ライブラリー
導入事例
WEBカタログ
プレゼンテーション素材集
製品写真
製品外観図
メール配信サービス
導入事例
NTTインドネシア
NTTインドネシアの光回線サービスを支えるアライドテレシス
NTTインドネシア
アライドテレシスは、インドネシアへの進出企業、現地企業へ高品質・大容量のネットワークサービスと各種ICTサービスを組み合わせたソリューションを提供するNTTインドネシアの光回線サービスに高信頼のネットワーク 製品を納入し、同社のネットワーク基盤を支えている。
お客様プロフィール
■NTTインドネシア(PT. NTT Indonesia)
所在地 : Wisma 46 - Kota BNI, Suite 503, 5th
Floor Jl. Jend. Sudirman Kav. 1 Jakarta 10220, Indonesia
サービス開始 : 2000年10月

NTTインドネシア
▲NTTインドネシア 受付

事業内容:ネットワーク、データセンター/ホスティング、セキュリティー/ITマネージメントサービス、 システムコンサルティングサービスなどICTにかかわるサービスを総合的に提供し、現地へ進出する日系企業、および、現地企業のビジネスを支援している。
http://www.id.ntt.com/en/
Top
東南アジア最大の経済国インドネシアで顧客のICTソリューションを支援
光回線サービスにアライドテレシス製品を納入
「止まらないネットワーク」を支える高信頼のネットワーク製品
サポートも含め長期にわたり顧客との良好な関係維持を目指す
東南アジア最大の経済国インド
インドネシア ジャカルタ市
▲インドネシア ジャカルタ市
  インドネシアは、東南アジア最大の経済国として各国からの企業の新規進出や拠点追加、事業拡大などが加速している。これに伴い、進出企業における拠点間通信やクラウドサービスの利用なども増加しており、より高品質で安定的なネットワークサービスのニーズが高まっている。NTTコミュニケーションズ株式会社の子会社であるPT. NTT Indonesia(以下略称:NTTインドネシア)は、2000年10月のサービス開始以来、インドネシアへ進出した日系企業、および、現地企業の“グローバルICTパートナー”としてサービスを提供している。
  NTTインドネシアの現地スタッフによると、近年、特に金融系、商社、天然資源関連、製造業様を中心にインドネシアへ進出する企業が増えており、IT投資は非常に盛んになっているという。このような市場環境のもと同社では、日系で唯一インターネットを提供するライセンスを保有している通信事業者として、当初は通信を主体としたSIサービスを提供していたが、顧客から通信のみならず総合的に提供して欲しいとのニーズが増えてきたことから、現在では中心となるビジネスをデータセンター、クラウドサービスなどICTソリューションサービスの領域にシフトしている。
  中心ビジネスの変化とともに、柔軟な組織・職場環境を整備するため、2012年からフルIP化による組織変更が即日可能となる合理化施策として、オフィス・イノベーション・プロジェクトが実施され、2016年3月にはMM2100工業団地向けの光回線サービスの拡張に伴うリプレースが行われた。
Top
光回線サービスにアライドテレシス製品を納入
PT. NTT Indonesia Corporate Sales Division Sales Engineer 3 , Account Executive Ghea Lafinthia氏
PT. NTT Indonesia
Corporate Sales Division
Sales Engineer 3 ,
Account Executive
Ghea Lafinthia氏
  アライドテレシスは、NTTインドネシアのMM2100工業団地向けの光回線サービスプロジェクトであがった、ネットワークの信頼性をより高める、などの改善課題に基づく要件に対し提案を行い、ベンダー数社のコンペの結果、プロジェクトで使用されるネットワーク製品を納入した。
  採用理由について、NTTインドネシアの現地スタッフは、「特に重視したポイントは、機器の信頼性と短納期でした。機器については、すでにSBx3112を使用した実績もあるため信頼性の高さを評価していました。今回のプロジェクトでは、止まらないネットワークとオペレーションを実現できる機器の信頼性と、スケジュール通りに移行を進めるための納期が重要でした。これらのポイントに加え、5年間の製品保証もあり、サポート、技術的なアドバイスなどを含めて総合的に判断し採用を決定しました」と語る。
Top
「止まらないネットワーク」を支える高信頼のネットワーク製品
  MM2100工業団地向けの光回線サービスには、コア・スイッチに、CPU・電源・ファンなどの冗長化に対応するSwitchBlade x3112を2台導入し、基幹ネットワークの信頼性向上を実現している。また、エッジには、データ通信・IP電話・IPTVに対応するマルチサービスゲートウェイAT-iMG616BDシリーズを80台導入し、24時間365日の止まらないネットワークを支えている。
  導入効果について、NTTインドネシアの現地スタッフは、「工期がタイトな中で、作業も効率的に行うことができました。社内のコミュニケーションも円滑に行なうこと ができ、スケジュールの遅延もなくオペレーションを無事に完了することができました。 そのほかの点としては、採用したアライドテレシス製品は静音で発熱や消費電力も少ないので、エコの観点からも効果があると感じました。アライドテレシスは当社のパートナーですが今回のプロジェクトを通じて当社も製品のユーザーとなり、改めてお客様に実体験をもとにおすすめできると実感しました」と語る。
Top
サポートも含め長期にわたり顧客との良好な関係維持を目指す
ジャカルタ市
▲ジャカルタ市
  アライドテレシスは、インドネシアにあって、ソリューション・サービス・プロバイダーとして今後も進出企業、現地企業に顧客のニーズに合った高品質な製品・サービスを提供していく計画だ。NTTインドネシアの現地スタッフは、「インドネシアでは、データセンターサービスやクラウドサービスなどのソリューションサービスのニーズが拡大しています。今後も当社は、提供する各種サービスや機器の機能のみならず、技術アドバイスやサポート体制などを通じて、お客様との長期にわたる良好な関係維持を図り、進出企業様、現地企業様のビジネスの発展に寄与していきたいと考えています。このような観点からも、問題発生時の迅速な対応を含めアライドテレシスとのパートナーシップに期待しています」と語る。
  インドネシアへの進出企業、現地企業へ高信頼のネットワーク製品・サービスを提供し、顧客のICTソリューションを総合的に支援するアライドテレシスの一層の展開が期待されている。
Top
ネットワーク構成図
導入事例一覧へ


PAGE TOP