news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年6月2日

Interop Tokyo 2017に出展

アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、6月7日(水)から9日(金)まで、幕張メッセにて開催される「Interop Tokyo 2017」に出展します。

現在、加速するIoT化やクラウドサービスの利用が拡大し、よりネットワークの重要性が増しています。これらの急速な環境変化へ対応するための技術としてSDNが注目され、アライドテレシスは従来のネットワークでは、解決できなかった課題を解決へと導いて参りました。このような取り組みを踏まえ、本年の出展では、「アライドテレシスが考える SD-WAN Ready」をテーマに、「つなぐ・まもる・つかう」といった観点から、エンタープライズ向けLANからWAN、さらに新たなる課題に向けてのソリューションをご紹介するほか、ブース内各所に体験ゾーンを設けて、実際に触れていただくデモンストレーションを実施します。

その他、SESアプリケーション連携パートナー12社によるソリューション紹介やブースプレゼンテーションを実施するほか、6月9日(金)には展示会場会内オープンステージ「IoT x AI x 5G World OpenStage」において、東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授 江崎 浩 氏をお招きしプレゼンテーションを実施します。

開催概要

名称 Interop Tokyo 2017
会期 2017年6月7日(水)~9日(金) 
    6月7日:10時30分~18時00分
       8日:10時00分~18時00分
       9日:10時00分~17時00分
会場 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
主催 Interop Tokyo 実行委員会
ホームページ http://www.interop.jp/

 

アライドテレシス展示ブース

小間位置 ホール6 小間番号「6G21」
出展内容

アライドテレシスが考える SD-WAN Ready. 体験せよ!「つなぐ・まもる・つかう」AlliedWare Plus

  • つなぐ 情報インフラゾーン
  • AlliedWare Plus/AMF
    – 運用管理の柔軟性と通信経路の最適化
  • つなぐ無線LAN
  • – 無線LANをかんたん構築・安定通信 AWC
    – 強靭な無線LANセキュリティー対策 SES
    – 無線LANと有線LANをまとめて運用管理 Vista Manager
  • つなぐ サービスゾーン
  • – AMF-Cloudライト/スタンダード
    – 専任者不在でも24時間365日私たちにお任せください Net.Service
  • まもる セキュリティーゾーン
  • – SES概要紹介/協賛アプリベンダー
    – 無害化対策ソリューション
    – リアル空間+サイバー空間セキュリティー
  • つかう IoTゾーン
  • – 医療市場向け:医療IoTデバイスをまとめて運用管理
    AMF-Agentを使ったVista Manager運用管理
    – 製造業向け:設備の稼働状況の見える化
    – 文教市場向け:生徒1人1台のタブレット授業をサポート
    – 自治体市場向け:防犯・環境・安全衛生を見える化
  • 体験ゾーン
  • -トカテスト
    – AMF(Allied Telesis Management Framework)
    – SES(SecureEnterpriseSDN)
  • ブース内プレゼンテーション
  • – AMF/AWC(Autonomous Wave Control)/SES各種プレゼンテーション
    – 実演デモを交えた各種プレゼンテーション

 

IoT x AI x 5G World OpenStage

場所 ホール5「5P09」
日程 6月9日(金)14時45分~15時15分
演者 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授 江崎 浩 氏
アライドテレシス株式会社 専務取締役 川北 潤
アライドテレシス株式会社 ビジネスデベロップメント部 部長 中島 豊
演題名 アライドテレシスの強固なセキュリティソリューション
SESと連携セキュリティ製品による多層化防御策のご紹介