<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #9

ISDNによる端末型インターネット接続(DNSリレー/DHCPサーバー)


ISDN回線を使ってインターネットサービスプロバイダー(ISP)にダイヤルアップ接続します。接続時にアドレスを1つ割り当てられる端末型の基本設定に、DNSリレーとDHCPサーバーの設定を追加しています。ダイナミックENATで1個のアドレスを共用し、ファイアウォールで外部からの不正アクセスを防止します。

DNSリレーは、本ルーターに対するDNSリクエストを、他のサーバーにリレーする機能です。

クライアント側で本ルーターをDNSサーバーに指定しておけば、DNSサーバーのアドレスが変更されても、本ルーターに設定されているサーバーアドレスを変更するだけですみます。個々のクライアントの設定は変更する必要がないため、管理・保守効率が向上します。

ここでは、ISDN経由の端末型ダイヤルアップでISPに接続している環境でDNSリレーを使用するための設定例について説明します。

表 1:ISPから提供された情報
ISPアクセスポイントの番号 03-1234-5678
PPPユーザー名 ispuser
PPPパスワード isppasswd
使用できるIPアドレス グローバル1個(動的割り当て)
DNSサーバー 接続時に通知
接続形態 端末型ダイヤルアップ


この例では、DHCPサーバー機能を併用し、本製品自身をDNSサーバーとして使うよう各クライアントに通知しています。実際には、本製品は受け取ったDNSリクエストをISPのネームサーバーにリレーします。

表 2:ルーターの基本設定
ISDNコール名 ISP
WAN側物理インターフェース bri0
マルチリンクPPP(MP) 使用する
WAN側(ppp0)IPアドレス ISPから動的割り当て
LAN側(vlan1)IPアドレス 192.168.10.1/24
DHCPサーバー機能 使用する



表 3:ルーターのDHCPサーバーの設定
DHCPポリシー名 subnet10
使用期限 3600(秒)
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトルート 192.168.10.1
DNSサーバー 192.168.10.1(ISPのDNSサーバーへ転送)
DHCPレンジ名 ip10
提供するIPアドレスの範囲 192.168.10.128〜192.168.10.130(3個)



ルーターの設定

  1. ISPのアクセスポイントにダイヤルアップするISDNコール「ISP」を作成します。また、発呼に使用するインターフェースとしてbri0を指定します。


  2. PPPインターフェース「0」をISDNコール「ISP」上に作成します。


  3. ISPへの接続に必要なユーザー名とパスワードを設定します。また、ISPからIPアドレスを取得するため、「IPREQUEST=ON」を指定します。


  4. IPモジュールを有効にします。


  5. IPCPネゴシエーションでISPから割り当てられたIPアドレスを、PPPインターフェースで使用するよう設定します。


  6. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  7. WAN側(ppp0)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。これは、ISPとの接続が確立するまでIPアドレスが確定しないことを示します。


  8. デフォルトルートを設定します。


  9. DNSリレー機能を有効にします。


  10. 接続確立までISPのDNSサーバーアドレスが不明なため、DNSリクエストの転送先として、IPCPネゴシエーションを行うインターフェース名「ppp0」を指定します。


  11. ファイアウォール機能を有効にします。


  12. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシー「net」を作成します。


  13. ICMPはPingパケット(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。


  14. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、TCP-RSTを返すよう設定します。


  15. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。


  16. エンハンストNATの設定を行います。LAN側(vlan1)ホストのプライベートIPアドレスを、ISPから割り当てられたグローバルアドレス(ppp0のアドレス)に変換するよう設定します。


  17. 不要な発呼を防ぐため、LAN側からのMS-Networksパケット(UDPポートの137〜139番)を遮断するファイアウォールルールを作成します。


  18. DHCPサーバー機能を有効にします。


  19. DHCPポリシー「subnet10」を作成します。IPアドレスの使用期限は3,600秒(1時間)とします。


  20. クライアントに提供する情報を設定します。ここでは、DNSサーバーアドレスとして、ルーターのLAN側インターフェースのIPアドレスを指定しています。ここへ送られたDNSリクエストは、DNSリレー機能によりISPのDNSサーバーに転送されます。


  21. クライアントに提供するIPアドレスの範囲を設定します。ここでは、192.168.10.128〜192.168.10.130の3個を指定しています。


  22. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


メモ

■ ファイアウォールで遮断されたパケットのログをとるには、次のコマンドを実行します。


記録されたログを見るには、次のコマンドを実行します。ここでは、「TYPE=FIRE」により、ファイアウォールが出力したログメッセージだけを表示させています。


■ インターネット側からのPING(ICMP Echo Requestパケット)を拒否するには、次のようなIPフィルターをWAN側インターフェースに設定します。この例では、「LOG=HEADER」により、フィルターで拒否したパケットをログに記録しています。


記録されたログを見るには、次のコマンドを実行します。ここでは、「TYPE=IPFIL」により、IPフィルターが出力したログメッセージだけを表示させています。

まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
ADD ISDN CALL=ISP NUMBER=0312345678 PRECEDENCE=OUT INTREQ=bri0
CREATE PPP=0 OVER=ISDN-ISP IDLE=60 LQR=OFF BAP=OFF
SET PPP=0 USER=ispuser PASSWORD=isppasswd IPREQUEST=ON
ENABLE IP
ENABLE IP REMOTEASSIGN
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXT=0.0.0.0
ENABLE IP DNSRELAY
SET IP DNSRELAY INT=ppp0
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net RULE=1 ACTION=DENY INT=vlan1 PROTO=UDP PORT=137-139
ENABLE DHCP
CREATE DHCP POLICY=subnet10 LEASETIME=3600
ADD DHCP POLICY=subnet10 SUBNET=255.255.255.0 ROUTER=192.168.10.1 DNSSERVER=192.168.10.1
CREATE DHCP RANGE=ip10 POLICY=subnet10 IP=192.168.10.128 NUMBER=3 PROBE=ARP





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #9

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)