news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2016年7月22日

アライドテレシス、UTM&VPNルーター「AR4050S/AR3050S」のセキュリティ機能に株式会社ラックの”脅威情報リスト”を採用

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、株式会社 ラック(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 髙梨輝彦)は、アライドテレシスのUTM&VPNルーター「AR4050S/AR3050S」搭載のセキュリティ機能に、株式会社ラックの脅威情報リストを採用することで合意しました。

今日、多くのエンタープライズネットワークでは、機密情報の漏洩を引き起こす標的型攻撃への対策が喫緊の課題となっています。インターネットを通じて発生するこれらの攻撃には、脅威の発生源となるIPアドレスとの通信を遮断することがコスト・スピードの観点からも最も効果的とされています。

わが国におけるセキュリティ対策の先駆者として中央官庁をはじめ多くのユーザーに最先端のセキュリティサービスを提供する株式会社ラックの脅威情報リストは、同社のセキュリティ監視センターJSOC(Japan Security Operation Center)にて収集・分析された、C&C(Command and Control)サーバーや、その他悪意を持った端末のIPアドレスが登録されたデータベースです。

当データベースを使用し、悪意のある端末との通信をAR4050S/AR3050Sで自動的に遮断することで、特に国内企業を標的とする攻撃に効果を発揮し、情報漏洩等を未然に防ぐことが可能になります。
なお、AR4050S/AR3050Sは当脅威情報リストへ2016年9月より対応予定です。

この度の協業について、株式会社ラック 可児様よりコメントを頂いております。

複数のセキュリティ対策技術が実装されたUTM&VPNルーター「AR4050S/AR3050S」が、当社の“脅威情報リスト”を活用し更なる機能拡張が行われることにより、導入企業のセキュリティ対策がより一層高まり、悪質化するサイバー攻撃に対して効果が発揮されることを期待しています。

株式会社ラック 理事 営業本部 セキュリティ営業推進統括部長 可児康之 様

 

当社は今後も、エンタープライズ市場のセキュリティ強化を支援するネットワークソリューションを提供してまいります。