動によって消去されます。暗号鍵を使用する場合は、必ずセキュリティーモードに移行して鍵が保存されるようにしてください。

  14. ルーターBとのIKEネゴシエーション要求を受け入れるISAKMPポリシー「i」を作成します。KEYには、前の手順で作成した事前共有鍵(鍵番号「1」)を、PEERには対向ルーターのIPアドレスを指定します。


  15. IPsec通信の仕様を定義するSAスペック「1」を作成します。鍵管理方式「ISAKMP」、プロトコル「ESP」、暗号化方式「DES」、認証方式「SHA」に設定します。この例ではすでにL2TPのトンネルが存在するため、デフォルトのトンネルモードは使用せずに、トランスポートモードを使用します。相手ルーターのUDP1701番ポート宛に送受信されるL2TPパケットだけを暗号化する形になります。


  16. SAスペック「1」だけからなるSAバンドルスペック「1」を作成します。鍵管理方式は「ISAKMP」を指定します。


  17. ISAKMPメッセージを素通しさせるIPsecポリシー「isa」を作成します。ポリシーの適用対象を、ローカルの500番ポートからリモートの500番ポート宛のUDPパケット(ISAKMP)に設定します。


    Note - ISAKMPを使用する場合は、必ず最初のIPsecポリシーでISAKMPメッセージが通過できるような設定を行ってください。「IPsecポリシー」は設定順に検索され、最初にマッチしたものが適用されるため、設定順序には注意が必要です。検索順はSHOW IPSEC POLICYコマンドで確認できます。また、検索順を変更するには、SET IPSEC POLICYコマンドのPOSITIONパラメーターを使用します。

  18. L2TPパケットを暗号化するIPsecポリシー「vpn」をPPPインターフェース「0」に対して作成します。鍵管理方式には「ISAKMP」を、PEERにはルーターBのIPアドレスを、BUNDLEには前の手順で作成したSAバンドルスペック「1」を指定します。また、LAD、LPORT、RAD、RPORTで対象となるパケットの条件を指定します。


  19. IPsecモジュールを有効にします。


  20. ISAKMPモジュールを有効にします。


  21. Security Officerレベルのユーザーでログインしなおします。


  22. 動作モードをセキュリティーモードに切り替えます。


    Note - セキュリティーモードでは、Security OfficerレベルでのTelnetログインが原則として禁止されています。セキュリティーモードにおいて、Security OfficerレベルでTelnetログインしたい場合は、あらかじめRSO(Remote Security Officer)の設定を行っておいてください(本章末尾のメモを参照)。

  23. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


ルーターB(LNS)の設定

  1. セキュリティーモードで各種設定を行うことのできるSecurity Officerレベルのユーザー「secoff」を作成します。パスワードは「secoff」とします。


  2. L2TPトンネル経由で接続してくるリモートユーザーのための設定を行います。
    リモートユーザーをユーザー認証データベースに登録します。


  3. L2TPの設定を行います。L2TPモジュールを有効にします。


  4. L2TPサーバーをLNSモードで起動します。


  5. LAC(ルーターA)からのトンネル接続要求時に認証するためのパスワード「Password!」を設定します。


  6. PPP テンプレートを作成します。本設定はPPP認証パケットを処理するために必要です。
    トンネル経由でユーザーが接続してきたときに動的に作成するPPPインターフェースのテンプレート「1」を作成します。
    接続時の認証はCHAP、PAPのどちらでも行えるようにし、アドレス割り当てにはIPアドレスプール「POOL」を使用します。


  7. IPアドレスプール「POOL」を作成し、リモートユーザーに割り当てるアドレスの範囲を指定します。


  8. LAC(ルーターB)からの接続時に動的作成するPPPインターフェースの雛形として、PPPテンプレート「1」を使うよう指定します。


  9. WAN側 Ethernetインターフェース(eth0)上にPPPインターフェースを作成します。
    「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  10. ISPから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  11. IPモジュールを有効にします。


  12. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  13. WAN側(ppp0)インターフェースにISPから割り当てられたIPアドレスを設定します。


