<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)

CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #189

PPPoEマルチセッションによるフレッツ 光ネクスト サービス情報サイトとインターネット同時接続(NTT東日本)


PPPoEマルチセッションの設定例です。ここでは、PPPoEのセッションを2本使って、グローバルインターネットと、フレッツ 光ネクスト サービス情報サイトに同時接続します。各ネットワークへのパケット振り分けはスタティックな経路制御により行います。また、DNSリレー機能を利用して、フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト側と、その他(インターネット)の名前解決にはそれぞれのDNSサーバーを使うよう設定します。


ISPからは次の情報を提供されているものとします。

表 1:ISPから提供された情報
PPPユーザー名 user@isp
PPPパスワード isppasswd
PPPoEサービス名 指定なし
IPアドレス グローバルアドレス1個(動的割り当て)
DNSサーバー 接続時に通知される


フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト接続に関しては、次の情報を提供されています。

参考URL:NTT東日本 (2010年7月現在)
http://flets.com/next/square/connectv4/win/index.html#other

表 2:フレッツ 光ネクスト 情報サイト接続情報
PPPユーザー名 guest@v4flets-east.jp
PPPパスワード guest
PPPoEサービス名 指定なし
IPアドレス プライベートアドレス1個(動的割り当て)
プライベートネットワーク上で使われているドメイン v4flets-east.jp
DNSサーバー 接続時に通知される


ルーターには、次のような方針で設定を行います。

以下、ルーターの基本設定とDNSリレー、DHCPサーバー、ルーティングアドレスの設定についてまとめます。

表 3:ルーターの基本設定
WAN側物理インターフェース eth0
WAN側(ppp0)IPアドレス(1) 接続時にISPから取得する
WAN側(ppp1)IPアドレス(2) 接続時にサービス事業者から取得する
LAN側(vlan1)IPアドレス 192.168.10.1/24
DNSリレー機能 有効
DHCPサーバー機能 有効


表 4:ルーターのDNSリレーの設定
解決対象のドメイン
リレー先のDNSサーバー
v4flets-east.jp プライマリー 123.107.190.5(接続時に通知される)
セカンダリー 123.107.190.6(接続時に通知される)
その他ドメイン ISPのサーバー(接続時に通知される)

参考URL:NTT東日本
http://flets.com/customer/next/square/faq/faq_dns.html

表 5:フレッツ 光ネクスト サービス情報サイトルーティングアドレス情報
ルート情報
備考
123.107.190.0/24 スタティックルートを設定
220.210.194.0/25

参考URL:NTT東日本
http://flets.com/customer/next/square/faq/faq_routing.html

表 6:ルーターのDHCPサーバーの設定
DHCPポリシー名 BASE
使用期限 7200(秒)
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトルート 192.168.10.1
DNSサーバー 192.168.10.1
DHCPレンジ名 LOCAL
提供するIPアドレスの範囲 192.168.10.100〜192.168.10.131(32個)


Note - 上記のフレッツ 光ネクスト サービス情報サイト関係のルーティングアドレス情報は、平成22年7月1日現在の内容です。ネットワークに接続後、最新のルーティングアドレス情報は、フレッツ公式サイト(http://flets.com)にて確認してください。


ルーターの設定


  1. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にインターネット(ISP)接続用のPPPインターフェース「0」を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には、ISPから通知されたPPPoEの「サービス名」を記述します。ISPから指定がない場合は、どのサービス名タグでも受け入れられるよう、「ANY」を設定します。


  2. ISPから通知されたPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  3. WAN側Ethernetインターフェース(eth0)上にフレッツ 光ネクスト サービス情報サイト接続用のPPPインターフェース「1」を作成します。「OVER=eth0-XXXX」の「XXXX」の部分には「ANY」を設定します。


  4. フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト接続用のPPPユーザー名とパスワードを指定し、接続時にIPアドレス割り当ての要求を行うように設定します。LQRはオフにし、代わりにLCP Echoパケットを使ってPPPリンクの状態を監視するようにします。また、ISDN向けの機能であるBAPはオフにします。


