ライブラリー
導入事例
WEBカタログ
プレゼンテーション素材集
製品写真
製品外観図
メール配信サービス
導入事例
公益財団法人結核予防会 複十字病院
院内ネットワークを統合し、運用・管理の効率化をAMFで実現
公益財団法人結核予防会 複十字病院
公益財団法人結核予防会 複十字病院では、院内LANの更新にあたり、アライドテレシスのAMF(Allied Telesis Management Framework)対応製品を採用。病院情報システムとイントラネットを統合し一元的に運用・管理できるネットワークを実現した。
お客様プロフィール
■公益財団法人結核予防会 複十字病院
所在地 : 東京都清瀬市松山3-1-24
設立 : 1947年11月
病床数 : 339床
診察科目 : 18診療科
公益財団法人結核予防会 複十字病院
「質の高い温かな医療と看護を提供するとともに、医療連携を推進し地域社会が求める包括的な医療の実現」を理念に、結核・呼吸器、がん、生活習慣病の3つの専門医療を柱に医療を進める。医療連携を推進し、在宅医療、救急医療、災害時対応など地域医療の貢献にも取り組んでいる。
http://www.fukujuji.org
Top
がん診療、地域医療に注力する複十字病院
部門別の周辺システムがネットワーク運用の課題に
従来のネットワークを統合し、無線LANも導入
AMFにより院内LANを一元的に運用・管理
地域医療連携に向けて、さらなるネットワークの拡充を
がん診療、地域医療に注力する複十字病院
公益財団法人結核予防会 複十字病院 事務部長 菊地 とおる氏
公益財団法人結核予防会
複十字病院
事務部長
菊地 とおる氏
東京都清瀬市にある公益財団法人結核予防会 複十字病院は、日本の結核医療をリードしてきた結核研究所の臨床研究部として1947年に発足。その後、結核研究所付属病院と名称を変更するとともに機能の充実を図り、1989年に現在の複十字病院へと名称を変更。公益財団法人結核予防会(総裁:秋篠宮妃紀子殿下)のもとで、結核の研究と国内対策・国際技術支援とともに、呼吸器、がん、認知症、生活習慣病等の診療を進めている。
複十字病院は、呼吸器内科・外科、消化器内科・外科、乳腺外科をはじめとする18の診療科、さらに、一般病棟238床、療養病棟41床、結核病棟60床の計339床の入院病床を擁し、診療にあたっている。
複十字病院 事務部長の菊地 とおる氏は、「がん診療にはとくに力を入れていまして、東京都が認定する“東京都がん診療連携協力病院”に、北多摩北部医療圏(清瀬市、東久留米市、東村山市、西東京市、小平市)で唯一指定されました。専門的ながん医療を提供し、地域の医療機関と連携して治療を行うことにより、地域のがん診療の中核的な役割を担っています」と話す。
加えて、地域連携への取り組みも積極的だ。菊地氏は、「定期的に地域交流会を開催しています。この医療圏の医療・介護・福祉を担う皆さんと交流し、顔の見える関係を構築して、地域医療へ貢献できればと考えています」と言う。
Top
部門別の周辺システムがネットワーク運用の課題に
公益財団法人結核予防会 複十字病院 情報システム部長 呼吸器センター 呼吸器内科 博士(医学)早乙女 幹朗氏
公益財団法人結核予防会
複十字病院
情報システム部長
呼吸器センター 呼吸器内科
博士(医学)
早乙女 幹朗氏
公益財団法人結核予防会 複十字病院 放射線診療部 放射線技術科 科長代理 宇津木 康之氏
公益財団法人結核予防会
複十字病院
放射線診療部 放射線技術科
科長代理
宇津木 康之氏
複十字病院では1999年にはじめて院内LANを構築。2003年にオーダリングシステムを導入、HIS(病院情報システム)を運用してきた。そして、2009年には、HISのリプレースやフィルムレス運用を目的に、院内LANを刷新した。
2009年のネットワーク刷新にあたり選ばれたネットワーク機器はアライドテレシスであった。冗長化されたコア・スイッチから、フロア・スイッチ、エッジ・スイッチ、そしてネットワーク監視ソフトウェアなど、アライドテレシス製品が採用され、安定性の高い院内LANが構築された。
以来、ネットワークは複十字病院のインフラとして稼働してきたが、利用するうちに新たな課題も生まれてきたという。複十字病院 情報システム部長 呼吸器センター 呼吸器内科 博士(医学)の早乙女 幹朗氏は、「HISとイントラネットでそれぞれネットワークが分かれ、さらに、フルオーダリングシステムの周辺システムは各部門で独自にネットワークを構築していたため、運用・管理面が課題となっていました」と当時を振り返る。
ネットワークが分かれていたことによって、いくつかの課題が生まれていた。「何かトラブルが起きた時に原因をなかなか特定できないという問題がありました。また、それぞれの周辺システムでネットワークをもっているということで、セキュリティー対策もそれぞれのネットワークで行わなくてはならず、効率的とは言えない状況でした」と早乙女氏は言う。
複十字病院 放射線診療部 放射線技術科 科長代理の宇津木 康之氏も、「トラブル解決に時間がかかることに加えて、ネットワークを変更する際にも、手間や時間が掛かり、非効率でした」と語る。
Top
従来のネットワークを統合し、無線LANも導入
ラック内のアライドテレシス製品群
▲ラック内のアライドテレシス製品群