  14. デフォルトルートを設定します。


  15. 最初にISAKMP用の事前共有鍵(pre-shared key)を作成します。ここでは鍵番号を「1」番とし、鍵の値は「secret」という文字列で指定します(ルーターAと同じに設定)。


    Note - CREATE ENCO KEYコマンドは、コンソール上でログインしている場合のみ有効なコマンドです。そのため、EDITコマンド(内蔵スクリーンエディター)などで設定スクリプトファイル(.CFG)にこのコマンドを記述しても無効になりますのでご注意ください。

    Note - CREATE ENCO KEYコマンドで作成された鍵は、ノーマルモードでは、ルーターの再起動によって消去されます。暗号鍵を使用する場合は、必ずセキュリティーモードに移行して鍵が保存されるようにしてください。


  16. ルーターBとのIKEネゴシエーション要求を受け入れるISAKMPポリシー「i」を作成します。KEYには、前の手順で作成した事前共有鍵(鍵番号「1」)を、PEERには対向ルーターのIPアドレスを指定します。


  17. IPsec通信の仕様を定義するSAスペック「1」を作成します。鍵管理方式「ISAKMP」、プロトコル「ESP」、暗号化方式「DES」、認証方式「SHA」に設定します。この例ではすでにL2TPのトンネルが存在するため、デフォルトのトンネルモードは使用せずに、トランスポートモードを使用します。相手ルーターのUDP1701番ポート宛に送受信されるL2TPパケットだけを暗号化する形になります。


  18. SAスペック「1」だけからなるSAバンドルスペック「1」を作成します。鍵管理方式は「ISAKMP」を指定します。


  19. ISAKMPメッセージを素通しさせるIPsecポリシー「isa」を作成します。ポリシーの適用対象を、ローカルの500番ポートからリモートの500番ポート宛のUDPパケット(ISAKMP)に設定します。


    Note - ISAKMPを使用する場合は、必ず最初のIPsecポリシーでISAKMPメッセージが通過できるような設定を行ってください。「IPsecポリシー」は設定順に検索され、最初にマッチしたものが適用されるため、設定順序には注意が必要です。検索順はSHOW IPSEC POLICYコマンドで確認できます。また、検索順を変更するには、SET IPSEC POLICYコマンドのPOSITIONパラメーターを使用します。


  20. L2TPパケットを暗号化するIPsecポリシー「vpn」をPPPインターフェース「0」に対して作成します。鍵管理方式には「ISAKMP」を、PEERにはルーターBのIPアドレスを、BUNDLEには前の手順で作成したSAバンドルスペック「1」を指定します。また、LAD、LPORT、RAD、RPORTで対象となるパケットの条件を指定します。


  21. IPsecモジュールを有効にします。


  22. ISAKMPモジュールを有効にします。


  23. Security Officerレベルのユーザーでログインしなおします。


  24. 動作モードをセキュリティーモードに切り替えます。


    Note - セキュリティーモードでは、Security OfficerレベルでのTelnetログインが原則として禁止されています。セキュリティーモードにおいて、Security OfficerレベルでTelnetログインしたい場合は、あらかじめRSO(Remote Security Officer)の設定を行っておいてください(本章末尾のメモを参照)。

  25. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


メモ

■ セキュリティーモードに移行すると、Telnet経由でルーターにログインすることができなくなります。セキュリティーモードでTelnetログインしたい場合は、あらかじめRSO(Remote Security Officer)コマンドを使ってログインを許可するホストのIPアドレスを指定しておく必要があります。