  5. IPモジュールを有効にします。


  6. IPCPネゴシエーションで与えられたIPアドレスをPPPインターフェースで使用するように設定します。


  7. LAN側(vlan1)インターフェースにIPアドレスを設定します。


  8. インターネット接続用のWAN側(ppp0)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。ISPとの接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  9. プライベートネットワーク接続用のWAN側(ppp1)インターフェースにIPアドレス「0.0.0.0」を設定します。サービス事業者との接続が確立するまで、IPアドレスは確定しません。


  10. デフォルトルートをインターネット(ISP)側に向けます。


  11. フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト接続用の経路をスタティックに登録します。


  12. DNSリレー機能を有効にします。


  13. DNSリレーの中継先を指定します。最初に、インターネット上のドメイン名解決に使用するデフォルトのDNSサーバーとして、ISPのDNSサーバーを指定します。通常、中継先にはDNSサーバーのアドレスを指定しますが、IPCPでアドレスを取得するまでは不明であるため、ここではインターネット接続用のインターフェース名(ppp0)を指定します。


  14. フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト上のドメイン名「〜.v4flets-east.jp」に対するDNSリクエストは、フレッツ 光ネクスト サービス情報サイト接続用のDNSサーバーに中継します。通常、中継先にはDNSサーバーのアドレスを指定しますが、IPCPでアドレスを取得するまでは不明であるため、ここではプライベートネットワーク接続用のインターフェース名(ppp1)を指定します。


  15. ファイアウォール機能を有効にします。


  16. ファイアウォールの動作を規定するファイアウォールポリシー「net」を作成します。


  17. ICMPパケットはPing(Echo/Echo Reply)と到達不可能(Unreachable)のみ双方向で許可します。


    Note - デフォルト設定では、ICMPはファイアウォールを通過できません。

  18. ルーターのidentプロキシー機能を無効にし、外部のメール(SMTP)サーバーなどからのident要求に対して、ただちにTCP RSTを返すよう設定します。


  19. ファイアウォールポリシーの適用対象となるインターフェースを指定します。

  20. LAN側ネットワークに接続されているすべてのコンピューターがENAT機能を使用できるよう設定します。インターネット宛パケットの場合は、NATアドレスとしてppp0のIPアドレスを使用します。プライベートネットワーク宛パケットの場合は、NATアドレスとしてppp1のIPアドレスを使用します。


    Note - ファイアウォールのダイナミックENATでは、パケットがINTからGBLINTに転送されたときに、パケットの始点アドレスをGBLINTのアドレスに書き換えます。

  21. LAN側PCのためにDHCPサーバー機能を有効にします。


  22. DHCPポリシー「BASE」を作成します。IPアドレスの使用期限は7,200秒(2時間)とします。


  23. DHCPクライアントに提供する情報を設定します。ここでは、DNSサーバーアドレスとして、ルーターのLAN側インターフェースのIPアドレスを指定しています。


  24. DHCPクライアントに提供するIPアドレスの範囲を設定します。


  25. ブリッジモジュールを有効にします。


  26. WAN側(eth0)インターフェースにブリッジポートを作成します。


    Note - フレッツ・スクウェアv6宛のパケット(ブリッジ対象のパケット)はppp0ではなくeth0インターフェースを通るため、ブリッジ対象のインターフェースとしてはeth0を指定します。

  27. LAN側(vlan1)インターフェースにブリッジポートを作成します。


  28. ブリッジ対象のプロトコルを指定します。IPv6をブリッジする場合はtypeパラメータに「86dd」を指定します。


  29. 設定は以上です。設定内容をファイルに保存し、SET CONFIGコマンドで起動時設定ファイルに指定します。


メモ

■ 本設定では、ルーター起動直後にPPPoEセッションが確立され、以後常時接続された状態となります。したがって、PPPoEセッションの切断、再接続は手動で行う必要があります。

■ 常時接続ではなく、LAN側からWAN側に対して通信要求が発生したときに自動的にPPPoEセッションを確立し、無通信状態が60秒続いたときにPPPoEセッションを切断するには、次のコマンドを入力します。


■ DNSリクエストの転送先インターフェースを指定するコマンド(手順13〜14)は、実在するインターフェースに対して適用する必要があります。この例では、手順8〜9が手順13〜14よりも前に実行されるようにしてください。


