ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
セキュリティーソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
VLANソリューション
マルチプルVLANの基本
マルチプルVLANとは?
マルチプルVLANは、パケットフィルタ等を使用せず、容易に各スペース間のセキュリティーを確保し、インターネットや共用サーバーへの接続を可能にする機能です。マルチプルVLANは、各ポートにクライアントとアップリンクを設定し、クライアント間の通信は制限、クライアントとアップリンク間の通信を許可することで、セキュリティーを保ちながら、設計の柔軟性を向上させます。
マルチプルVLANは、次のような用途に有効な機能です。
  ホテルやマンション、病院の病室向けサービスなど、各スペース間のセキュリティーを保ちながらインターネットや共用リソースへのアクセスを許可したい。
マルチプルVLANとは?
マルチプルVLANの基本
マルチプルVLANには以下のような基本要素と基本動作があります。
二つの代表的なポート
マルチプルVLANでは二つの基本的なポートが存在します。
 
アップリンクポート
  ルーターやスイッチ、サーバー等の共用リソースが接続されるポート。
クライアントポート
  クライアント端末が接続されるポート。
アップリンクポート、クライアントポートの名称は製品により異なる場合があります。
基本動作
マルチプルVLANは、前述の二つのポート間の通信を以下の二つの基本的なルールに基づき制御しています。また、機種により機能が拡張され、本基本動作を拡張した動作を行う機種もあります。
 
1.  クライアントA、Bから上位側への通信は、アップリンクポートを経由して通信可能。
2.  クライアントAからクライアントB、またはその逆方向のように、クライアントポート間の通信は不可。
マルチプルVLANの基本
ポートベースVLAN、Tag VLANとマルチプルVLANの違い
ポートベースVLAN、Tag VLANとマルチプルVLANには基本的に下図のような違いがあります。
これらの違いを基に、ポートベースVLANを使用するか、マルチプルVLANを使用するかを検討します。
 
ポートベースVLAN、Tag VLAN
  ポートベースVLAN、Tag VLAN
マルチプルVLAN
  マルチプルVLAN


PAGE TOP