たとえば、ネットワーク192.168.10.0/24上のすべてのホストからTelnetログインを許可する場合は、次のようにします。

まとめ

ルーターA(LAC)のコンフィグ [テキスト版]
* 「#」で始まる行は、コンソールから入力しないと意味を持たないコマンドか、設定ファイル(.cfg)に記述しても無効なコマンドを示しています。詳細は本文の説明をご覧ください。
ADD USER=secoff PASS=secoff PRIVILEGE=SECURITYOFFICER
ENABLE L2TP
ENA L2TP SERVER=LAC
ADD L2TP USER=REMOTE ACTION=DATABASE PASS=Password! IP=200.100.11.10
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF USERNAME="user@ispA" PASSWORD="isppasswdA" LQR=OFF ECHO=ON
CREATE PPP TEMPLATE=1 BAP=OFF AUTHENTICATION=CHAP
ADD PPP ACSERVICE=REMOTE TEMPLATE=1 ACINTERFACE=vlan1 MAXSESSION=2
ENABLE PPP ACCESSCONCENTRATOR
ENABLE IP
ADD IP INT=ppp0 IP=192.168.100.100 MASK=255.255.255.255
ADD IP ROU=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXT=0.0.0.0
# CREATE ENCO KEY=1 TYPE=GENERAL VALUE="secret"
CREATE ISAKMP POLICY="i" PEER=200.100.11.10 KEY=1 SENDN=TRUE
CREATE IPSEC SASPEC=1 KEYMAN=ISAKMP PROTOCOL=ESP ENCALG=DES HASHALG=SHA MODE=TRANSPORT
CREATE IPSEC BUNDLE=1 KEYMAN=ISAKMP STRING="1"
CREATE IPSEC POLICY="isa" INT=ppp0 ACTION=PERMIT LPORT=500 RPORT=500 TRANSPORT=UDP
CREATE IPSEC POLICY="vpn" INT=ppp0 ACTION=IPSEC KEYMAN=ISAKMP BUNDLE=1 PEER=200.100.11.10
SET IPSEC POLICY="vpn" LAD=192.168.100.100 LPORT=1701 RAD=200.100.11.10 RPORT=1701 TRANSPORT=UDP
ENABLE IPSEC
ENABLE ISAKMP
# LOGIN SECOFF
# ENABLE SYSTEM SECURITY_MODE


ルーターB(LNS)のコンフィグ [テキスト版]
* 「#」で始まる行は、コンソールから入力しないと意味を持たないコマンドか、設定ファイル(.cfg)に記述しても無効なコマンドを示しています。詳細は本文の説明をご覧ください。
ADD USER=secoff PASS=secoff PRIVILEGE=SECURITYOFFICER
ADD USER=test@example.com PASS=router-b! LOGIN=no
ENABLE L2TP
ENABLE L2TP SERVER=LNS
ADD L2TP PASSWORD=Password!
CREATE PPP TEMPLATE=1 BAP=OFF MULTI=OFF IPPOOL="POOL" AUTHENTICATION=EITHER
CREATE IP POOL="POOL" IP=100.100.10.10-100.100.10.127
ADD L2TP IP=0.0.0.0-255.255.255.255 PPPTEMPLATE=1
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY USER=user@ispB PASSWORD=isppasswdB LQR=OFF BAP=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.5.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=200.100.11.10 MASK=255.255.255.255
ADD IP ROU=0.0.0.0 MASK=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXT=0.0.0.0
# CREATE ENCO KEY=1 TYPE=GENERAL VALUE="secret"
CREATE ISAKMP POLICY="i" PEER=192.168.100.100 KEY=1 SENDN=TRUE
CREATE IPSEC SASPEC=1 KEYMAN=ISAKMP PROTOCOL=ESP ENCALG=DES HASHALG=SHA MODE=TRANSPORT
CREATE IPSEC BUNDLE=1 KEYMAN=ISAKMP STRING="1"
CREATE IPSEC POLICY="isa" INT=ppp0 ACTION=PERMIT LPORT=500 RPORT=500 TRANSPORT=UDP
CREATE IPSEC POLICY="vpn" INT=ppp0 ACTION=IPSEC KEYMAN=ISAKMP BUNDLE=1 PEER=192.168.100.100
SET IPSEC POLICY="vpn" LAD=200.100.11.10 LPORT=1701 RAD=192.168.100.100 RPORT=1701 TRANSPORT=UDP
ENABLE IPSEC
ENABLE ISAKMP
# LOGIN SECOFF
# ENABLE SYSTEM SECURITY_MODE





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #105

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)