特に、設定ファイル(*.cfg)を直接「EDIT」で編集する場合や、作成済みの設定ファイルをダウンロード(LOAD)する場合、手順が入れ替わらないように注意してください。コマンド順序の違いによるトラブルは、わかりにくいため注意が必要です。

■ PPP接続時にIPCPで取得したDNSサーバーアドレスは、SHOW PPP CONFIGコマンドで確認できます。「Primary DNS Address」、「Secondary DNS Address」欄をご覧ください。


または


■ DNSキャッシュ機能のエントリーテーブルを確認するには、SHOW IP DNS CACHEコマンドを使います。


■ あらかじめDNSサーバーアドレスがわかっている場合は、手順13〜14の代わりに、次のようにしてDNSサーバーを設定しておいてもかまいません。ただし、この場合は、ISP側の都合でアドレスが変更されると、手動で設定を変更する必要があります。


■ ファイアウォールで遮断されたパケットのログをとるには、次のコマンドを実行します。


記録されたログを見るには、次のコマンドを実行します。ここでは、「TYPE=FIRE」により、ファイアウォールが出力したログメッセージだけを表示させています。


■ インターネット側からのPING(ICMP Echo Requestパケット)を拒否するには、次のようなIPフィルターをWAN側インターフェースに設定します。この例では、「LOG=HEADER」により、フィルターで拒否したパケットをログに記録しています。


記録されたログを見るには、次のコマンドを実行します。ここでは、「TYPE=IPFIL」により、IPフィルターが出力したログメッセージだけを表示させています。


まとめ

ルーターのコンフィグ [テキスト版]
CREATE PPP=0 OVER=eth0-ANY
SET PPP=0 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=user@isp PASSWORD=isppasswd LQR=OFF ECHO=ON
CREATE PPP=1 OVER=eth0-ANY
SET PPP=1 OVER=eth0-ANY BAP=OFF IPREQUEST=ON USER=guest@v4flets-east.jp PASSWORD=guest LQR=OFF ECHO=ON
ENABLE IP
ENABLE IP REMOTEASSIGN
ADD IP INT=vlan1 IP=192.168.10.1 MASK=255.255.255.0
ADD IP INT=ppp0 IP=0.0.0.0
ADD IP INT=ppp1 IP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=0.0.0.0 INT=ppp0 NEXTHOP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=123.107.190.0 MASK=255.255.255.0 INT=ppp1 NEXTHOP=0.0.0.0
ADD IP ROUTE=220.210.194.0 MASK=255.255.255.128 INT=ppp1 NEXTHOP=0.0.0.0
ENABLE IP DNSRELAY
ADD IP DNS INT=ppp0
ADD IP DNS DOMAIN=v4flets-east.jp INT=ppp1
ENABLE FIREWALL
CREATE FIREWALL POLICY=net
ENABLE FIREWALL POLICY=net ICMP_F=PING,UNREACH
DISABLE FIREWALL POLICY=net IDENTPROXY
ADD FIREWALL POLICY=net INT=vlan1 TYPE=PRIVATE
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp0 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net INT=ppp1 TYPE=PUBLIC
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp0
ADD FIREWALL POLICY=net NAT=ENHANCED INT=vlan1 GBLINT=ppp1
ENABLE DHCP
CREATE DHCP POLICY=BASE LEASETIME=7200
ADD DHCP POLICY=BASE SUBNET=255.255.255.0 ROUTER=192.168.10.1 DNSSERVER=192.168.10.1
CREATE DHCP RANGE=LOCAL POLICY=BASE IP=192.168.10.100 NUMBER=32 PROBE=ARP
ENABLE BRIDGE
ADD BRIDGE PORT=1 INT=eth0
ADD BRIDGE PORT=2 INT=vlan1
ADD BRIDGE PROTOCOL TYPE=86dd





CentreCOM AR415S 設定例集 2.9 #189

(C) 2006-2013 アライドテレシスホールディングス株式会社

PN: 613-000668 Rev.L

<前頁 次頁> << >> 目次 (番号順 (詳細)回線別 (詳細)機能別 (詳細)