そこで、2015年に院内LANを更新するにあたっては、まず運用・管理面の改善が要件となった。万一トラブルが発生しても、すぐに原因が特定でき、対応ができることが求められた。そのためには、分離していたHISとイントラネット系のネットワークを統合し、低コストで効率よく院内LANを運用・管理できることが必要となった。
さらに、各部門で個別に運用・管理している周辺システムについては、点在していたサーバー類をサーバー室に集約するとともに、統合ネットワークと接続して、一元的に運用・管理ができるようにすることも要件だった。
そして今回、無線LANの導入も新たな要件になった。早乙女氏は、「シームレスに情報を伝えられるように、無線LANを導入することとしました。ですので、無線LANの安定稼働も院内LAN更新の重要なポイントでした」と語る。
アライドテレシスでは、これらの要件をもとに新たなネットワークを複十字病院に提案。仮想化技術を利用してHISとイントラネット系のネットワークを統合するとともに、周辺システムを新ネットワークに接続。運用・管理の負荷を軽減するために、AMF(Allied Telesis Management Framework)対応のネットワーク機器を提案した。AMFは、複数のネットワーク機器の一括設定や一括アップデート、遠隔地からの管理・設定変更、事前設定不要の機器交換といった運用を可能とするアライドテレシスが独自開発した機能だ。AMFの導入により運用・管理工数とコストの大幅な削減、障害時の自動復旧を実現する。
早乙女氏は、「AMFは、機器を交換しても自動的にコンフィグを投入してくれますので大変便利です。こうした自動化機能は、運用時の保守やメンテナンスコストの削減にも繋がります」とAMFを評価する。
Top
AMFにより院内LANを一元的に運用・管理
公益財団法人結核予防会 複十字病院 情報システム部 システム管理室 加藤 修一郎氏
公益財団法人結核予防会
複十字病院
情報システム部
システム管理室
加藤 修一郎氏
複数社の提案から入札を経て、アライドテレシスの提案が採用された。具体的なネットワーク構成としては、コア・スイッチにAMFマスターとして「SwitchBlade x8100シリーズ」を導入。コア・スイッチはCPU/電源が筐体内で冗長化されており、万一CPUや電源が故障してもネットワークには影響を及ぼさない設計となっている。 AMFメンバーとなるフロア・スイッチやエッジ・スイッチには、「AT-x510シリーズ」「AT-x210シリーズ」が、無線LANアクセスポイントには「AT-TQ3600」が導入された。またAT-TQ3600を収容するPoE+対応スイッチ「AT-x230シリーズ」が導入された。
病院の業務は24時間続くため、機器や回線の設置はスケジュールを調整しつつ、慎重に実施された。複十字病院 情報システム部 システム管理室の加藤 修一郎氏は、「ネットワークの切り替えは、
AMFマスター機器のコア・スイッチ SwitchBlade x8100シリーズ
▲AMFマスター機器のコア・スイッチ SwitchBlade x8100シリーズ
複数回に分けて行いました。大きなトラブルもなく切り替えは無事に完了しました」と語る。
導入にあたっては、無線LANの設置に注意したと宇津木氏は振り返る。「各部門でも無線を使う機器がありますので、干渉なども考慮したうえでの無線LAN設定となりました。放射線科の無線LANについては、画像などの重いデータを 多用してもネットワークに余裕を持てるように帯域制御を掛けています。そのため、画像データが原因で遅くなるということもありません」と話す。
Top
地域医療連携に向けて、さらなるネットワークの拡充を
AlliedView NMS SEでネットワークの管理を効率化
▲AlliedView NMS SEでネットワークの管理を効率化
今回、ネットワークの運用・管理ツールとして、ネットワークマネージメント・ソフトウェア「AlliedView NMS Standard Edition」が導入されている。加藤氏は、「1日1回は確認しており、必要な情報は十分に把握できています。また、ネットワークに何かあればそこですぐに分かるようになっています」と話す。使い勝手についても問題はないという。
HISとイントラネット系のネットワークを統合し、AMFで一元的な運用・管理を実現し、周辺システムとも接続。加えて、周辺システムのサーバー類などもサーバー室に集約したことで、「インフラの管理という観点では手間を低減できるようになりました。メンテナンスなども病院全体として考えると楽になっています」と早乙女氏は評価する。
宇津木氏も、「部門にあったサーバー類もシステム管理室で見てくれるようになり、手間はずいぶんと減りましたし、心配なところもなくなりました。良いネットワークを作っていただいて感謝しています」とアライドテレシスへの評価を語る。
新たな統合ネットワークを完成させた複十字病院では今後も、医療サービスの基盤となるネットワークの拡張、改善を続けていく。早乙女氏は、「これからは地域医療連携ということで、外部の施設や医療機関との情報のやり取りなども進んでいきます。こうした情報のやり取りでは、今まで以上にセキュリティーをきちっと確保することが必要になります。これからもアライドテレシスの支援を期待しています」と今後の展望を話した。
アライドテレシスではこれからも、ネットワーク製品や技術の提供を通じて、複十字病院のネットワークを積極的に支援していく。
Top
ネットワーク構成図
   
導入事例一覧へ


PAGE TOP