製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
一覧
アクセサリー
ケーブル/コネクター
価格表
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
エンハンスド・カテゴリー5ケーブルとカテゴリー6ケーブルの違い
エンハンスド・カテゴリー5とカテゴリー6ケーブル
エンハンスド・カテゴリー5ケーブルとカテゴリー6ケーブルの大きな違いは伝送に使用する周波数の帯域幅にあります。周波数とは、伝送信号の1秒あたりのサイクル(周期)数を表します。サイクル数が多い程、多くの情報を伝送することができます。
カテゴリー6ケーブルでは、エンハンスド・カテゴリー5ケーブルより優れた伝送性能を保証するため、伝送特性の基準値がより厳しく規定されています。その厳しい基準値を満たすために、アライドテレシスのケーブルでは各ペアの間に十字介在を挿入しています。
また、カテゴリー6ケーブルは、10GBASE-Tにも対応しているのも大きな特徴です。ネットワークインフラの高速化が進む現在、将来の配線システムを踏まえたシステム配線が求められています。10/100/1000BASE-T、10GBASE-Tに対応したカテゴリー6ケーブルを今敷設しておくことで、将来のケーブルのリプレース等にかかるコストが少なくてすみます。

周波数の帯域幅は通信ケーブルの情報伝送容量として定義されています。
エンハンスド・カテゴリー5とカテゴリー6ケーブル
カテゴリー別におけるケーブル規格値 (TIA/EIA)
TIA/EIAによる規格値 (数値は20±3℃での測定値を示す)
カテゴリー エンハンスド・カテゴリー5 カテゴリー6
帯域幅 1〜100MHz 1〜250MHz
100BASE-TX 対応 対応
1000BASE-T 対応 対応
10GBASE-T 未対応 対応(最大55m)

パラメーター

挿入
損失

NEXT

PSNEXT

ELEFEXT

PSELFEXT

挿入
損失

NEXT

PSNEXT

ELEFEXT

PSELFEXT
0.772MHz 1.8以下 67.0以上 64.3以上 66.0以上 63.0以上 1.8以下 76.0以上 70.0以上 70.0以上 67.0以上
1MHz 2.0以下 65.3以上 62.3以上 63.8以上 60.8以上 2.0以下 74.3以上 72.3以上 67.8以上 64.8以上
4MHz 4.1以下 56.3以上 53.3以上 51.7以上 48.7以上 3.8以下 65.3以上 63.3以上 55.7以上 52.7以上
8MHz 5.8以下 51.8以上 48.8以上 45.7以上 42.7以上 5.3以下 60.8以上 58.8以上 49.7以上 46.7以上
10MHz 6.5以下 50.3以上 47.3以上 43.8以上 40.8以上 6.0以下 59.3以上 57.3以上 43.7以上 44.8以上
16MHz 8.2以下 47.3以上 44.3以上 39.7以上 36.7以上 7.6以下 56.3以上 54.3以上 39.8以上 40.7以上
20MHz 9.3以下 45.8以上 42.8以上 37.7以上 34.7以上 8.5以下 54.8以上 52.8以上 41.7以上 38.7以上
25MHz 10.4以下 44.3以上 41.3以上 35.8以上 32.8以上 9.5以下 53.3以上 51.3以上 39.8以上 36.8以上
31.25MHz 11.7以下 42.9以上 39.9以上 33.9以上 30.9以上 10.7以下 51.9以上 49.9以上 37.9以上 34.9以上
62.5MHz 17.0以下 38.4以上 35.4以上 27.8以上 24.8以上 15.4以下 47.4以上 45.4以上 31.8以上 28.7以上
100MHz 22.0以下 35.3以上 32.3以上 23.8以上 20.8以上 19.8以下 44.3以上 42.3以上 27.8以上 24.8以上
200MHz - - - - - 29.0以下 39.8以上 37.8以上 21.7以上 18.7以上
250MHz - - - - - 32.8以下 38.3以上 36.3以上 19.8以上 16.8以上
用語の解説
挿入損失とは、減衰とも呼ばれ、送信機/受信機間に、配線またはコンポーネントを挿入した結果、発生する信号の損失を測定したもので、入力パワーと受信機における信号パワーの比です。
NEXT(近端漏話)は、通信ケーブル内のあるペアに信号が伝送されたときに、その他のペアに通り抜ける信号(漏話)パワーの計測値であり、あるペアの送信機から発した信号の入力パワーと他ペアの受信機が受ける近端漏話のパワーの比です。
このエネルギーは、同じ端の受信機ではノイズとなるため、通信ケーブル特性の中でも重要なパラメーターです。NEXTが大きい程、近端漏話の影響が小さい、つまり伝送性能がよいといえます。
NEXT(近端漏話)
PSNEXT(電力和近端漏話)は、複数ぺアが同時に作動しているとき、残りの非アクティブなペア上で測定できる漏話パワーの総和です。NEXT同様に、PSNEXTが大きい程、ノイズの影響が小さい、つまり伝送性能がよいといえます。
PSNEXT(電力和近端漏話)
ELFEXT(等レベル遠端漏話)は、FEXTから長さに依存する減衰の成分を取り除いて正規化したものであり遠端漏話の特性を示す指標として有益な規格値です。FEXT同様に、ELFEXTが大きい程、伝送性能がよいといえます。

FEXT(遠端漏話)は、近端で隣接するペアに結合した不要な信号を遠端で測定したものですが、長さに依存するため有益な規格値でありません。FEXTが大きい程、遠端漏話の影響が小さい、つまり伝送性能がよいといえます。
ELFEXT(等レベル遠端漏話)
PSELFEXT(電力和等レベル遠端漏話)は、複数ぺアが同時に作動しているとき、残りの非アクティブなペア上で測定できる総漏話パワーの規格値です。FEXT、ELFEXT同様に、PSELFEXTが大きい程、ノイズの影響が小さい、つまり伝送性能がよいといえます。
IEEE 802.3規格におけるピンアサインと伝送方式
100BASE-TX 1000BASE-T 10GBASE-TX

Contact

MDI

MDI-X

MDI

MDI-X

MDI

MDI-X
1 TD+ RD+ BI_DA+ BI_DB+ BI_DA+ BI_DB+
2 TD- RD- BI_DA- BI_DB- BI_DA- BI_DB-
3 RD+ TD+ BI_DB+ BI_DA+ BI_DB+ BI_DA+
4 - - BI_DC+ BI_DD+ BI_DC+ BI_DD+
5 - - BI_DC- BI_DD- BI_DC- BI_DD-
6 RD- TD- BI_DB- BI_DA- BI_DB- BI_DA-
7 - - BI_DD+ BI_DC+ BI_DD+ BI_DC+
8 - - BI_DD- BI_DC- BI_DD- BI_DC-
各規格の概要
100BASE-TXは、4芯のみを使用して通信を行い、最大100Mbpsの通信を実現します。
1000BASE-Tは、各ペアで250Mbpsの双方向通信を行うことで、最大1000Mbpsの通信を実現します。
各規格の概要 1000BASE-T
10GBASE-Tは、各ペアで2500Mbpsの双方向通信を行うことで、最大10Gbpsの通信を実現します。
各規格の概要 10GBASE-T
10GBASE-Tにおけるケーブルの種類と伝送距離

ケーブル

伝送距離
Class E / Category 6 55m to 100m
Class E / Category 6 : unscreened 55m
Class E / Category 6 : screened 100m
Class F 100m
Class EA / Augmented Category 6 100m


PAGE TOP