news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2019年1月9日

産業用オールギガビット・スイッチ「AT-IS130-6GP」をリリース

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、産業用オールギガビット・スイッチ「AT-IS130-6GP」の出荷を1月10日より開始します。

AT-IS130-6GPは、DINレールに設置可能なDC電源対応、オールギガのインダストリアル・ギガビット・スイッチです。10/100/1000BASE-Tポートを5ポート、さらにSFPスロットを1ポート装備しています。また、SFPスロットにオプション(別売)のSFPモジュールを追加することにより100/1000M光ポートの実装が可能です。

主な特長

  • 1. 産業用途に対応する堅牢な設計
  • 産業用途として求められる各種規格に準拠し、工場のような過酷な環境でも安心して使用できます。
  • 2. 動作時温度-40~75℃、ファンレス設計
  • 動作時温度-40℃~75℃に対応しているため、寒冷環境から高温環境への設置が可能です。ファンレス設計で、粉塵の吸い込みなどによる障害への不安もありません。また、保護等級IP30にも対応しています。
  • 3. 冗長可能なDC電源に対応
  • 産業用途では一般的なDC電源(PoE動作可)環境で動作することが可能です。
    また、2系統の電源入力に対応し、電源を冗長化することができます。1系統の電源がダウンした場合でも、もう1系統の電源で継続稼働が可能なため、業務に支障を与えることなくメンテナンスが可能です。
  • 4. DINレールと壁面への設置、快適な作業性
  • 本体付属の取付金具でDINレールへの設置、または、同梱のウォールマウントキットで壁面への設置が可能です。また、ポート、LEDを本体前面に集約配置し、電源入力部を本体天面に配置しています。DINレール取り付け後の信号回線系統と電源系統のケーブルワイヤリングを分別できるようにデザインされており現場の作業性を確保しています。
  • 5. 各種診断機能の実装
  • 電源断などの予期せぬ障害をアラーム出力端子から外部出力することが可能です。
    アラーム出力端子につながる機器として警報ランプやブザーなどを用いることで、障害の検知が容易となります。
  • 6. PoE+(IEEE 802.3at)をサポート
  • 従来のPoE(IEEE 802.3af)に加え、大容量給電が可能なPoE+(IEEE 802.3at)に対応しています。

新製品

製品名 標準価格(税別) リリース(出荷)日
AT-IS130-6GP 63,000円 1月10日
AT-IS130-6GP-Z1
(デリバリースタンダード保守1年付)
65,300円 1月10日
AT-IS130-6GP-Z5
(デリバリースタンダード保守5年付)
72,500円 1月10日
AT-IS130-6GP-Z7
(デリバリースタンダード保守7年付)
80,100円 1月10日

サポートチケットについては当社ホームページをご覧ください。