<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #157

IGMPプロキシー機能設定


IGMPプロキシー機能はHostからのIGMPパケットを上位のルーターに転送する機能です。マルチキャスト配送ツリーの下層部のネットワークのようにマルチキャストサーバー(Sender)からのストリームの経路が固定されているような環境でこの機能を利用することにより、通常ルーター間で必要なマルチキャストルーティングプロトコルを使用せずにマルチキャストパケットを転送することが可能です。

次のような構成のネットワークを例に、ルーターAとルーターB(ルーターCはBとほぼ同様の設定になります)の設定について解説します。


ルーターAはマルチキャストルーティングが設定されています。通常、マルチキャストパケットの転送にはルーターAとルーターBおよびルーターCはDVMRPなどのマルチキャストルーティングプロトコルが必要ですが、ルーターBおよびルーターCが各ホストからのIGMPパケットをプロキシーすることによりIGMPのみでルーターAと各ホスト間のマルチキャストパケットの転送が可能になります。

Note - マルチキャストサーバー(Sender)がIGMPプロキシー機能で構成されるマルチキャストの配送ツリーの頂点に存在しない場合(上記の構成ではルーターBやルーターCのVLANインターフェースに存在するいる場合)はPIMなどのマルチキャストルーティングプロトコルを使用してください。

ルーターAの設定

  1. IPモジュールを有効にします。


  2. 各インターフェースにIPアドレスを割り当てます。


  3. グループメンバー管理のためIGMPを有効にします。


  4. 各VLANインターフェースでIGMPを有効にします。


  5. DVMRPを有効にします。


  6. 各インターフェースでDVMRPを有効にします。


  7. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。



ルーターBの設定

(ルーターCの設定もほぼ同様です)
  1. IPモジュールを有効にします。


  2. マルチキャストサーバー(Sender)側に接続するeth0インターフェースにIPアドレスおよびIGMPプロキシーの転送方向をUPSTREAM(マルチキャストトラフィックが送信元に向かう方向)に設定します。


  3. マルチキャストクライアント(Host)側に接続するvlan1インターフェースにIPアドレスおよびIGMPプロキシーの転送方向をDOWNSTREAM(マルチキャストトラフィックが宛先に向かう方向)に設定します。


    Note - IGMPプロキシー機能を使用する際には、1つのUPSTREAM インターフェースと1つ以上のDOWNSTREAM インターフェースが必要です。

  4. グループメンバー管理のためIGMPを有効にします。


  5. 各VLANインターフェースでIGMPを有効にします。


  6. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。



ルーターCの設定


  1. IPモジュールを有効にします。


  2. マルチキャストサーバー(Sender)側に接続するeth0インターフェースにIPアドレスおよびIGMPプロキシーの転送方向をUPSTREAM(マルチキャストトラフィックが送信元に向かう方向)に設定します。


  3. マルチキャストクライアント(Host)側に接続するvlan1インターフェースにIPアドレスおよびIGMPプロキシーの転送方向をDOWNSTREAM(マルチキャストトラフィックが宛先に向かう方向)に設定します。


    Note - IGMPプロキシー機能を使用する際には、1つのUPSTREAM インターフェースと1つ以上のDOWNSTREAM インターフェースが必要です。

  4. グループメンバー管理のためIGMPを有効にします。


  5. 各VLANインターフェースでIGMPを有効にします。


  6. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。



まとめ

ルーターAのコンフィグ [テキスト版]
ENABLE IP
ADD IP INTERFACE=vlan1 IP=192.168.200.254
ADD IP INTERFACE=eth0 IP=192.168.100.254
ENABLE IP IGMP
ENABLE IP IGMP INTERFACE=eth0
ENABLE IP IGMP INTERFACE=vlan1
ENABLE DVMRP
ADD DVMRP INTERFACE=eth0
ADD DVMRP INTERFACE=vlan1


ルーターBのコンフィグ [テキスト版]
ENABLE IP
ADD IP INTERFACE=eth0 IP=192.168.200.1 IGMPPROXY=upstream
ADD IP INTERFACE=vlan1 IP=192.168.1.1 IGMPPROXY=downstream
ENABLE IP IGMP
ENABLE IP IGMP INTERFACE=eth0
ENABLE IP IGMP INTERFACE=vlan1


ルーターCのコンフィグ [テキスト版]
ENABLE IP
ADD IP INTERFACE=eth0 IP=192.168.200.2 IGMPPROXY=upstream
ADD IP INTERFACE=vlan1 IP=192.168.2.1 IGMPPROXY=downstream
ENABLE IP IGMP
ENABLE IP IGMP INTERFACE=eth0
ENABLE IP IGMP INTERFACE=vlan1





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #157

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)